【海外進学】香港科技大学の留学方法と特徴を紹介 (HKUST)

【海外進学】香港科技大学の留学方法と特徴を紹介 (HKUST)

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

今回の記事は「香港科技大学・大学院『The Hong Kong University of Science and Technologyの留学方法と特徴」を紹介します。

「香港で大学進学を考えている方」や「香港科技大学の入学基準やランキングを知りたい方」などの役に立てば幸いです。

香港科技大学は世界ランキング上位にありながら英語の基準が低く合格率も35%と高くなっています。ビジネスやコンピューターサイエンスなどを学び世界で活躍したい人にオススメです!

それでは詳しく見ていきましょう。

香港科技大学(HKUST)の特徴

香港科技大学の基本情報

まずは香港科技大学 (HKUST)の基本的な情報を見てみましょう:

都市香港
生徒数9,447人
男女比率N/A
留学生比率30%
学費(年)HKD 140,000
卒業までの概算総費用HKD 920,000
奨学金(大学準備コース)N/A
奨学金(学部・修士)HKD 55,000 / 年支給
コース期間4年
留学生合格率35%
出願資格(英語)TOEFL 80点 / IELTS 6.0
世界ランキング27位
国内ランキング2位

HKUSTは、「国際的に大きな影響力を持ち、地域に強いコミットメントを持つ一流の大学になる」というビジョンの元運営されています。

学費はおよそ年間200万円弱です。香港科技大学の奨学金は特出した生徒のみに与えられます。奨学金は別途申し込みなどは必要なく、大学側が勝手に選定をしてオファーをうける仕組みになっています。

世界ランキングは27位であること、合格率35%であることを考えると入学の門徒は広くなっています!

香港科技大学の学部と特徴

次に香港科技大学(HKUST)が設置している学部とその世界ランキングをみていきましょう:

  • 人文・社会科学 : 35位-
  • エンジニアリング : 17位-
  • サイエンス : 23位-
  • ビジネススクール : 16位

世界大学ランキングは、論文引用・研究・授業・将来の展望・卒業後の収入から算出されています。順位に幅があるのは学部内の各学科ランキングに違いがあるためです。

世界ランキングで評価の高い学科は 「ビジネス、工学全般、コンピューターサイエンス、材料科学、経済」です。

特色ある学科は「定量金融学、数学と経済、グローバルビジネス、リスクマネジメント」です。

学部レベルからビジネスについて専門的に学べる大学は珍しいです!

香港科技大学のロケーション

次に香港科技大学(HKUST)が位置するロケーションをみてみましょう:

キャンパスは市内よりおよそ車で30分ほどの場所に位置しています。東京から香港までは直行便でおよそ5時間です。

香港科技大学のライバルの一校である香港大学も電車で9分の場所に位置しています!

香港科技大学・大学院の留学方法

香港科技大学への直接進学要件

香港科技大学に日本の高校や大学を卒業後に直接進学する場合は、以下が進学要件となります:

資格学部修士
IELTS6.06.0
TOEFL80点80点
成績 (GPA)5段階4.5以上N/A
規程テストSAT1320以上GRE
(学科により必要)

IELTS6.0もしくはTOEFL80点が最初に準備する事です。英語のスコアメイク後、SAT1320以上を取得する必要があるので注意してください。

GPAは学部の場合5段階4.5以上ですが、修士の場合は最低値は設けられていません。また修士の場合、規程テストとしてGREが学科により必要な場合があります。

香港科技大学の選考プロセス

香港科技大学への学部進学プロセスは以下です :

  • STEP1. IELTS (TOEFL)のスコアメイク
  • STEP2. SATのスコアメイク
  • STEP2. 志望動機書と課外活動報告
  • STEP3. 推薦書 (担任、教科担任、校長など)
  • STEP4. インタビュー (学科による)

香港科技大学進学ではまずは学校での高い成績を維持しながら英語とSATのスコアメイクをします。その上で志望動機書と特出した課外活動の報告準備をします。

推薦書は予め願書に推薦者の詳細を記載し、大学側から直接推薦者に連絡がいくようになっています。事前の根回しが必要となります!

まとめ

香港科技大学はまずは英語対策から

最後に今回の記事のポイントをまとめておきます:

  • ポイント1:世界大学ランキング27位
  • ポイント2 : 世界ランキングで評価の高い学科は「ビジネス、工学全般、コンピューターサイエンス、材料科学、経済」
  • ポイント3 : 特色ある学科は「定量金融学、数学と経済、グローバルビジネス、リスクマネジメント」
  • ポイント4 : IELTS6.0(TOEFL80点)から進学可能

香港科技大学進学に求められる英語資格は、世界ランキングで高水準の割りには低く「IELTS 6.0(TOEFL80点」が基準となります。また、合格率も30%以上と高いので、進学できる可能性は大いにあると考えられます。

留学生比率も高く、多様な価値観と触れ合うことができるので、学校生活以外でも様々な刺激があるでしょう。以下にキャンパスツアーを載せておくので、興味がある場合はご覧ください:

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。最後に、IELTSやTOEFL対策、海外進学についてご相談があればお気軽にご連絡ください!

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?