IELTSリーディングスコア「7.0」対策と勉強法【実践問題つき】

IELTSリーディングスコア「7.0」対策と勉強法【実践問題つき】

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

今回の記事では「IELTSリーディングでスコア『7.0』を取得するための対策と勉強法」を紹介していきます。

「IELTSのリーディングスコアを伸ばしたい方」や「実際の問題を解いてみたい方」の参考になれば幸いです。

リーディングは基本的に語彙力が高い方が有利です。設問からキーワードを探して、その類義語を本文からピックアップしていくことが基本的な流れです!

それでは詳しくみていきましょう。

IELTSリーディングスコア「7.0」対策の基礎知識

IELTSリーディングの概要

まずは IELTS(アイエルツ)のリーディングの概要を確認していきましょう:

試験時間60分
パッセージ数3パッセージ
文字数800 ~ 1000字(各パッセージ)
問題数40問
課題内容パッセージに関する各設問に対して回答する

IELTSのリーディングは60分で3つのパッセージを読み解く必要があります。パッセージの文字量が多いので、素早く要点をつかみ設問の意図を正しく理解することが高スコアを取得するために重要になります。

1つの問題を解くのにかけることができる時間は「約1分30秒」と短い点、また問題形式が選択問題以外も出題される点でとても難易度が高いテスト構成になっています。

IELTSの正誤問題(True・False)では、”Not Given(本文に記載なし)” という選択肢も含まれいる点も、リーディングの難易度が高い理由です。そのため、ネイティブでも間違えてしまうケースがあるようです!

リーディングスコア「7.0」に必要な正答数

次に IELTSのリーディングセクションの正答数とスコアは以下のような関係性を理解していきましょう:

上記の表をみてわかる通り、バンドスコア 7.0 を取得するためには40問中「30問 – 32問」取得する必要があります。つまり全体で10問程度ならば、問題を間違えても良いとも捉えることができます。

後半にいくにつれ難易度が高くなることを考慮すると、前半のパッセージ 1・2 で 2問程度、後半のパッセージ 3 で 5問程度の間違えに治めることが理想と言えるでしょう。

IELTSのバンドスコア「7.0」と同程度とされているのが、TOEFL「100点」です。TOEFLで100点を取得するためにリーディングでは9割以上正答しなければならないことを考えると、IELTSの方が余裕があることが分かります!

基礎知識がわかったところで、対策方法をみていきましょう。

リーディングスコア「7.0」対策法

対策1. 時間内に問題を解く3つのコツ

先ほど述べたように、IELTSのリーディングは1問に「約1分30秒」しかかけることができません。そのため時間内に解くには、以下の3点を意識すると良いでしょう:

  • STEP1. 全体像を把握
  • STEP2. 設問を確認
  • STEP3. パラグラフリーディング

まず意外と見落としがちなのが「STEP1. 全体像の把握」です。いきなり設問から確認するのではなく、まずはタイトルと各段落のトピックセンテンスをスキミングして「何のトピックがどのように展開されているか」を大まかに把握しましょう。

全体像を理解できたら次に「STEP2. 設問を確認」に移ります。設問の多くは、段落内で使用されている語の類義語が使用されているのでキーワードとなる部分を読み解きます。

最後にキーワードを元に該当の段落を精読していきます。全体の流れを把握しているのと、どの設問に目を通した時にどの段落を読めばいいのかがわかるので、結果的にいきなり設問からみるより時間が短縮できるというわけです。

基本的に各段落は「トピックセンテンス」と「サポートセンテンス」に分かれています。各センテンスごとに主張に説得力を持たす役割があり、この役割を意識できるかで内容の理解度に大きな差が出ます!

対策2. キーワードの探し方

設問のキーワードを探す時に意識すると良いポイントが2つあります:

  • ポイント1:事実描写
  • ポイント2:リフレーズ

まずは「ポイント1:事実描写」ですが、これはパッセージ内で述べられている変換使用のない情報を指します。例えば「具体的な地名・西暦・名称」などは、他の語で置き換えることが難しいので、あればキーワードとして覚えておくと良いです。

次に「ポイント2:リフレーズ」ですが、これは上記で述べたいわゆる類義表現のことを指します。

設問を読み解く時は、上記の2ポイントを意識しつつ情報の重要性が高いキーワードを意識して読み解くことで安定して問題を解くことができます。

IELTSのような英語試験では、語彙力の豊富さと理解力を測定するために基本的に設問はリフレーズで構成されています。設問と同じ表現が段落内にあった場合は、注意深く読み解き正解を導きましょう!

「キーワード探し」の練習問題

実際にキーワードを探す感覚を身につけるために、練習問題で確認していきましょう:

Sample Passage01
Stress may be caused either by major upheavals and life such as divorce, unemployment, moving house and bereavement, or by a series of minor irritations such as feeling undervalued at work or dealing with difficult children. Some stress can be positive and research has suggested that a moderate level of stress makes us perform better.

Sample Question
______________ can be positive in small doses but is generally associated with pressure.

今回の練習問題は、アンダーラインに入る語句を段落からピックアップする問題形式です。設問の中でキーワードになりそうなポイントを探していきましょう。

上記の問題で特に重要な要素が、逆説の ” but ” 以下です。基本的に逆説がある場合は、逆説以下の情報の重要性が高くなるので重点的に読み解きましょう。

ちなみに以下がキーワードと、段落内の類義表現です:

  • associate = caused
  • pressure = major upheavals and life events (a series of minor irritations )

上記のことから、アンダーラインに入る答えは「Stress」であることが分かります。

リーディングスコア「7.0」勉強法

勉強法1. 単語を効率的に覚える

新出単語を覚えるときには以下の3点を必ずまとめておきましょう:

  • 1:新出語彙(例. “otter ” )
  • 2:新出語彙が出てきたセンテンス(例. “Otters are semiaquatic mammals.” )
  • 3:意味(例. “カワウソ “)

新しい語彙を覚える時は、必ずその語彙が出てきたセンテンスも一緒にまとめておきます。そうすることで語彙を思い出しやすくなり、またどのような文脈で語彙を使用するかを感覚的に理解することができます。

意味は、英語でも日本でもどちらでも問題ないです。人によって意見が分かれるかと思いますが、個人的には「イメージのし易さ」が最も重要なので、 それができれば日本語でも問題はないと思います。

リーディングのスコアは、語彙力の高さによって左右されるといっても過言ではありません。知っている語彙が豊富であれば、それだけ内容を正しく理解できるようになります!

ちなみに単語をまとめる時に個人的にオススメしているのが、以下の「Quizlet(クイズレット)」というアプリです。エクセルやスプレッドシートにまとめた内容をまとめて単語帳にしてくれるので、気軽で使いやすいことが特徴です:

勉強法2. 頭から順番に精読する

精読は以下のポイントを意識して行いましょう:

  • ポイント1:センテンスの最初から順番に精読する
  • ポイント2:主語と術語(あれば目的語や補語)を明確にする
  • ポイント3:センテンスの役割を明確にする

「精読」と「意訳」を混合しないように注意してください。精読とはいわゆる「直訳」と言われるもので、原文に書かれていることを正確に読み解くことを指します。一方で意訳は、ある程度解釈を交えながら訳すことです。

そして精読をする時に重要なことが「センテンスの最初から順番に」です。日本語に訳しやすいからといって、後ろから訳すのではなくあくまで英語の語順で訳していきましょう。これに慣れるとリスニングの理解度を相対的に高くなります。

そして最後に、訳したセンテンスが全体の中でどのような役割をしているのかを明確にしましょう。例えば「主張・理由・具体例・反証」など、どのようにトピックセンテンスと結びついているかを理解できると、ライティングの論理構成も向上します。

精読は「きれいな日本語」を作る必要はありません。頭から順番に訳すことに慣れることで、英語の主張展開に慣れていき理解速度を高めることができます!

IELTSリーディング 実践問題

リーディング パッセージ

それでは最後にIELTSで実際に出題された問題を解いてみましょう。時間は目安ですが20分程度で解けると好ましいです:

THE DEVELOPING WORLD 

A.
THE DEVELOPING WORLD – the economically underdeveloped countries of Asia. Africa. Oceania and Latin America – is considered as an entity with common characteristics, such as poverty, high birth rates, and economic dependence on the advanced countries. Until recently, the developing world was known as ‘the third world’. The French demographer Alfred Sauvy coined the expression (in French) in 1952 by analogy with the ‘third estate’ – the commoners of France before and during the French Revolution – as opposed to priests and nobles, comprising the First and second estates respectively. ‘Like the third estate’, wrote Sauvy, ‘the third world is nothing, and it wants to be something’. The term, therefore, implies that the third world is exploited, much as the third estate was exploited and that, like the third estate, its destiny is a revolutionary one. It conveys as well a second idea, also discussed by Sauvy – that of nonalignment, for the developing world belongs neither to the industrialized capitalist world nor to the industrialized former communist bloc. The expression ‘third world’ was used at the 1955 conference of Afro-Asian countries held in Bandung. Indonesia. In 1956 a group of social scientists associated with Sauvy’s National Institute of Demographic Studies, in Paris, published a book called ‘Le Tiers-Monde’. Three years later, the French economist Francois Perroux launched a new journal, on problems of underdevelopment, with the same title. By the end of the 1950s, the term was frequently employed in the French media to refer to the underdeveloped countries of Asia. Africa, Oceania, and Latin America. Present-day politicians and social commentators, however, now use the term ‘developing world’ in a politically correct effort to dispel the negative connotations of ‘third world

B.
Countries in the developing world have a number of common traits: distorted and highly dependent economies devoted to producing primary products for the developed world; traditional, rural social structures; high population growth and widespread poverty. Nevertheless, the developing world is sharply differentiated, for it includes countries on various levels of economic development. And despite the poverty of the countryside and the urban shantytowns, the ruling elites of most third world countries are wealthy.

C.
This combination of conditions in Asia, Africa, Oceania, and Latin America is linked to the absorption of the developing world into the international capitalist economy, by way of conquest or indirect domination. The main economic consequence of Western domination was the creation, for the first time in history, of a world market. By setting up sub-economies linked to the West throughout the developing world, and by introducing other modern institutions, industrial capitalism disrupted traditional economies and, indeed, societies. This disruption led to underdevelopment.

D.
Because the economies of underdeveloped countries have been geared to the needs of industrialized countries, they often comprise only a few modem economic activities, such as mining or the cultivation of plantation crops. Control over these activities has often remained in the hands of large foreign firms. The prices of developing world products are usually determined by large buyers in the economically dominant countries of the West, and trade with the West provides almost all the developing world’s income. Throughout the colonial period, outright exploitation severely limited the accumulation of capital within the foreign-dominated countries. Even after decolonization (in the 1950s, 1960s, and 1970s), the economies of the developing world grew slowly, or not at all, owing largely to the deterioration of the ‘terms of trade’ – the relationship between the cost of the goods a nation must import from abroad and its income from the exports it sends to foreign countries. Terms of trade are said to deteriorate when the cost of imports rises faster than income from exports. Since buyers in the industrialized countries determined the prices of most products involved in international trade, the worsening position of the developing world was scarcely surprising. Only the oil-producing countries – after 1973 – succeeded in escaping the effects of Western domination of the world economy.

E.
No study of the developing world could hope to assess its future prospects without taking into account population growth. While the mortality rate from poverty-related diseases continues to cause international concern, the birth rate continues to rise at unprecedented levels. This population explosion in the developing world will surely prevent any substantial improvements in living standards, as well as threaten people in stagnant economies with worsening poverty and starvation levels.

Questions 1-5

Choose the most suitable heading for each paragraph from the list of headings below.

Write the appropriate number i – viii in spaces 14-18 below.

i. The great divide between rich and poor.
ii. The status and destiny of the developing’ world follows a European precedent.
iii. Economic progress in the developing world slowed down In political unrest.
Iv. More people, less food.
v. Western countries refuse to acknowledge their history of colonisation.
vi. Open trade is the main reason these countries become impoverished.
vii. Rivalry in the developing world between capitalist and former communist bloc countries.
vii Prices and conditions set by outsiders.

Questions 6-9

Do the following statements agree with the information given in Reading Passage 2?

YES – if the statement agrees with the views of the writer
NO– if the statement contradicts the views of the writer
NOT GIVEN – if it is impossible to say what the writer thinks about this

6. Agriculture still plays a role in the economy of developing countries.
7. The population of the developing world increases at such a fast rate because they constantly need to renew the labor force.
8. Countries that spend more on imports than they came from exports can experience problems.
9. As the developing world, oil-rich countries are also victims of dominance by Western powers.

Questions 10–13

Complete each sentence with the correct ending A – F below. Write the correct letter A – F.

10. Countries in the developing world
11. The term ‘the third world’ implies
12. One factor that is prevalent in the developing world is
13. One consequence of the terms of trade was

A economic dependence on developed countries.
B that decolonisation took a long time to achieve.
C dictate the needs of industrialised countries.
D share common characteristics.
E that many economies stagnated.
F a society that wants something it does not have.

パッセージの解答

  1. ii
  2. i
  3. vi
  4. viii
  5. iv
  6. Yes
  7. Not Given
  8. Yes
  9. No
  10. D
  11. F
  12. A
  13. E

もし20分以内に解くことができなかった場合は、最初は焦らずにじっくり時間をかけて問題を解くようにしてください。というのも、分からないのに時間以内に解こうとすると、スコアが伸びない原因が「速読力」にあるのか「精読力」かが曖昧になるためです。

今回の実践問題は「パッセージ2」を参照にさせていただきました。そのため難易度はちょうどパッセージ1と3の間くらいです。

解き終わってからは必ず復習をしましょう。むしろ復習からが学習の始まりであると認識を持つと良いと思います!継続的にインプット量を増やしていけば、スコア「7.0」以上は必ず取得できるようになります!

最後に、IELTS対策に関してご相談や質問があれば、お気軽にご連絡ください。

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?