TOEFL iBTで60点前後から80点まで上げる勉強法3パターン

TOEFL iBTで60点前後から80点まで上げる勉強法3パターン

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLルークです。

この記事ではTOEFL iBTで60点前後から80点まで上げる勉強法3パターンを徹底紹介します。

現状TOEFL60点前後の人が80点まで上げるためには、まず80点がどれぐらいのレベル感なのかを知り、その上で正しい戦略をとることが大切になります。

TOEFL80点を目指すにあたっての勉強法は大きく分けて、正攻法、時短法、リーディング型の3つがあります。

この記事を通してTOEFL80点を目指すに当たってどの勉強法が自分にあっているのかを確認してくださいね

TOEFL60点から80点

TOEFL iBTは4技能あり、各セクション30点満点の計120点満点です。TOEFLの勉強を始めたばかりの人が最初に受けて出るスコアは60点前後ではないでしょうか。

60点前後の人が次に目指す目標は80点かと思います。TOEFLの性質上、大半の人は海外大学の進学のために必要だからです。

その海外大学に進学するにあたって必要となるTOEFLの点数の大きなくくりは61点、80点、100点の3つです。

有名校となると105点、110点と必要なこともありますがおおよそこの3つのくくりで語ることが可能です。

TOEFL80点を目指すにあたっては3つのアプローチがあります、一緒に考察していきましょう。

TOEFL60点のレベル感

まずはこの記事を読んでいるであろうTOEFL60点前後の人の英語力というのを確認しておきましょう。TOEFL60点レベルの人は、

  • センター試験180以上
  • 英検2級に8-9割の正答率で合格
  • TOEIC700点前後
  • 有名大学を出て久しぶりに英語を勉強した社会人が出すスコア

中高の英語はある程度理解していますよ。という人がたたき出すスコアです

TOEFL80点のレベル感

ではTOEFL80点というのはどれぐらいのレベル感でしょうか。

  • 英検準1級は8-9割の正答率で合格
  • 英検準1級と1級の間ぐらい
  • TOEICでガリ勉をして900点とれる人
  • 世界の非ネイティブの中では中間ぐらい

TOEICはLRしかないためこういった比較自体に意味があるかはわかりませんが、 わかりやすくイメージをするためには便利でしょう。

世間的にはかなり英語ができる人がこのTOEFL80点だと考えて良いです。

ちなみに私がTOEICを教えたくない理由は私でなくとも代価が効くためです…

TOEFL60点に満たない人

現在60点にも満たない人は、中高の英語の基礎に抜けがあります。従って基礎に立ち返ることをオススメします。

英語の基礎というのは、発音、英文法、英単語の3つを言います。

まずは英検準2級、英検2級の過去問10回分を単語を中心に丸暗記しつつ中高の英文法の抜けを、全解説頻出英文法・語法問題1000で潰すことをオススメします。

詳しくは以下の記事を参照にしてください。

TOEFL60点から80点までの勉強法

それではTOEFL60点から80点まで上げるための勉強法を詳しく考察していきましょう。勉強法には3つのパターンがあります。各勉強法のパターンのスコアの内訳をみてみましょう。

  • 勉強法1: 80 (R20 / L20 / S20 / W20)
  • 勉強法2: 80 (R16 / L22 / S20 / W22)
  • 勉強法3: 80 (R24 / L20 / S16 / W20)

勉強法1は正攻法、勉強法2は時間がない人向け、勉強法3はリーディングが得意な人がとる戦法です。

勉強法1. 平均型

まず勉強法1の各4技能平均的に20点を習得して計80点を目指す正攻法です。

合計80 (R20 / L20 / S20 / W20)

スコアメイクまでに比較的時間はある人や、きちんと英語の実力をつけたい人にオススメの勉強法です。

従ってリーディングは、+3000から4000語の語彙強化をしながら構文を完全にとれることを目指します。

リスニングは音声変化に注意しながらシャドーイングの再現性をあげていきます。

ライティングはIntegratedを300字弱、Independentを350字を目指してかけるように文字量を大切にします。

ちなみにIntegratedで300字弱書くためには結局リスニングの要点が聴き取れる必要があります…つまりリスニング力です。

スピーキングで20点をとるためには、タスク1,2の完成度を上げつつ、タスク3,4で簡単な言葉を使って説明できるところを目指します。

20点を目指しているような人はおおよそタスク3,4で終わった後に虚無感があるはずです。音源の単語を拾おうとするよりも、ざっくり聴き取ったものを自分の言葉で話す練習をする方が現実的です。

スピーキング20点を目指すにあたってはテンプレートも有効的ですので確認しておきましょう。

TOEFLで最終的に100までを目指していたりする場合はこの勉強法が良いでしょう

勉強法2. 時短型

勉強法2はTOEFL80点というスコアメイクまでに時間がない人向けの時短法です。TOEFLを知り尽くした先生Shinobu師が提唱している方法です。

以下にShinobu師が詳しくこの方法を説明しているので参照にしてください。

多くの人にとってTOEFLリーディングでスコアアップするには時間がかかるので、LSWにフォーカスしましょうという戦法です。

まずリスニングを読む中(聴くのではなく)で単語を補強しながら長い英文に慣れる。その作業が終わってから、どれだけ聴けるかリスニングを試してみる。

この作業を繰り返す中で、以下を問う。

  • どれだけ聞けるようになったかな?
  • どれだけ読めるようになったかな?
  • どれだけポイントをとらえることができるようになったかな?

それを効果的に測るためにライティングのIntegrated、スピーキングのタスク2,3,4で確認するというものです。

これで最終的には合計80点 (R16 / L22 / S20 / W22)を実現するというものです。

この視点は私にはありませんでした、Shinobu師にはあっぱれです

勉強法3. リーディング型

TOEFL80を目指すにあたっての勉強法3はリーディング型です。その名の通り、リーディングが得意な人向けです。

このタイプは社会人の方にあてはま事が多いように思います。コツコツ英語を継続してきた人です。リーディングが得意な一方でリスニングが苦手。

TOEFLではリスニング力が必然ですのでSWでも伸び悩んでいる人というわけです。

こういった人はリスニングに集中して20点を目指すと良いでしょう。リスニングが20点という人は全体像を聴き取れている状態だが、2,3回途中で大きな聴き間違いをおかしているレベル感です。

細部までは聴き取れなくても全体像がきちんと把握できれば20点というのはとれます。この力がライティングIntegratedで5段階評価のうち3がとれる、つまりスコアにして20点になるのです。

スピーキングはリスニング力に頼って要点だけをまとまりなく話しても16点というのはでます。

そこででるスコアが、合計80 (R24 / L20 / S16 / W20)です。

リスニングは勉強法1と同様に、音声変化に注意しながらシャドーイングまで練習ですが、これに要約の練習を加えるのも効果的です。

聴き終わった後に「つまりこういうことだよね」とライティングしてやる。それが要点を掴んでいるかを確認してやると、ライティングのIntegratedの準備も同時に可能です。

得意のリーディングで24点を確保し、時間のほとんどをリスニングにさく勉強法ですね

筆者メッセージ

TOEFL iBTで60点前後から80点まで上げる勉強法3パターンは理解できましたでしょうか。

自分の今の現状から考えてどの勉強法が合うのか試してみて下さい。

TOEFL80点を目指してしまうと、70点代の泥沼にハマってしまうことがあります。志高く85点を狙って80点に着地するというのも1つの方法であります。

TOEFLで80点を目指している今は「本当に取れるのか…」とそんな気持ちになるでしょう。後から振り返ると小さな谷も直面している今は大きな山ですよね。

英語は継続であります。何度でも起き上がってください。必ず達成できますよ、TOEFL80点。

弊社はIELTSとTOEFLに特化しています。TOEFLの準備において苦労している、時間を短縮したいという人は遠慮なく私に相談してくださいね。

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?