【Overview「概要」の書き方】IELTSライティングタスク1対策

【Overview「概要」の書き方】IELTSライティングタスク1対策

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLのルークです。

今日はIELTSライティングタスク1のOverview「概要」の書き方を徹底解説します。

概要はタスク1の最も大切な点です。試験官が採点の時にまず確認するためです。

タスク1の概要パラグラフ

まずはタスク1の概要が何なのかを理解しましょう。タスク1の型を確認することで理解できます。以下がタスク1の型です :

  1. Paraphrase Sentence (導入): 1文
  2. Overview (概要): 2-3文
  3. Detail 1 (詳細): 2文
  4. Detail 2 (詳細): 2文

概要は2つ目のパラグラフに来るものです。

概要はTAの評価

概要はライティングのTask Achievement(TA)という評価項目に入ります。

IELTSのライティングは以下の4つの項目から評価されます:

  • (TA) Task Achievement – タスク達成度 25%
  • (CC)Coherence & Cohesion – 内容の一貫性 25%
  • (LR)Lexical Resource – 語彙力 25%
  • (GRA) Grammatical Range and Accuracy – 文法 25%

TAとは、 問いに対していかに適切に答えられているかを表します。 評価のポイントは以下です:

  • 情報が整理されているか
  • Overview(概要)が網羅的か
  • 詳細の正確さ

アカデミックライティング のタスク1では、図表の読み取りが問になりますので、図表の主要な特徴や詳細をパラグラフを分けて書けていることが大切です。

TAと概要

TAの評価基準の中に概要がどのように書かれているか確認しておきましょう

以下の青字の「全体像」が英語のOverviewにあたるところです :

スコア7まで「全体像」という記述があります。

7点までは概要がTAで評価されています。8点以上で概要に抜けがあることはありません。

概要に書くこと

概要に書くべきことは、図表から読み取れる3つから4つの「主な」ポイントです。

注意点としては数字などは用いないことです。詳しいデータは詳細でします。

具体的には以下に着目します :

  • 一番の高い数字と一番低い数字
  • 一番目立つ「差」または類似点
  • 目立った例外
  • データは最初から最後までで何を伝えようとしているのか
  • 上がっているのか、下がっているのか、急な上がり下がりがあるのか

では実際に書き方の例をみてみましょう。

概要の例

下記はタスク1の例題になります。こちらの表を見て概要を作ってみましょう。

task1-overview-practice

皆さんはこのデータの何に着目しますか?

この場合は、下記2点に着目できることが分かります。

  • 一番の高い数字と一番低い数字
  • 一番目立つ「差」または類似

なぜこの2点に着目するか分かりますか?

データに年代などがないため、急な上がり下がりや例外はありませんね。

この2点に着目すると2つの国が目立っていますね。

  • 車の値段におけるシンガポール
  • 1台買うためにかかる年数としてベトナム

特徴をまとめると以下のようになります :

  1. It takes over 26 years for a Vietnamese person to buy a car.
  2. Vietnam has the second highest average costs but the second lowest wages.
  3. Cost of a car in Singapore is nearly 3 times the next most expensive.

これらをまとめたものが概要になります。

Despite having the second lowest average yearly income, it costs more to buy this car in Vietnam than in all but one other Asian nation. It also takes significantly longer for a standard person to buy an automobile in Vietnam than in any other state in Asia. On the other end of the scale, Singaporeans have to pay nearly three times more for their cars than the Vietnamese and it takes them the least amount of time to afford a motor vehicle.

複文を使う

概要を書く時は必ず複文を使用しましょう。GRA(文法)の点数に繋がります。

また効果的なつなぎ言葉を使用してCC(一貫性)にも点を与えることができます。上記で使用したつなぎ言葉は以下です :

  • Despite
  • than
  • On the other end of the scale
  • and

つなぎ言葉について詳しく知りたい人は以下の記事について参考にしてください。

【Cohesive Deviceつなぎ語】IELTSライティングCC制して7.0

まとめ

これで概要の書き方はわかったのではないでしょうか。

分かることと、実際に書けるようになることは別次元なので必ず自分で書いてみましょう。

アカデミックライティングのタスク1の練習をしている人はまずこの概要を極めるところからやりましょう。

ライティング勉強方法を知りたい方は、以下の記事を参照にしてください。

IELTSライティング対策|最短でスコア7.0

英語の「今まで」と「これから」

最短で伸ばすならSolo

SoloはIELTSのスコアを最短で伸ばします。

自分だけで学習できる自信がない人は是非一度カウンセリングに来てみてね。

弊社のIELTSのプロ講師たちが待ってるよ。

Solo IELTS TOEFLサポートページ:

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?