【問題付き】TOEFL iBTライティングの過去問と解説

TOEFLライティングの過去問と解説【実践問題付き】

こんにちは!S

OLO IELTS TOEFLルークです!

この記事では「TOEFL iBTライティングセクションの過去問を紹介しますね。

これからライティング対策を始める方」や、「ライティングのスコアで伸び悩んでいる方」には特にオススメの内容です。

問題の模範回答も合わせて紹介しますので、TOEFL対策の参考にしてもらえると嬉しいです!

それでは早速、問題を解いてみましょう。

TOEFL iBTライティングの過去問

ライティングの勉強方法

まずは過去問を解く前に、ライティングの勉強方法について理解しましょう。なぜなら「ライティングは単に問題を解くだけでは学習効果はほとんどない」からです。

ライティングに限らず、アウトプットスキルは正しい観点からアウトプットした内容を振り返ることが非常に重要なのです。

遠回りに思うかもしれませんが、正しい方法で勉強することで結果的に学習効率は高くなります!

ということで、参考までにライティングの勉強は以下の手順で行いましょう:

  • 手順1:ライティング
  • 手順2:採点基準を元に添削
  • 手順3:(フィードバックをもらう)
  • 手順4:もう一度ライティング
  • 手順5:「手順1 – 4」を最低3回は繰り返す

「手順3」のフィードバックをもらうことは、あくまで推奨なので、周りにネイティブの頼れる先生がいない場合は模範回答を参考にして自分で改善点を探してみましょう。

しかし、ライティングの添削は自分一人で行うよりも、採点基準を理解したネイティブに添削してもらうことの方が効果的です。

可能な限り、添削ができるネイティブの先生を探してみることをオススメします!

採点基準は必ずチェックしておこう

また勉強を始める前に「採点基準」は必ず理解しておきましょう。なぜなら「どうすればスコアが伸びるのか」を理解しておくことで、改善するべきポイントが明確になるからです。

参考までに、以下に採点基準を簡易的にまとで確認してください:

観点1:主張設問に対して適切に主張を展開できているか
観点2:文構成適切な事例を用いてまとまりのある文章を展開できているか
観点3:一貫性一貫性のある主張を展開できているか
観点4:語彙・文法文脈に応じて適切な語彙を使用することができている

上記の表は「Independent Writing」の採点基準を簡潔にまとめたものです。「論理展開」や「文章のまとまり」など、正しい英語を書き出す能力以外も求められていることが分かります。

日本語で論理的に文章が書けないと、当然英語でも論理的な文章を書くことができないので注意しましょう!

フィードバックがあると学習効果が高まる

可能ならば、TOEFL指導歴のある人にフィードバックをもらうと、より高い学習効果が見込めます。理由は以下の通り:

  • 理由1:不適切な語彙や英語表現を指摘してもらえる 
  • 理由2:適切な文章構成を指摘してもらえる
  • 理由3:言い換え表現などを教えてもらえる

上記のようにフィードバックをもらうことは非常に効果的ですが、一つ注意点があります。それは「スコア80点未満の場合は日本人にフィードバックをもらうこと」です。

スコア80点未満の場合、そもそも英語でのやりとりが適切にできないケースが大半です。フィードバックの内容も完璧に理解することができないので、逆に学習効率が落ちてしまうのです。

日本人の方からフィードバックをもらう場合は、細かい英語表現よりも「論理的な主張展開」や「文章の型」などを確認してもらうとよいでしょう!

さて以上のことを踏まえた上で早速、問題を解いてみましょう。

Integrated Writing の過去問

「Integrated Writing」はその名の通り、リスニング・リーディング・ライディングの3つのスキルが複合的に求められる問題です。以下に簡単な概要をまとました:

内容リスニング内容の要約
制限時間20分
文字数150字 – 225字

リスニングに関する内容の要約が主な課題です。回答に必要な情報をメモすることを忘れないようにしましょう。

メモ用紙は試験監督にお願いすると所定の用紙と鉛筆が渡されます!自分のメモ帳やペンは使えないので注意しましょう!

各タスクは以下の順番で進行していきます:

  • リーディング(3分)
  • リスニング(リーディングに関する内容)
  • ライティング(リスニングに関する内容)

注意することは「リーディングの内容をそのまま書き写すと評価が最低になる」ことです。どんなことでもいいのでリスニングで聴き取れた内容を書き出しましょう。

さて、それでは実際の問題をみてみましょう。

Integrated Writing – Reading:

Read the passage below. You have 3 minutes to read through:

In the United States, it had been common practice since the late 1980s not to suppress natural forest fires. The “let it burn” policy assumed that forest fires would burn themselves out quickly, without causing much damage. However, in the summer of 1988, forest fires in Yellowstone, the most famous national park in the country, burned for more than two months arid spread over a huge area, encompassing more than 800,000 acres. Because of the large scale of the damage, many people called for replying to the “let it burn” policy with a policy of extinguishing forest fires as soon as they appeared. Three kinds of damages caused by the “let it burn” policy were emphasized by critics of the policy.

First, Yellowstone fires caused tremendous damage to the park’s trees and other vegetation. When the fires finally died out, nearly one-third of Yellowstone’s land had been scorched. Trees were charred and blackened from flames and smoke/. Smaller plants were entirely incinerated. What had been a national treasure now seemed like a devastated wasteland.

Second, park wildlife was affected as well. Large animals like deer and elk were seen fleeing the fire. Many smaller species were probably unable to escape. There was also concern that the destruction of habitats and the disruption of food chairs would make it impossible for the animals that surmised the fire to return.

Third, the fires compromised the value of the park as a tourist attraction, which in turn had negative consequences for the local economy. With several thousand acres of the park engulfed in flames, the tourist season was cut short, and a large number of visitors derided to stay away. Of course, local businesses that depend on park visitors suffered as a result.

Integrated Writing – Listening:

Now listen to the part of the lecture on the topic you just read about.

Integrated Writing – Question:

Directions: Give yourself 20 minutes to plan and write your response.

Your response is judged on the quality of the writing and on how well it presents the points in the lecture and their relationship to the reading passage. Typically, an effective response will be 150 to 225 words.

You may view the reading passage while you respond.

Summarize the points made in the lecture.

Be ensure to explain how they cast doubt on the specific points made in the reading passage.

リスニング内容の要点をまとめる必要があるので、いかに効果的にメモを取れるかが高スコアの鍵になります!

Independent Writing の過去問

「Independent Writing」は、その名の通りライティングスキルのみを図る形式です。以下に概要をまとめたので確認してください:

内容エッセイ形式
出題形式1. 賛成反対形式
2. 選択形式
3. 二択形式
制限時間30分
文字数300字以上

主張に対して、一貫性のある論理的な文章を組み立てることが重要です。

英語力のみならず、母語のロジカル・シンキング能力も高スコアを取得するためには必要になります!

まずはそれぞれのパターンの例題をみてみましょう。

パターン1. 賛成・反対形式

Independent Writingで頻出の形式ですね。どちらか一方の考えに賛成し、説得力のある主張を構成する必要があります。

中立的な意見ではなく、支持するアイデアを明確にして書き出しましょう:

Do you agree or disagree with the following statement?

“Overall, the widespread use of the internet has a mostly positive effect on life in today’s world.”

Use reasons and details to support your opinion.

パターン2. 選択形式

複数の選択肢から、自分にとって最適だと思うものを選ぶ形式です。

自分の過去の経験を参考にしながら、具体例が書きやすいものを選ぶと良いでしょう:

When you face difficult problems in life, what do you feel is the best way to solve them?

・asking someone with more experience for advice about the problem
・finding information about the problem using the Internet
・taking a long time to think about the problem

Use specific details and examples in your answer. Do not use memorized examples.

パターン3. 2択形式

「Preference」に関して聞かれる質問です。

上記と同じで、説得力のある主張を展開できるか、具体的な経験があるか、の2点からライティングすると良いです:

Some people like to travel with a companion. Other people prefer to travel alone.

Which do you prefer? Use specific reasons and examples to support your choice.

模範回答

上記で挙げた例題を参考にした模範回答も紹介します。

Integrated Writing:

以下が解答例です。5段階評価で「4」スコアに換算すると「22~23点前後」です:

In the reading, the author claims that the “let it burn” policy was very damaging significantly when it happened in Yellowstone park by pointing out three reasons for support. However, finding this claim questionable and implausible, the lecturer totally repudiates the claim and presents some evidence to the contrary.

At first, the author argues that Yellowstone fires caused a huge amount of damage to the park’s trees vegetation. Smaller plants were completely damaged. On the other hand, the lecturer brings up the idea that the Yellowstone fires caused diversity in the vegetation. For example seeds of plants were in a good situation to grow in a high level of temperature.
In addition, the reading holds the view that the destruction of habitat and eliminate food chains threatened the park wildlife. Conversely, the lecturer disputes this point by clarifying the fact that the Yellowstone fire helps the existence of new small plants habitat which could grow in the shade of fallen trees and created a new opportunity for some animals like rabbits and herd to feed on this small plants. The lecturer explains that predators feed on these animals and as a result, a new food chain had formed.

Finally, the author asserts the tourism industry was threatened as the last point for supporting the changing of the “let it burn” policy. The lecturer, though, dismisses it by pointing out that if this event had happened every day, the claim was true but the reason for decreasing tourism at that year was because of low rainfall and strong wind and some other natural disaster. As he stated, the year after that, visitors came back so tourists and the local economy based on tourism increased year by year.

Independent Writing:

上記で挙げた「賛成/反対形式」の解答例です。スコアは5段階で「5」になります:

Most people agree that modern technology affects society in many different ways.  In my opinion, access to the Internet is enormously beneficial to both individuals and communities as a whole.  I feel this way for two reasons, which I will explore in the following essay.

To begin with, online investigative reporting helps to expose political corruption and keep politicians honest.  In the past, there were only a limited number of news outlets, which often had deep connections to powerful politicians. As a result, they were extremely hesitant to criticize them. These days, however, there are many independent publications on the Internet that are willing to expose political misbehavior.  For example, an online magazine recently published a story revealing that the mayor of my hometown had taken bribes from a property developer. The report was so detailed and well-researched that the mayor had no choice but to resign. Although the evidence was not difficult to locate, only this independent website was willing to write about it.  This example demonstrates how the Internet helps to strengthen democracy in the modern world.

Secondly, people are more motivated than ever to become politically active because they can freely exchange ideas online.  In countries all over the globe, people use social networking services to share their ideas and opinions. While in the past people might have thought that they were alone in their beliefs, today they realize that others share their ideas. My own experience demonstrates this concept.  When I was a university student, I learned that a municipal park near my apartment was going to be demolished to make room for a massive parking lot. This bothered me a lot because I enjoyed spending my free time in the park. At first, I thought that there was nothing that I, as an individual, could do to stop this from happening.  However, I later joined a Facebook group dedicated to opposing the plan. When the members of the group learned how many people in the city loved the park we were happy to get together and enthusiastically protest in front of the city hall until our voices were heard. I am convinced that finding each other on that social networking platform gave us the courage to actively protect our park.

In conclusion, I strongly believe that the Internet has a positive effect on our lives.  This is because online journalism strengthens our democracy and because social networking sites encourage people to be get involved in local politics.

ライティング過去問の解説

さて、問題はいかがでしたか。

最初からライティングが上手にできる人はいません。重要なことは「どこが悪かったのかを分析して次に活かして改善を続けること」です。

ライティング経験がない場合は、最初のうちは模範回答をそのまま書き写してもいいでしょう。

とにかく、アウトプットスキルは、実際にアクションを起こすことでしかレベルアップしません。

「書きたくない…」「面倒くさい…」気持ちが強くなる前に、どんどん書きましょう!

さて、勉強の手順のおさらいです。一度書いたものは、必ず分析して次に活かしていきましょう。

  • 手順1:ライティング
  • 手順2:採点基準を元に添削
  • 手順3:フィードバックをもらう
  • 手順4:もう一度ライティング
  • 手順5:手順1 – 4を最低3回は繰り返す

英語でライティングをすることに抵抗感がある場合は、日本語でライティングしましょう。

ポイントは論理構成の型は変えずに、一貫性のある主張を組み立てることを意識することです。

アウトプットの型を身につけよう

ライティングを攻略するコツは、アウトプットの型を身につけることです。

ゼロから全て英語で書き出すことは、とても難しいですよね。

そこである程度決まったテンプレートに落とし込んで、ライティングをすることで安定したスコアが取得できるようになります。

以下にライティングのコツをまとめたので、参考にしてください:

ライティングは基礎的な文構成を学ぼう

Integrated Writingにせよ、Independent Writingにせよ、基礎的な文章構成はどちらも以下の通り同じです:

  • 導入(イントロダクション)
  • ボディ(主張 + 理由 + 具体例)
  • コンクルージョン(結論)

また、それぞれの文章は「トピックセンテンス」「サポートセンテンス」の2種類から構成されています。

「トピックセンテンス」は、その名の通り文章のキーポイントとなる主張です。

そして「サポートセンテンス」では、トピックセンテンスに説得力を持たせるための理由や具体例を中心に書きたします。

例えば、今回紹介した過去問を元にすると以下のようにな部分です:

トピックセンテンス
・オンライン調査は政治の透明性を高めることができる(主張)

サポートセンテンス
・オンライン上に独立した報道機関がたくさんできて、政治の不正を公表することが可能になった(理由)
・オンラインマガジンが市長のワイロ受領を公表した(具体例)

ライティングの基盤があり、その上で情報を付け足していく。そうすることで、ロジックのズレが少なくなり、明確なライティングができるようになります。

まとめると、ライティングは以下の3つのポイントを必ず抑えましょう:

  • 主張
  • 理由
  • 具体例

日本語で文章を書くときや、友人と話をしているときも上記の3点を意識してはなしてみるとより勉強になります!

最後に

ライティングは正しく振り返ろう

さて、今回の内容はいかがでしたか。

ライティングの勉強は「書きっぱなしで終わったら全く意味がない」です。

必ず一度書いたものは、客観的に分析して、どこを改善すればいいのかを理解して、改善していきましょう。

そしてフィードバックをもらうことも重要です。

最初は、どうやって書けばいいか分からないと思います。その原因は「圧倒的なライティングの経験値不足」です。

日本語でも論文を書いたことがなければ、まともな文章はかけませんよね。

そんな時は、すでに知識のある人から書き方を指導される方が、独学で学ぶよりも効率がいいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!何か困ったことがあれば、連絡してくださいね。

TOEFL対策で悩んでいる方もお気軽に相談してください!

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?