【IELTS問題】リスニング「セクション2」のサンプル教材

【IELTS問題】リスニングセクション2のサンプル教材

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

今回の記事では「IELTSリスニング『セクション2』のサンプル問題」を紹介します。

「これからIELTS受験を考えている方」や「IELTSのリスニング勉強をしたい方」は活用して、役立ててくれると嬉しいです。

「セクション2」は一人の話し手から成る日常生活に即したモノローグです。しっかりとメモを取って情報を聴き取りましょう!

それでは詳しく説明していきます。

IELTSリスニング・セクションの概要

リスニング・セクションの概要

以前の記事でも紹介しましたが、まずはIELTSリスニング・セクションの概要をみていきましょう。以下の概要を参考にしてください:

パート数4パート
問題数40問(各パート10問)
試験時間約40分
リスニング形式セクション1:2名の人物からなる日常会話
セクション2:日常的なトピックに関するモノローグ
セクション3:2~3名の自分物からなるアカデミックな会話
セクション4:アカデミックな文脈のモノローグ
設問形式7パターンの設問からランダムに出題

今回紹介する「セクション2」は「1名の人物が日常生活に即したモノローグ」が出題されます。

一人のスピーカーが話すので英語のリズムが比較的一定で聴き取りやすく、スコアが稼ぎやすいセクションです。

IELTSのリスニングは前後半のパートに分かれています。それぞれ解く必要がある設問数までに集中してリスニングを行いましょう!

リスニングの正答数とスコアの関係

これも以前の記事で紹介しましたが、次にリスニングの正答数とスコアの関係を見てみましょう。以下が換算表です:

正答数バンドスコア
40-399.0
38-378.5
36-358.0
34-327.5
31-307.0
29-266.5
25-236.0
22-185.5
17-165.0

バンドスコア「7.0」を目指す場合、セクション2もセクション1と同様に8割以上の正答数を目指します。

IELTSのリスニングは答えになる部分が比較的クリアにはっきりと発音されます。何度か模試を解くことで、強調される部分がわかってきますよ!

リスニング「セクション2」の流れ

最後にリスんニングセクション2の流れを理解しておきましょう。IELTSのリスニングは前後半に分かれる独特な形式を採用しています。以下が流れです:

  • 問題の説明
  • 前半の選択肢を確認(約30秒)
  • リスニング前半パート
  • 後半の選択肢を確認(約30秒)
  • リスニング後半パート
  • セクション2回答の確認(30秒)

選択肢を確認する段階で、リスニングのシチュエーションと会話展開を想定しておくことで自然と内容が頭に入ってきます。

途中で聞き逃しても焦らずに30秒の間で気持ちを整えましょう!

さて、お待たせしました。それでは実際にリスニングの問題を解いてみましょう。

IELTSリスニング「セクション1」サンプル問題

Listening Section2 – Audio File

Listening Section2 – Questions 11-20

Complete the notes below. Write NO MORE THAN THREE WORDS for each answer.

ARTISTS EXHIBITION 

General Details 
Place: 11._______________
Address: 1, 12._______________  
Dates: 6th October to 13._______________

Display Details
Jewelry
Furniture   Ceramics   14._______________
Sculpture

Expect to see:
Crockery in the shape of 15._______________
Silver jewelry,
e.g. large rings with 16._______________

 A shoe sculpture made out of 17.._______________
 Go to demonstrations called “18._______________” 

ARTISTS CONSERVATORY
Course includes:  
Chinese brush painting
 19._______________

Fees include:      
studio use 
access to the shop
supply of 20._______________

Listening Section2 – Answer

  • 11. Royal Museum
  • 12. Queen’s Park Road / Rd
  • 13. 10th December / Dec
  • 14. metalwork
  • 15. (garden) vegetable
  • 16. colored / coloured stones
  • 17. (white) paper
  • 18. Face to Face
  • 19. pencil drawing
  • 20. all materials

書き取り問題は答えが聞き取れたタイミングですぐに回答するのがポイントです。あとで回答しようとメモしていると、内容を見失ってしまうことがあるからです。

まとめ

復習は正しい振り返りを意識しておこなおう

今回の記事の内容を以下にまとめておきます:

  • ポイント1:リスニング「セクション2」は1名のモノローグ
  • ポイント2:バンドスコア「7.0」を目指す場合8割以上の正答率が理想
  • ポイント3:書き取り問題は聴き取れたらすぐに回答する

リスニングのスコアを伸ばすためには復習が重要です。復習では正しい「振り返り」をおこない、何を改善することでスコアが伸びるかをきちんと分析しましょう。

語彙や英語表現が分からなかった場合はインプット量を増やす。音が聞き取れない場合は該当する音の発音を見直す。地道ですが課題に対して適切に勉強を積み重ねることが大切です。

とにかく問題を解くだけでは不十分です。必ず問題点を分析して、どうすれば改善できるのかを頭を使って試行錯誤し続けましょう!

今回の記事は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

最後にIELTS対策に関するお悩みなどあれば、お気軽にご連絡ください!

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?