【Agree or Disagreeの攻略】TOEFL スピーキングタスク1

【Agree or Disagreeの攻略】TOEFL スピーキングタスク1

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLのルークです。

TOEFL Independent スピーキングタスク1の「Agree or Disagree」の攻略をしましょう。

タスク1では最も多く出るタイプの形式ですね

タスク1のAgree or Disagree

TOEFL Independent スピーキングであるタスク1は以下の流れで進みます。

問を読んだ後に、15秒間考える時間が与えられ、その後続けて45秒間話すというものです。

Independentタスクの問は5パターンあります。

  1. Agree or Disagree
  2. Preference
  3. If / Imaginary
  4. Description or Explanation
  5. Advantage and Disadvantage

AgreeとDisagreeは5つにうちの1つでIndependentタスクで多く出題されるタイプの問です。

参照:【タスク1の概要と流れ】TOEFL Independentスピーキング

特徴

以下がTOEFL Independent スピーキングタスク1のAgreeとDisagreeの例題になります。

例題: Do you agree or disagree that students should bring their cellphones to school? Use details and examples to support your explanation.

agree or disagreeという単語が見えますね。答える際の特徴としては、

  • 自分のポジションを示す
  • ポジションに対するサポートを述べる
  • 例を挙げる

ポジションにサポートと例の2点を添えることがポイントです

役だつテンプレート

まず冒頭で自分のポジションをきちんと明確に示すことが大事です。 以下が自分の意見を示す際のテンプレートです。

  • I agree/disagree that …
  • Some people believe that …, but I disagree.
  • I agree/disagree with the idea that ….
  • I agree/disagree with S + Verb-ing

トピックに対する答えの丸暗記は非現実的ですが、こういったポジションを示す際のテンプレートは考えずに話せるように覚えておきましょう。

ポジションを示す練習

それでは先ほどの例題を使用して自分のポジションを示してみましょう。

例題: Do you agree or disagree that students should bring their cellphones to school? Use details and examples to support your explanation.

まずは自分の言葉で話してみてください。

  • I agree that students should bring their cellphones to school.
  • Some people believe that students should bring their cellphones to school, but I disagree.
  • I agree with the idea that students should bring their cellphones to school.
  • I agree with students bringing their cellphones to school.

まずアイデアを示すことで45秒のうち5秒-8秒ほど使うことになります

サポートと例の練習

それでは上記で示したポジションのサポートと例を添えてみましょう。

I agree with students bringing their cellphones to school. First of all, what if there was an emergency and they needed to call 911 or just call someone for help. Their cellphone could be a lifesaver. In addition, it can be a backup for certain technology. For example, I was about to take a math test when I realized I forgot my calculator at home, well fortunately for me my cellphone had a calculator application downloaded into it and I was able take the test.

黒字がアイデアのサポート、赤字が例になっていますね

結論の練習

おそらく多くの日本人にとって45秒間し続けることは難しいです。冒頭で示したポジションをリフレーズして再度ポジションを示すことが効果的です。

Therefore, students should be allowed to come to school with cellphone, because it can be helpful in many different situations.

ポイントとしては、冒頭と同じ表現を使用するとマイナスになるので必ずリフレ どうしましょう。

実際にどこがパラフレーズされているか分かりますか?

students bringing their cellphones
= students should be allowed to come to

幅広い英語が使える証明をする必要があります

まとめ

TOEFL Independent スピーキングタスク1の「Agree or Disagree」について理解できましたか?

次の記事: 【Preferenceの攻略】TOEFL Independentスピーキングタスク1

Agree or Disagreeの攻略のポイントとしては、自らのポジションにサポートと例の2点を添えることを準備時間15秒の間に頭の中で構成することです。

英語の「今まで」と「これから」

最短で伸ばすならSolo

SoloはTOEFLのスコアを最短で伸ばします。

自分だけで学習できる自信がない人は是非一度カウンセリングに来てみてね。

弊社のTOEFLのプロ講師たちが待ってるよ。

Solo IELTS TOEFLサポートページ

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?