【カーネギーメロン大学MBA】Tepperの特徴と日本人にとっての難易度

【カーネギーメロン大学MBA】Tepperの特徴と日本人にとっての難易度

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLルークです。

この記事ではカーネギーメロン大学MBA Tepperの特徴と日本人にとっての難易度を徹底検証します。

Tepperに興味がある人、入学基準、ランキング、日本人にとっての難易度などを知りたい人は参考にして下さい。

Tepperはそのカーネギーメロン大学のサイエンスとエンジニアリングの強みを活かして「マネジメントを科学する」ことを重要視している面白い学校です

それでは一緒に確認してみましょう。

カーネギーメロン大学MBA

カーネギーメロン大学MBA Tepperのミッションは、「知的リーダーシップと倫理的なリーダーを育成、そして経営の科学と実践を発展させ、技術とイノベーションが牽引する世界で変革をもたらすし、ビジネスと社会に価値を創造する」と明記されています。

まずはTepperの基本情報です :

都市Pittsburgh, PA
生徒数236人
学費(24か月)$140,000
総費用(24か月)$190,000
コース期間24か月
受験者数1,656
合格率35%
GMAT平均値690
英語の必要資格TOEFL100 / IELTS7.0 (非公式)
平均勤務年数6.0年
平均年齢28歳
ウェブサイトhttps://www.cmu.edu/tepper/index.html

学費や総費用自体はアメリカのMBAの中では平均的です。IELTSやTOEFLは足切りではありませんが、平均点が上記のスコアレンジとなっています。GMATの合格者平均点自体は高くも低くもありません。

Tepperの場所

カーネギーメロン大学MBA Tepperの場所を確認しましょう。ペンシルベニア州ピッツバーグに位置しています。

Tepperの特徴

次にカーネギーメロン大学MBA Tepperの世界ランキングと給与を順にみていきましょう。Financial Times(FT)のデータを参照にしています。

まずはTepperのフルタイムMBAの世界ランキングの推移です。

世界ランキング

202031位
201935位
201840位
平均35位

MBA世界ランキングでは年々順位を大きく上げています。FTのランキングは20項目から評価されますが、特に給与の伸び率を重要視しております。

給与

次にTepperの入学前、卒業後の給与平均を比べてみましょう。

入学前$70,000
卒業3か月後$120,382
卒業3年後$160,268
投資回収3.9年

給与は卒業直後で1.71倍に、3年後には入学前の2.29倍となっています。卒業直後の年収も、3年後の年収もアメリカのトップMBA校と比べると若干劣ります。

その他の情報

Tepperのその他のデータを確認しましょう。

留学生比率45%
女性比率33%
卒業3か月以内就職率91%
卒業生のよる推薦ランク23位
キャリアサポート11位

留学生比率はアメリカのMBA校の中では多めです。またキャリアサポートと卒業生のよる推薦ランクも世界ランキングから考えると非常に高水準です。

卒業後のキャリア

Tepperの卒業生のキャリアを確認しましょう。

際立った特徴としてはマネジメントへの就職先が非常に高いことです。通常のMBAスクールですと10%以下であるのに対しTepperは23%をなっています。

他のMBAスクールとの違い

それではカーネギーメロン大学MBA Tepperが、海外の他のビジネススクールとどう違うのかをウェブサイトやデータからまとめてみましょう。

  • マネジメントを科学する
  • サイエンスに特化した強みを活かす
  • 分析をベースとした決断力
  • リーダーシップと分析力を育成
  • 柔軟性と協調性のソフトスキル
  • 学びを実践する カリキュラム

Tepperの特出した点は、その大学のサイエンスとエンジニアリングの研究という強みをMBAプログラムのマネジメントにも反映させていることです。「マネジメントを科学」すると主張できる由縁です。

日本人にとっての難易度

カーネギーメロン大学MBA Tepperの日本人にとっての難易度を考えてみましょう。

結論から述べると他のMBAスクールと比べると若干難易度は低いです。理由は英語の足切りがないことと、合格率の高さです。

足切りではないにしろスコアメイクとして必要なTOEFL100点またはIELTS7.0が最初の大きな壁となるでしょう。IELTS7.0点の方がTOEFLよりも取得しやすいです。

GMAT自体はアメリカのMBA校の中では平均的ですので、英語のスコアメイクを終えてからを準備をするとスムーズに進みます。

メッセージ

カーネギーメロン大学MBA Tepperの特徴と難易度は把握できましたか?

TepperではTOEFL100点またはIELTS7.0と非常に高い水準が求められます。通常は海外MBA受験を考えている人がまず最初に取り組むのは「英語」です。

弊社はIELTSとTOEFLに特化しています。スコアメイクで苦労している、もしくは時間短縮したいという人は遠慮なく私に相談してくださいね。

どれだけ難しく見えるTOEFLやIELTSであっても英語であること、言語であることに変わりはありません。何度挫折しても立ち上がり、分からない事を1つずつ打ち消していく事で必ず到達できます。

きっとお力になれます

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?