【TOEFL iBT】60点から80点までスコアを伸ばす勉強法

TOEFL iBTで60点前後から80点まで上げる勉強法3パターン

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

今回の記事では、TOEFL iBTで60点から80点までスコアを伸ばす勉強法3パターンを紹介します。

TOEFL iBT80点は海外進学などで一般的に求められるスコアで、このスコアを目標に勉強を続けている方も少なくないと思います。この記事が少しでも参考になれば幸いです。

現状で60点の人が80点にスコアを伸ばすために重要なことは、「80点がどれぐらいのレベル感なのか」を理解し、現状と照らし合わせた時の課題を一つずつ消化しくことです。

TOEFLに限らず、どのようなテストでもゴールと現状のギャップを埋めていく過程でスコアが伸びていきます。客観的に現状を分析して、自分に足りていない要素に集中して勉強することが効果的です!

それでは詳しくみていきましょう。

TOEFL iBTで「80点」を取得する勉強法

TOEFL iBT「60点」と「80点」のレベル感

まずは、TOEFL iBTの現状スコア(60点)と、目標スコア(80点)のレベル感を確認していきましょう。以下の表にまとめたのでご確認ください:

TOEFL 60点TOEFL 80点
センター試験180点以上180点以上
英検2級 – 準1級準1級 – 1級
TOEIC700点前後900点以上
その他英語で挨拶や簡単なコミュニケーションができる大きな不自由なく英語でコミュニケーションを取ることができる

上記は、あくまで「語彙力・文法力」といった英語の基礎力の指標を元に作成しています。コミュニケーション全体としての英語力とは異なるので、参考程度に捉えていただくと幸いです。

「TOEFL60点」は、中学・高校の英語をある程度理解している状態というイメージです。海外留学を1年程度経験していても、勉強が足りなければ60点前後のスコアがでます。

一方TOEFL80点は、日常生活では大きな問題なく英語を運用することができるレベルと言えます。言葉に詰まることはありますが、基本的にどのような場面でも英語で乗り切ることができるレベルです。

TOEFL80点は、日本ではいわゆる「英語ペラペラ」に該当する人たちが多いです。ただ、専門性が高いトピックであったり、複数のネイティブとの対話についていくことに課題感を抱く人が多い印象です。

80点を取得する3つの勉強法

現状と目標のレベル間が分かったところで、早速80点を取得するための3つの勉強戦略をみていきましょう。以下が、その3つの勉強法です:

  • 勉強法1. 平均型 (R20・L20・S20・W20)
  • 勉強法2. 時短型(R16・L22・S20・W22)
  • 勉強法3. リーディング重視型(R24・L20・S16・W20)

それぞれ()の中に、理想とするスコア配分も参考に載せてあります。上記の3パターンのうち、自分の現状や特性にあったものを選択し勉強していくことが良いでしょう。

勉強法1は正攻法、勉強法2は時間がない人向け、勉強法3はリーディングが得意な人がとる戦法です。

勉強法1. 平均型

まずは、各4技能平均的に20点を習得して計80点を目指す勉強法です。スコアメイクに時間をかけることができる場合や、最終的に100点以上を目指す場合にはオススメの勉強法です。

具体的には各セクションで、以下のように対策していきます:

リーディング・語彙力の強化(4,000語程度)
構文理解力、精読力の向上
リスニング・音声変化に注意してシャドーイング
ライティング段落構成の型を覚える
・Integratedで「300字程度」、Independentで「350字程度」を書けるようにする
スピーキング・回答の型を覚える
・要約トレーニング

TOEFLの特徴は、ライティングとスピーキングでもリスニング力が求められることです。そのため、語彙力の強化と、シャドーイングは可能であれば毎日勉強を継続していくことが大切です。

ライティングやスピーキングは型を覚えつつ、既定の文字量や回答時間以上に話すことを意識して勉強しましょう。とにかく、アウトプットの量を増やしてたくさん間違えていく中で英語表現を覚えていきます。

またスピーキングは一単語ずつ音を拾うのではなく、全体の要点を掴むことになれていくことが重要です。音の切れ目ごとに、内容を簡単に要約できるようになっていることが理想です。

勉強法2. 時短型

次に、リーディング以外のスコアを中心に対策していく勉強法です。(リーディングで16点以上取得できることが理想です)

まず、リスニング対策ですが、トランスクリプトの精読に焦点を当てて勉強します。いきなり音声を聴くのではなく、まずは音源の内容を読んで理解することで、英語の長い文章に慣れていきます。

トランスクリプトの精読が終わったら、実際に音源を聴いてみましょう。その時に以下の質問を自分に問いかけてみてください:

  • 質問1. どれくらい聴けるようになったか?
  • 質問2. どれくらい読めるようになったか?
  • 質問3. どれくらい要点を捉えることができるようになったか?

上記の勉強をリスニング・セクションだけでなく、ライティングとスピーキングセクションで行います。トランスクリプトを精読する過程で、語彙力や精読力を強化し、同時に各セクションの対策をおこなっていきます。

ちなみに「勉強法2. 時短型」の勉強方法は、TOEFL対策を専門で行っている「しけんや英語塾」Shinobu先生の以下の記事を参考にさせていただきました:

Shinobu先生は、TOEFL対策に関して深い知識と経験をお持ちで、とても有益な情報を共有してくれます。私もよく参考にさせていただいています!

勉強法3. リーディング型

最後は、リーディングが得意な場合にオススメの勉強方法です。リーディングで8割以上スコアが取得できる状態を維持しつつ、残りの勉強時間でリスニング対策を重点的におこないます。

具体的には各セクションで、以下のように対策していきます:

リーディング・模試(1~2週間に1回程度)
リスニング・音声変化に注意してシャドーイング
・トランスクリプトの精読
・音源の多聴
ライティング・Integrated Writing対策
スピーキング・Integrated Speaking対策

リーディングは定期的に模試を解き、問題感覚に慣れておきます。スコアが8割以上に満たない場合は、語彙と精読の復習を同時に行いましょう。

そして問題のリスニングですが、「勉強法1」と同様にシャドーイングを繰り返します。そして「勉強法2」で紹介したトランスクリプトの精読をおこない、聴き取れない表現を一つずつ消化していきます。

ライティングとスピーキングは、基本的にリスニングが関連しているパートにのみ集中して対策します。毎回のリスニングで要点を把握することを意識して、常に全体像を把握する姿勢で英語をインプットしていきましょう。

また、海外ドラマや洋画などを英語字幕でみることも、リスニングの勉強にオススメです。事前に日本語であらすじを読んでいれば、ある程度は把握できるので試してみてください!

TOEFL60点に満たない場合の勉強法

仮に60点にみたないという場合は、以下の基礎要素を重点的に学習する必要があります:

  • 要素1. 語彙力
  • 要素2. 英文法
  • 要素3. 発音

リスニングとリーディングをするときに、一番重要になるのは語彙力です。知らない語彙が多ければ多いほど、スコアが安定しないので語彙を地道に増やす勉強は避けられません。

英文法は、大学受験で出題される全ての範囲をある程度理解できていることが理想です。文法力を強化することで、文意を正しく取れるようになりスコアが安定します。

発音はあまり重要視されませんが、可能であれば習得しておくことで学習効率が高まります。聴き取れる音の幅が増えることで、自然とインプット量がふえるためです。

仮に上記のいずれかの要素が不足している場合は、短期で一気に勉強すると良いです。まずモチベーションが上がりにくいですし、うろ覚え状態で実際の問題を解いて分からない部分を再度復習する方が定着率が高くなります!

以下の記事に、もう少し詳しく内容をまとめたので、よろしければ参考にしてください:

まとめ

学習を継続すれば必ず80点は取得できる

記事のポイントを以下にまとめておきます:

  1. 現状を正しく分析して目標との「差」を把握する
  2. 自分の特性に合わせた勉強法を実践する
  3. どのような勉強法であれ継続する

仮にTOEFL80点を目指している場合、目標を85点前後に設定して学習の意識を高めてみるのも効果的です。

今回は3つの勉強法を紹介しましたが、どの勉強法を実践したとしても「継続」することが一番重要であることは忘れないでください。言語学習は、いかにストレスをかけずに継続できるか、がとても大切です。

継続していれば必ずスコアは伸びますし、英語力は自然と高くなります。そして、継続するために重要なことは「環境作り」です。リラックスした状態でも、英語をインプットできる環境を整えていきましょう!

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

最後にTOELF対策・海外進学・MBAなどでご相談がありましたら、お気軽にご連絡ください。

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?