【IELTS問題】リスニングパート4のサンプル教材を紹介

【IELTS問題】リスニングセクション4のサンプル教材

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLのルークです。

今回はIELTSリスニング問題の「セクション4」10問を解いてみます。

パート4のサンプル問題

セクション4は、講義が中断されることなく流れます。

IELTS リスニング セクション4

Questions 31-40
Complete the summary. Write no more than three words for each answer. 

COASTAL ZONE INQUIRY

Speaker: Kevin Ackrovd from the 31.__________

Background:
Problem: The recent. 32._________  put extreme pressure on 33.__________

Contributing factors:
economic development   
34.__________ 
industrial expansion  
35.__________

Two particularly important factors:
36._________  is likely to continue. Industry, especially tourism which competes with 37._________ farming industries.

Conclusions:
Need to raise profile of coastal zone exercise greater vision  38. _________

Recommendations
Need for
long-term view
broad view
modern 39._________
consultation with 40._________

解答

31. department of environment
32. population shift/urban expansion/ population growth/expansion
33. coastal environment/environment of coast/natural resources/ water resources
34. aging population
35. government policies
36. urban sprawl/urban expansion/growth
37. (intensive) fish and shellfish
38. adopt (a) national approach/ nationwide coordination
39. management and practices/economics
40. people affected/people concerned

リスニング正答数とスコア換算

今回のサンプル問題は、リスニングセクション4の中でも難易度は「少し難しめ」です。

スコア7.0以上を目標とする場合、パート4では6問正解を目指す必要があります。

パート4の概要

リスニングパート4の設問数は合計10問。アカデミックな講義を聴きながら問に答えていきます。

セクション1-3のように前半と後半に分かれていないのが特徴です。

セクション4の流れ

セクション4の流れは以下のようになっています。

セクション4流れ

パート4を攻略するコツ

セクション4で高得点をとるためのコツがあります。

コツ1 : 答えはクリア

英検などと違ってIELTSのリスニングの答えに該当する部分ははっきりと大きな声で発音されます。

実践問題を何度か解く中で答えとなる部分が強調されていることに気づきます

コツ2:数問先を意識しておく

1つの問に集中しすぎる人がいます。気づいたら連続して数問を逃しているパターンです。

これを避けるために、常に2つまたは3つの問を意識しておきましょう。

コツ3:ギャップを意識

問の周辺の単語を必ずチェックしましょう。そうすることで、周辺の単語が聴こえた時に答えがセットできます。

例えば、今回の問題だと、Problem: The recent. 32.______ put extreme pressure on 33.______と見たら、「何かしらの変化」によって「何」かに影響を与えているのか。と考えて下に目をうつします。

そうするとIndustrial、Coastalといった単語が目に入り大きなヒントとなります。

コツ4 : 瞬時に答える

聴き終えるまで待ってから解答する人は要注意です。問は「詳細」をきいてきます。

答えを聴くように心がけてください。答えが聴こえたらすぐに解答してください。

コツ5 : メモで命拾い

名詞を中心とした詳細情報は余白にメモをしておきましょう。特にセクション4は単語が難解なため後からは思い出せません。

解き終わって答えられなかったものを見返した時に、このメモがダイレクトに答えの可能性があります。

英語の「今まで」と「これから」

最短で伸ばすならSolo

SoloはIELTSのスコアを最短で伸ばします。

自分だけで学習できる自信がない人は是非一度カウンセリングに来てみてね。

弊社のIELTSのプロ講師たちが待ってるよ。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?