【どちらを受験すべき?】IELTSとTOEFL iBTを目標スコア別に検証

IELTSとTOEFL iBTを目標スコア別にどちらを受験するべきかを把握しよう

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

今回の記事ではIELTSとTOEFL iBTのどちらを受験すべきかを目標スコア別に検証します。

「IELTSやTOEFLが必要な方」「 IELTSやTOEFLのどちらを受験しようか迷っている人」の参考になれば幸いです。

基本的には試験のレベル自体はさほど変わりません。一方で必要とする目標スコアによって取得の難易度は変わります。例えばIELTS7.0はTOEFL100点より若干容易といった具合です。

それでは詳しくみていきましょう。

IELTSとTOEFLの概要

「IELTS」と「TOEFL iBT」とは

まずは「IELTS」と「TOEFL iBT」の概要を確認しておきましょう。以下が2つのテストの概要です:

IELTSTOEFL iBT
名称International English
Language Testing System
TOEFL Internet Based Testing
試験形態紙とパソコンの選択制パソコン
受験単位個人受験個人受験
受験料25,380円$235
スコア0 ~ 920 ~ 120点
日本人の平均5.7 / 970 / 120点
試験時間約3時間30分約3時間30分
構成と時間・Writing (60分)
・Reading (60分)
・Listening (40分)
・Speaking (11-15分)
・Reading (54-72分)
・Listening (41-57分)
・Speaking (17分)
・Writing (50分)
特徴・スピーキングが対面式
・ライティングが非常に難
・世界で最も受験者数が多い
・GeneralとAcademicの2つのテストから選択
・要約力が必要
・リスニング力が必要
・世界の中での順位認知

共通点が多い両テストですが、スコア算出、各セクションの出題順などに違いがあります。またIELTSは現在は紙とパソコンにて選択可能ですが近い将来はパソコンで統一されるでしょう。

以下にBritish CouncilETSが公表しているサンプル問題のリンクを載せておきます。参考までに問題形式を確認してみてはいかがでしょう:

IELTSとTOEFLの目的

IELTSとTOEFL iBTの目的を確認してみましょう。

海外大学海外移住
IELTS
TOEFL✖︎✖︎

IELTSもTOEFLも海外大学進学に要求される試験です。ここで言う海外大学とは、学部、修士、博士、MBA、LLM進学の全てを含みます。世界中ほとんどの全ての大学にてこのIELTSとTOEFLのどちらかが要求されます。

一方でIELTSは「海外移住」向けの英語テストとしても機能しています。オーストラリアやカナダなどに移住したい人などはIELTSを受験する必要があります。

特に若い人はIELTSオーバーオール7.0を取得すると移住のハードルが一気に下がります

目標とすべきスコア

海外大学進学において必要なおおよそのIELTSとTOEFLの目標スコアを確認しましょう。中の上の学校を目安として書いています。

IELTSTOEFL
学部6.580-90
修士6.5-7.080-100
博士7.0100
MBA7.0-7.5100-105
LLM7.0-7.5100-105

一般的には英語圏の大学に進学しようとすると上記のスコアを取得することが目安になります。もちろん例外もたくさんあります。

例えばマレーシアの学部進学ならばIELTS5.5ぐらいから進学することも可能ですし、ファウンデーションコースなどを活用すればIELTS5.0, TOEFL61点から英語圏の優良大学に進学することも可能です。

自分が目標としている大学のサイトから「大学名、international student、English requirement」と検索することで必要なスコア確認してください

IELTSとTOEFL iBTを目標スコア別にオススメを検証

IELTSとTOEFL難しいのはどちら?

最初にIELTSとTOEFL iBTはテストとしてどちらが難しいのかを確認しておきましょう。

  • リーディング: IELTS > TOEFL
  • リスニング: IELTS < TOEFL
  • ライティング: IELTS > TOEFL
  • スピーキング: IELTS < TOEFL

リーディングとライティングはIELTSの方が難しく、リスニングとスピーキングはTOEFLの方が難しいです。

自分が得意なセクションから受験するテストを選ぶのは一つの方法です。詳しい比較は下記の記事にまとめていますので気になる人は参照にしてください

IELTSとTOEFLの換算

次にIELTSとTOEFLの換算表を確認しましょう。

IELTSTOEFL iBT
9.0116 –
8.0 – 8.5106 – 115
7.0 – 7.595 – 105
6.0 – 6.572 – 94
5.0 – 5.555 – 71
4.0 – 4.542 – 54

上記換算は弊社の生徒のデータを基に作成しており、一般に出回っているスコア換算表とは少しズレが生じています。IELTSやTOEFLは難易度は同等とはいえそれぞれ特性があります。従って、人によってどちらのテストが良いかは変わります。

TOEFLで85点しかとれない人がIELTSでは7.0を取れたり、IELTSでは6.5なのにTOEFL100点とれてしまう事もあります

IELTS 5.0 vs TOEFL61点

どちらも同等の難易度です。IELTSとTOEFLのどちらを選択してもRLは3分の1の正答率を目指す、SWはとにかく書いて話せば達成できるスコアです。目指すべきスコアレンジは以下となります :

  • TOEFL61 (R12, L12, S18, W19)
  • IELTS 5.0(R4.5, L4.5, S5.0, W5.0)

IELTS5.0とTOEFL61はファウンデーションコースから学部進学を目指している人、アメリカのコミカレ進学に求めらるスコアです。例えばアメリカのハワイ大学などファウンデーションコースの入学条件などがこれに当てはまります。

IELTSやTOEFLは低いレンジのうちはSWの方がスコアが出やすくなっています

IELTS 6.5 vs TOEFL80点

TOEFL80点の方が若干とりやすいです。TOEFL80点はRを捨てて、リスニングにフォーカスをすることで短期で目指すことができるテストです。目指すべきスコアレンジは以下となります :

  • TOEFL80点(R16 / L22 / S20 / W22)
  • IELTS 6.5(R6.5 / L6.5 / S6.0 / W6.0)

TOEFLの場合、リスニングの全体像を理解するための要約トレーニング、細部を聴きとるシャドーイングの練習を積めばLSW全てのセクションにてスコアが上がります。

IELTS6.5の場合はバランスよく対策が必要です。RL6.5は40問中26-29問正解をする必要がありTOEFLのそのハードルより高くなっています

IELTS 7.0 vs TOEFL100点

IELTS7.0の方がとりやすいです。TOEFLと比べてRLの間違いの許容範囲が増えるためです。目指すべきスコアはそれぞれ以下です :

  • TOEFL100点 (R26, L27, S22, W25)
  • IELTS7.0 (R7.0, L7.0. S6.5, W6.5)

TOEFLは80点までを目指す場合はRを捨てることが可能でしたが、100点を目指す場合はRLは満点近くを狙いにいく必要があります。100点を狙うにあたって一気に難易度が上がるテストです。

IELTS7.0を目指すにあたってはRLは40問中30問正解を目指す事で達成できますし、SWも6.5まではさほど難易度は高くありません

まとめ

IELTSやTOEFL iBTにチャレンジして世界基準を目指そう!

さて今回の記事のポイントをまとめておきます:

  • ポイント1:IELTSはリーディングとライティングが難しい
  • ポイント2 : TOEFLはリスニングとスピーキングが難しい
  • ポイント3:IELTS5.0とTOEFL61点は同等
  • ポイント4:IELTS6.5はTOEFL80点より難しい
  • ポイント5 : IELTS7.0はTOEFL100点より易しい

テストの難易度自体はさほど変わりませんが、必要なスコアによってとるべき戦略が変わることで到達までの難易度が変わる事は非常に面白いですね。

まずは自分に必要なスコアが何点なのかを把握して、その上で自分の各セクションの得意不得意を考慮し、どちらが最短距離で取得できるのかを考えてみましょう。

それでも迷っている人は上記で紹介したリンクから模試を解いてみてください。解く事で何か見えてくるものです。

最後にIELTSやTOEFL対策で悩みや相談などがあればお気軽にご連絡ください!

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?