【準備時間の使い方とコツ】TOEFL Integratedスピーキングタスク4

【準備時間の使い方とコツ】TOEFL Integratedスピーキングタスク4

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLのルークです。

TOEFL Integratedスピーキングタスク4の「準備時間の使い方とコツ」を見ていきましょう。

準備時間を有効的に使いたい人は参考にしてください

スピーキングタスク4とコツ

TOEFL Integrated Speakingであるタスク4できちんと60秒間話すためのコツは準備時間の使い方にあります。

準備時間はタスク4のどこにあるのかまず確認してみましょう。

  • リスニング(レクチャー形式)
  • 回答の準備(20秒)
  • 回答(60秒)

ありましたね、教授のレクチャーを聞いた後、つまり話す直前に20秒間与えられます。

タスク4のコツとしては、 この準備時間に予め覚えておくテンプレに、メモを当てはめていくことです。

準備時間の使い方

では実際にこの20秒の時間をどのように使うのか。そのために以下3ステップをふみます。

  1. 回答すべきことの理解
  2. キーワードのメモ
  3. 1と2を20秒で要約

回答で述べなければならないことを理解して、メモをすることが大切です。そのメモを予め覚えておくテンプレに当てはめる20秒間になります。

コツ1.回答すべきこと

タスク4の回答で述べなければならないことは何か、問を確認してみましょう。

以下がタスク4のサンプルの問になります。

サンプル問1: Using two examples from the lecture, describe camouflage.

メイントピックに対する例を2つまとめる形式ですね。

サンプル問2: Using the main points and examples from the lecture, describe two benefits that worms provide to soil

Wormという大きなトピックに対するサブトピックとなるsoilへのbenefitsを述べる形です。

問のパターンは詳しくは以下を参照にしてください。

参照: 【タスク4の概要と流れ】TOEFL Integratedスピーキング

回答のストラクチャー

それでは、タスク4の話すべき時間配分とストラクチャーを確認しておきましょう。

  • 15秒: トピックの説明
  • 20秒: 1つ目の例またはコンセプト
  • 20秒: 2つ目の例またはコンセプト
  • 5秒: まとめ

このストラクチャーに沿って、述べなければならないことをまとめるための20秒の準備時間です。

上記2つの問の種類によって、例かコンセプトの説明かに分かれますが、ストラクチャー自体は変わりません。

コツ2. キーワードのメモ

それでは実際にキーワードをメモする練習をしてまいりましょう。まずは教授がレクチャーの冒頭で説明するメイントピックの聞き取りの練習をしてみましょう。

メイントピック

以下の音源を聞いてメイントピックのキーワードをメモしてください。

どのようなキーワードを書き取れましたか?私がメモしたものが以下です。

  • unique role
  • earthworm
  • generate soil

これらは冒頭メイントピックの説明に使えるキーワードでした。

サブトピック

さて、続けてサブトピックのsoilへのbenefitを説明するためのキーワードです。以下は私がメモをしたものです。

  • organic waste
  • fuel energy
  • rich in mineral
  • retain moisture
  • tunnel
  • network
  • water
  • travel ground
  • deep layer
  • store quantity

コツ3.メモとテンプレ

さて、上記でとったメモをテンプレに落とし込んでいきましょう。

サブトピックのテンプレ

以下がサブトピックに対するテンプレでした。

  1. The lecture is about…
  2. The professor talks about two…
  3. The first…
  4. The second…
  5. In summary/Therefore/Ultimately,…

このテンプレートは予め覚えておく必要があります。タスク4のテンプレをまだ覚えてない人は以下の記事を参照にしてください。

参照: 【タスク4のテンプレ】TOEFL Integratedスピーキング

モデルアンサー

メモをテンプレに落としこんだモデルアンサーが以下になります。

The lecture is about the unique role that earthworms play in the environment, especially in generating good soil. The professor explains their role through two examples. First, worms eat organic waste from plants and turn that into a form that can then be reused by those plants for fuel and energy. The waste left by the worms is rich in minerals and helps to retain moisture, two things that are extremely helpful to plants. Secondly, worms are helpful through their ability to make tunnels. By creating tunnels as they travel underground, worms create a network of openings that allow water to travel further underground instead of just across the surface. These tunnels store water and provide additional sources to plants. Ultimately, through providing nutrients, space, and water to plants, worms have demonstrated their absolute usefulness to the plant kingdom.

テンプレにメモを落とし込んでいるのが確認できますね

まとめ

TOEFL Integratedスピーキングタスク4の「メモの練習とコツ」は理解できましたか?

次の記事: 【タスク4を例題で練習】TOEFL Integratedスピーキング次の記事

回答すべきことを理解して、テンプレを覚える。そのテンプレに当てはめるべきキーワードをリスニング中にメモできるかが鍵になります。

英語の「今まで」と「これから」

最短で伸ばすならSolo

SoloはTOEFLのスコアを最短で伸ばします。

自分だけで学習できる自信がない人は是非一度カウンセリングに来てみてね。

弊社のTOEFLのプロ講師たちが待ってるよ。

Solo IELTS TOEFLサポートページ

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?