TOEIC初心者が挫折しないオススメの勉強方法4選を紹介

TOEIC初心者にオススメの勉強方法4選を紹介

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

今回の記事では、TOEIC初心者にオススメの勉強方法4選を紹介していきます

「これからTOEICの勉強を始める方」や「英語力に自信がない人」の参考になれば幸いです。

TOEICで500点以下の人や、中高の英語に自信がない人は、英語の基礎学習に立ち返ることをオススメします。基礎に抜けがあるままTOEICの勉強をしてもスコアが伸び悩みます!

それでは詳しく見ていきましょう。

TOEIC初心者の勉強方法 まとめ

結論ですが、TOEIC初心者にオススメする勉強方法は、以下の4つがあります。

  • 方法1. 中高の英文法を復習
  • 方法2. 並行して英検の参考書を活用する
  • 方法3. TOEICに必要な単語の暗記
  • 方法4. ELSAで発音の習得

英語力の土台は、「文法・単語・音声」の3つです。TOEIC初心者の方は、この3つのスキルがきちんとつくように勉強を進めていくことが重要です。

きちんとした基礎力があれば、TOEICの勉強をしなくても、TOEIC600点には届きます。基礎を無視して、難易度の高い勉強をしてもなかなか英語の上達は見込めません。

それでは、詳しくみていきましょう :

勉強方法1. 中高の英文法を復習

TOEIC初心者にオススメの1つ目の勉強方法は、中高の英文法を身につけることです。

文法とは、「英語のルール」です。ルールが分からないと、きちんとした意味を理解したり伝えることができません。

中高の英文法を復習するのに、オススメの参考書は以下の4冊です。

オススメの1から4と進むにつれて、レベルが上がっていきます。自分のレベルに合ったものを選ぶことが大切です。

また、参考書で文法を勉強するのが苦手な人は、スタディサプリのような動画講座を活用するのも良いかもしれません。

文法ですが、「理解できることと、マスターできること」は別次元です。文法書の解説が理解できても、実際にその文法を活用して書けるようになる迄には相当の努力が必要です。

TOEICにおける文法の勉強としては、「文法を理解できる」で構いません。初心者の人が、文法を駆使して書けるところまで目指すと、時間を消耗してモチベーションが下がります。

文章を読む際に、文法を駆使して、文のパターンを解析できることを目指すと良いです。「構文をとる」という言い方をしたりします!

勉強方法2. 並行して英検の参考書を活用する

TOEIC初心者にオススメの2つ目の勉強方法は、英文法を勉強しながら英検の参考書を活用することです。

英検の参考書を活用することで、英語の基礎力を補強することができます。

初心者の方が、いきなりTOEICではなく英検を活用する理由は以下の3つです。

  • 理由1. レベル別に分かれている
  • 理由2. 総合的な英語力をつけれる
  • 理由3. 基礎単語の抜けを埋められる

英検は、TOEICと異なり「級」ごとに分かれています。TOEICは、受験者全員が同じ問題を解くのに対して、英検はレベル別に分かれています。

書店に行って、自分のレベルに合った級の参考書を買いましょう。勉強方法1の、「英文法」と並行して英検の勉強をすることで、英文法の補強と、基礎単語を強化することができます。

TOEICは、ビジネス英語に特化しています。一方で、英検は総合英語能力を測る試験です。総合英語能力を先に身につけたほうが、ビジネス英語のような専門英語を身につける際も、効率よく勉強することができます

初心者の方は、英検2級の参考書を目標に学習を進めていくと良いです。英検2級を目指すと、高校までの範囲をくまなくカバーできるので、TOEICの勉強をスタートするための下地が十分に出来上がります!

勉強方法3. TOEICに必要な単語の暗記

TOEIC初心者にオススメの3つ目の勉強方法は、TOEICに必要な単語の暗記をすることです。

TOEICには、「TOEICによく出題される単語」があります。オススメは、TEX加藤さんの「金のフレーズ 」です。

以下が、 TOEICの単語を覚える際のオススメの手順です。

  • ポイント1: 毎日100-200語を音読
  • ポイント2: 前日の復習を先に行う
  • ポイント3: 1日に3往復以上する
  • ポイント4: 週末と月末は復習にあてる
  • ポイント5: 覚えられない単語は書き出して文章を作る

1順目は、全ての単語に目を通します。2巡目以降は、覚えられていない単語のみで構いません。1巡目を勉強する際に、単語の横に印をつけていくと良いです。

単語の暗記の最重要ポイントは、「大量に、1日に何度も」です。具体的には、1日100語以上を目標に、空き時間に3往復以上しましょう。

長時間かけて単語を覚えようとするよりも、1日に5分x10回と、こまめに何度も目にする方が定着しやすいです。

本を持ち歩くのが嫌な人は、フラッシュカードのアプリにまとめて、意識的にアプリを開いて復習できるようにしましょう。フラッシュカードのアプリはQuizletがオススメです。

時には、どうしても覚えられない単語が出てくるかと思います。そういった単語は、書き出して文章を作ってみると案外すんなりと覚えらるのでオススメです!

勉強方法4.  ELSAで発音の習得

TOEIC初心者にオススメの4つ目の勉強方法は、発音の習得をすることです。

発音の習得が必要な理由は、リスニングのスコアアップに大きく貢献するからです。

TOEICに限らず、リスニング能力は基本的に以下の2つの要素によって構成されています。

  • 要素1:音声を認識できる(音声知覚)
  • 要素2:認識した音声を理解できる(意味理解)

「音声を認識できる」ということは、聴こえた英語の音声と同じ音を再現できるかということです。つまり、発音の精度が高くなることで聴き取り能力が向上します。

「認識した音声を理解できる」とは、聴こえた音声がどのような意味を持っているのかを理解する力です。つまり、語彙の意味がわかるという意味です。

発音習得におすすめのアプリは、ELSAです。ELSAは、エンジニアと言語習得のプロが共同開発した発音矯正のアプリです。発音に自信がない人は、ぜひトライしてみてください。

発音を習得して、TOEICの音源の真似をしていくことで、リスニングセクションはスコアが上がっていきます。逆に、リスニングセクションで伸び悩む人は、発音に問題があることが多いです!

TOEIC初心者が気をつけること

以下に、TOEIC初心者が気をつけるべきポイントをまとめています。

  • ポイント1. 結果を早く求めない
  • ポイント2. 昨日の自分と比較をする
  • ポイント3. 勉強をルーティン化する

最初のポイントは、結果を早く求めないことです。学習の初期は、主に暗記が中心になります。基礎が固まるのには時間がかかり、スコアに反映されるまでには時差が生じます。

次に、比較すべき対象は、昨日の自分です。SNSにより、英語の猛者たちが可視化されています。Twitterを開けば、TOEIC990点保持者も数えられないほどいます。そんな人達と自分を比べるのではなく、「昨日できなかったことが、今日できているかどうか」が大切です。

最後は、勉強をルーティン化することです。気まぐれで英語の勉強を行うのではなく、明日やるべきことが、今日のうちから明確であることです。また、やるべきことが目標に向かってどういった役割を果たしているのかまで理解しておくとモチベーションが保ちやすく継続しやすいです。

まとめ: TOEIC初心者はまず英語の土台を固めよう


今回の記事のポイントをまとめておきます。

  • TOEIC初心者は文法書+英検の併用からスタートするのがオススメ
  • TOEICに出題される単語を重点的に覚える
  • リスニングのスコアアップには発音矯正が大切

TOEIC初心者は、まずは英語の土台を固めることが大切です。重複しますが、文法・単語・音声を軽視すると、どこかでスコアが伸び悩みます。

弊社では、IELTSやTOEFLといったTOEICよりも難易度の高い英語の資格を教えています。こういった難易度の高い資格でも、スコアが着実に伸びる人は基礎力がきちんとある人です。

TOEICの勉強をしたい気持ちをグッと抑えて、自分のレベルに合った地点からスタートすることが大切です。

TOEICの勉強をしていて、なかなか上達が見込めずに心が折れそうになることもあるかと思います。そういった際に、立ち止まらずに継続できるかどうかが、言語習得においては大切です。頑張ってください!

最後まで読んでくれてありがとうございました。

弊社はオンラインの英語学校です。英語学習に困っていたりしたら遠慮なく相談してください。

メールで相談する

LINEで相談する

1 Comment
  1. 私はあなたの記事が大好きなので、より頻繁に更新してください。ありがとう!

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?