英語力テスト「Versant」とは?試験内容や採点方法を解説

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

今回の記事では、 英語力テスト「Versantの試験内容やスコアの採点方法をできるだけ詳しくまとめていきます。

会社からスコアの提出を求められて、「初めてVersantを知った」という方も少なくないと思います。そんな人がこの記事を読んで、Versantの概要や対策方法を理解する参考にしていただければ幸いです。

Verantとは、本当に話せる英語を測定するために開発されたテストです。英語でビジネスを遂行するために必要な、「英語をリアルタイムで理解し、的確に処理する能力」を測ることができます!

なお情報量が多いので、見出しを参考にして必要な情報だけを読んでください。それでは詳しくみていきましょう。

英語力テスト「Versant」とは ?

Versantの概要

Versantは、一般的にビジネスパーソンが、会社の昇進や海外駐在をするにあたって、十分な英語力を有しているかを証明するために受験します。

まずは、以下のVersantの概要をみてみましょう:

団体Pearson
試験名称Versant (ヴァーサント)
試験内容・音読:8問
・復唱:16問
・質問に回答:24問
・文の構築:10問
・話の要約:3問
・自由回答:2問
試験時間合計:約17分
スコア最高点:80点(最低点:20点)
受験場所オンライン
受験回数上限上限なし
受験料5,000円(税別)
申し込み方法オンライン
公式ウェブサイトhttps://www.versant.jp/

Versantは、ロンドンに本部を置く世界最大規模の教育サービス会社Pearson社(以下「ピアソン」)という団体により運営されています。試験は、リスニング能力とスピーキング能力(自然さ、流暢さ、即時性)の両方を測定します。

試験は6つのパート、問題数は合計63問です。 すべて、ネイティブスピーカーが話す音声を聞いて、即座に英語で応答する形式です。パソコンや モバイルなどの機器を使用し、受験をします。受験後、わずか数分でコンピューターによる20点 – 80点の自動採点が行われ、登録したEmailにスコアレポートが届きます。

Versantは、アメリカの国防省の採用基準の1つとして使用されたことがきっかけで、多くの国の政府機関やグローバル企業に浸透しました。日本では、ヒルトン、楽天、グロービスなどの大手企業が活用していますね!

試験までの流れ

次に、Versantの試験までの流れを確認していきましょう :

  • 1. お申し込み
  • 2. 受験番号がEmailに届く
  • 3. 受験方法(pdf)を読む
  • 4. 受験方法を選択する
  • 5. スクリーン上のの注意点を確認
  • 6. 試験開始

オンラインでお申し込みをすると、数日内に受験番号と受験方法がPDFの形式で登録したEmailに届きます。受験番号が届き次第、すぐに受験が可能です。

受験の場所は、特に指定はなく自宅で受験が可能です。日程もとくに決まっていないので、自分の受けたいと思った時に試験を受けられます。注意点としては、受験番号が届いてから1年が受験の有効期限です

受験方法は、「専用のソフトウェア、スマホアプリ、ウェブブラウザ」の3択から選ぶことが可能です。

受験方法が書かれたPDFファイルには、パートAで音読するセンテンスが載っています。試験を始める前に、練習しておくと良いですね!

申し込み方法 

Versantは、以下のページからオンラインで受験申し込みをします:

Versantを個人で受験される方は、「株式会社ディスコ」、もしくは「株式会社ドリームブロッサム」の代理店を通してお申し込みをします。どちらも価格は同じです。

Versantを作成しているピアソンを通してのお申し込みは、団体受験の方のみとなっています。

スコアの採点方法 

Versantは、以下の4つの評価項目において採点されます :

文章構成・正確な構文処理ができる
・単語、句、および節の構築ができるか
語彙・一般的な単語を理解し、自在に表現できる
・様々な語彙を柔軟かつ適切に使用しているか
流暢さ・言葉に詰まることなく回答できているか
・間を開けずに回答できるか
発音・母音や子音がきちんと使用できるか
・強勢と抑揚を意識して話せるか

まずは、各項目がそれぞれ20点 – 80点のサブスコアとして採点されます。総合スコアは、その平均の値に近くなります。総合スコアが、「日常的な話題について、ネイティブの会話スピードで口頭英語を理解し、明瞭に話す能力」を示します。

スコアは、コンピューターの自動採点システムで採点され、受験から数分後には結果を見ることができます。

他の英語テストと換算

以下が、Versantと他の英語テストとの換算になります :

自分が目標としているスコアのレベル感を確認してみてください:

CEFRVersantTOEIC英検
C279 – 80N/AN/A
C169 – 78945 – 9901級+
B258 – 68785 – 940準1級 – 1級
B147 – 57550 – 7802級 – 準1級
A236 – 46225 – 545準2級 – 2級
A126 – 35120 – 220N/A
< A120 – 25N/AN/A

CEFRとは、「Common European Framework of Reference for Languages」の略で、日本語で「ヨーロッパ言語共通参照枠」と訳されます。つまりヨーロッパ全体で認識されている、外国語の習得状況を示すガイドラインです。

日本人は、読み聴きが得意な人が多いので、TOEICや英検が過大評価されているといった話を聴きます。具体的には、TOEICで900点台、もしくは英検1級を保持していてもVersantは50点前後になる人が多いようです。

スコア換算はあくまで概算ですので、実際のスコアが気になる人は、まずは受験をしてみると良いですね!

スコアの目安

以下が、Versantで目指すと良いスコアの目安です :

  • 38点 : 日本人の平均スコア
  • 47点 : 英語でビジネスを遂行するための最低限必要なスコア
  • 58点 : 中上級者が目指すスコア

ビジネスパーソンの方は、まずCEFR B1に該当するVersant 47点を目指すと良いです。身近なことに関して、要点をきちんと理解して述べることができるレベルです。具体的には、電話でアポを取ったり、メールでの交渉ができます。

次に、中上級者の方は、CEFR B2に該当するVersant 58点を目指すと良いです。さまざまな話題に対して、情報や視点を明確に伝えることができるレベルです。具体的には、ビジネスでアイデアの提案ができたり、ビジネスレポートを書くことができます。

Versantの試験内容について

Versantの概要がわかったところで、次は試験内容をパートごとに確認していきましょう。

パートA. 音読 

以下が、パートA「音読」の概要です :

内容記載の文章を指示された順序で読み上げる
出題数8問
評価されるスキル・流暢さ
・発音
対策のポイント・強勢(ストレス)と抑揚(イントネーション)を意識して音読する

Versantの中では、最も難易度の低いパートです。以下のように指示文が流れますので、その後すぐに文章を読み上げます

  • 指示文 :
  • Please read the sentences are you are instructed.
  • 問題例:
  • 1. Buying Bicycle parts without expertise can be difficult.
  • 2. Products can range widely in price and yet not be very different.
  • 3. Last night Pat and Tom had friends over to their apartment for dinner.

パートAのポイントは、ネイティブスピーカーのような発音で読み上げることです。はっきり、かつ丁寧に読むことは大切ですが、音読のテンポが遅いとスコアが上がりにくい傾向があります。

パートB. 復唱 

以下が、パートB「復唱」の概要です :

内容音声で流れた文章を聞こえた通りに繰り返す
出題数16問
評価されるスキル・文章構成
・流暢さ
・発音
対策のポイント・リスニング力をつける
・シャドーング

Versantの中では、パートAについで難易度の低いパートです。以下のように指示文が流れますので、その後すぐに文章を読み上げます。

パートBでは、以下のような問題が出題されます :

  • 指示文 :
    Please repeat each sentence that you hear.
  • 問題例 :
  • 1. He fetched me home in his car.
  • 2. Will you visit the cemetery next weekend?
  • 3. The veterinarian made sure that all the animals were okay.

パートBのポイントは、日頃からリスニング力をつけることと、シャドーイングで音声の真似をする力を鍛えることです。パートAと違い、聴こえてくる音の真似をするため、リスニング力がないと回答できません

パートC. 質問に回答

以下が、パートC「質問に回答」の概要です :

内容英語の質問に短文で回答する
出題数24問
評価されるスキル・語彙
対策のポイント・リスニング力をつける
・1-2語で答える訓練をする

Versantの中では、パートCは多くの学習者が苦手意識を持つパートです。以下のように指示文が流れますので、その後すぐに回答します。

パートCでは、以下のような問題が出題されます :

  • 指示文 :
    Now please just give a simple answer to the questions.
  • 問題例 :
  • 1. What are tires usually made of? (答: Rubber)
  • 2. Who is my mom’s brother’s daughter? (答: cousin)
  • 3. Are ancestors from the past or the future? (答: Past)

パートCのポイントは、パートBと同様にきちんとしたリスニング力があることです。パートBと違い、真似をするのではなく常識的な問いに対して回答する形式ですので、瞬発力が求められます。

パートD. 文の構築 

以下が、パートD「文の構築 」の概要です :

内容単語(または、単語群)を聴きそれらの単語を使って文章を作り答える
出題数10問
評価されるスキル・文章構成
・流暢さ
対策のポイント・文法力をつける
・無回答にしない

パートDは、純粋な難易度は最も高いパートの1つです。以下のように指示文が流れますので、その後すぐに文章を作り読み上げます。

パートDでは、以下のように問題が出題されます :

  • 指示文 :
    Now, please rearrange the word groups into a sentence.
  • 問題例 :
  • 1. do…you…how do?
    (答: How do you do?)
  • 2. this…my favorite song…is
    (答: This is my favorite song.)
  • 3. you will…stick to the diet…lose weight…if you
    (答: You will lose weight if you stick to the diet. )

パートDのポイントは、文法の基礎力をつけることです。まずは、中高の英文法の知識に抜けがないこととを目指します。その上で、日頃から多くの英文に触れていることで、文章に対する感度を高めることが大切です。 

パートE. 話の要約 

以下が、パートE「話の要約 」の概要です :

内容短いストーリーを聞いて30秒で要約する
出題数3問
評価されるスキル・文章構成
・語彙
・流暢さ
・発音
対策のポイント・日頃から要約の癖をつける
・リスニング力をつける
・キーワードをメモする

パートEは、最も難易度の高いパートだと感じる人が多いようです。以下のように指示文が流れますので、その後すぐに要約します。

パートEでは、以下のような音源が読まれます :

  • 指示文 :
    You will hear three brief stories. Each story will be spoken once, followed by a beep. When you hear the beep, you will have 30 seconds to retell the story in English. Try to retell as much of the story as you can, including the situation, characters, actions, and ending. You will hear another beep at the end of the 30 seconds.
  • 問題例 :
  • Emily planned a trip to South America. She started saving for the trip. Emily also practiced speaking and reading Spanish. She enjoyed learning about the places that she would see. On the day of the trip, she was ready to go. Carlos is a doctor in Mexico. He always wanted to be a doctor and his family is very proud of him. Carlos works hard to help the people in his community. He also likes to volunteer and sometimes goes to disaster areas to help in the recovery process. The dog snuck out of the house. He was a naughty dog and enjoyed escaping. The first thing he did was chase a squirrel. He then drank some water from the fountain in the park. His favorite thing was swimming in the pond. When he got hungry, he finally went home.

パートEのポイントは、リスニングをする際にキーワードをきちんとメモをすることです。キーワードを眺めながら文章構築をして回答をすると話しやすいです。日頃から、読んだり聴いたりしたら、すぐに要約する癖をつけましょう。

パートF. 自由回答

以下が、パートF「自由回答 」の概要です :

内容身近な質問に対して40秒間自由に回答する
出題数2問
評価されるスキル・文章構成
・語彙
・流暢さ
・発音
対策のポイント・話し続ける訓練をする
・「主張 + 理由 + 具体例」の3点を話す
・難しい場合は自己体験を話す

パートFは、定まった回答がないため、難易度は低めです。以下のように指示文が流れますので、その後すぐに問題をみて回答します。

パートFでは、以下のような問いが実際に出題されます :

  • 指示文 :
  • You will hear two questions about family life or personal choices. Each question will be spoken twice, followed by a beep. When you hear the beep, you will have 40 seconds to answer the question. You will hear another beep at the end of the 40 seconds.
  • 問題例 :
  • 問1. Parents usually give an allowance to their children on doing their household-chores. Do you think children should be paid to do chores?
  • 問2.Do you think vegetables should be a part of your daily diet – why?
  • 問3.People are sometimes judged on the basis of their caste or color. Do youthink this is fair? Explain.

パートFのポイントは、自分の意見に対して理由や例を述べることです。難しい場合は、自分の自己体験と紐づけて話すとストーリーをつくって40秒ほど話すことが可能です。

まとめ

Versant対策は発音改善が大切

最後に、今回の記事のポイントをまとめておきます:

  • Versantは客観的な英語力を測定できる
  • 試験は6つのパートの合計63問出題される
  • スコアは20点 – 80点で採点される

ここ数年、数多くの企業がTOEICと併用してVersantを社内で取り入れ始めています。TOEICで、リーディングやリスニングの基礎力の測定し、Versantでスピーキング力を確認するためです。

Versantは、非常に実践的な英語力を測る試験です。実際のビジネス現場で求められる「瞬時に考えて回答する」、「リスニングができないと回答できない」といった構成です。

Versantで高スコアを取得することは、上級者であっても大変です。ですが、スコアの伸びが感じられず、挫折しそうな時にこそ勉強を止めずに継続してください。語学は最後は継続です!

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

英語が伸び悩んでいる中上級者の方や、勉強法などでご相談などあれば私にお気軽にご連絡ください。

LINEで相談する

メールで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?