【スコアアップのコツ】 IELTSリーディング勉強法

【スコアアップのコツ】 IELTSリーディング勉強法

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLのルークです。

この記事ではIELTSリーディングのスコアアップのコツを紹介します。

リーディングはスコアをアップさせるのに時間がかかります

IELTSリーディングのコツ

IELTSのリーディングで高スコアを取るためのコツは主に4つポイントがあります。

  • コツ1: きちんと精読できる
  • コツ2: 単語を1万語知っている
  • コツ3: 速読できる
  • コツ4: テクニックを熟知

よく時間内に読みきれない人がテクニックを先に使おうとします。

しかし、精読ができない、単語も知らないのにテクニックを使用してもあまり効果はありません。

コツを一つずつ見ていきましょう

コツ1: きちんと精読できる

精読とはきちんと文章の意味を読み取れることを言います。

IELTSのリーディングをきちんと精読するためには以下の点がとても大切になります。

  • 1: 中高の英文法に抜けがない
  • 2: 構文が正確に取れる

文章は英文法と単語で成り立っています。単語がわかるのに読めないというのは英文法に抜けがある証拠です。

参照: 【中高の英文法習得方法】IELTSリーディングの基礎対策

構文は英文法を支える決まった型のようなものです。中学校・高校で習った「SVOC」が構文にあたります。

途中で立ち止まったり、SVOCの関係が取れなくなった場合は構文がとれていません。

参照: 【精読のための構文理解】IELTSリーディングが伸びない人向け

この精読のパートが最も大事だと認識してください

コツ2: 単語を1万語

IELTSのリーディングはおよそ2万単語の中から出題されます。

そしてそのうちの98%以上が1万単語以内から出題されます。

おおよそIELTSの対策をしている人の大半が英検準1級、TOEIC800点ほどかと思います。 英単語力はおよそ7000単語ほどだと思います。

IELTSのリーディングで高スコアをとるためには追加で3000ほど覚える必要があります。

単語の覚え方のコツに関しては以下の記事を参照にしてください。

参照:【単語の増やし方と覚え方】 IELTSリーディング対策

単語は知っていれば知ってるほど有利になります

コツ3: 速読できる

IELTSのリーディングは時間との戦いであるとよく言われます。 通常の日本人が1分間に読める英単語は80-100語です。

IELTSのリーディングでは150単語を1分間に読む必要があります。

およそ1分半に1問解く必要があるためです。

速読は以下の順で練習をしていきます。

  • 対策1: 1分150字を把握
  • 対策2: 指でなぞる
  • 対策3: 前から塊で読む
  • 対策4: 知らない単語は飛ばす
  • 対策5: つなぎ語に着目

下記の記事を参照に速読をマスターしてください。

参照:【速読の練習方法】 IELTSリーディングを時間内に解く対策

早く読むトレーニングはあくまで 精読の後です

コツ4: テクニックを熟知

精読と速読がきちんとできるようになった人がIELTSリーディングのテクニックを学ぶべきです。

  • 全体像を把握
  • キーワード探しのコツ
  • パラグラフリーディング

全体像を1-2分でざっと把握した後に、問のキーワードを覚えてパラグラフずつ読んで答えていく作戦です。

参照: パラグラフリーディングで時間内に問題を解く方法

まとめ

IELTSのリーディングのコツはまずはきちんと精読と速読をマスターすることです。

その基本にあるのは単語と中高の英文法です。

基礎をおろそかにしてテクニックを学んでもスコアは上がりません

英語の「今まで」と「これから」

最短で伸ばすならSolo

SoloはIELTSのスコアを最短で伸ばします。

自分だけで学習できる自信がない人は是非一度カウンセリングに来てみてね。

弊社のIELTSのプロ講師たちが待ってるよ。

Solo IELTS TOEFLサポートページ

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?