【Complex Sentence: 重文と複文】IELTSライティング文法対策

【Complex Sentence: 重文と複文】IELTSライティング文法対策

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLのルークです。

今日はIELTSのライティングの文法対策としてcomplex sentence「重文と複文」の使い方を解説します。

重文と複文は明確にスコアに反映されるよ

ライティングと文法対策

IELTSのライティングの4つの評価項目のうち25%が文法を占めています。

その中でもスコア7.0迄は「 重文と複文」 という表記が目立ちます。

文法セクションの対策では重文と複文が文法に間違いがなく使用されていることが必要なのです。

全てを重文、複文で書けばよいという意味ではないよ

重文と複文とは

文書のストラクチャは単文、重文、複文の3つに別れます。まずはそれぞれ確認しましょう。

  • 単文: S+V~の単一の節から成る文
  • 例: My brother is busy now.
  • 重文: and, or, butなどの等位接続詞で単文が接続している
  • 例: My dad is busy, but he goes to the library twice a week.
  • 複文: while, though, whenなどの従属接続詞で単文が接続している
  • 例: Knock the door when you get to my room.

対策1: 悪い例を知る

英語がComplex Sentenceと表示されているので、「長い文章、複雑な文章」を書くことと勘違いをしている生徒がいます。

実際に生徒が書いた悪い例を見てみましょう:

It is thought by some that making a big contribution to the society can sufficiently be done just by paying taxes, while others argue that other than paying taxes, and there are many more resposibilities which should be fulfilled by people as members of a society.

一つの文章に3つものアイデアが入っていることが問題です。結果として多くの文法間違いをおかしています。

長い文章、複雑な文章は高スコアと関係がありません。

むしろ文法間違いをしてスコアが下がるよ

対策2: 使用頻度をしる

では単文、重文と複文はどれぐらいの頻度で使用すれば良いのでしょうか。

  • 単文: パラグラフの最初でメインアイデアを示すとき
  • 重文と複文: メインアイデアの説明と例を挙げる時

その上でボディパラグラフのストラクチャと合わせて確認しましょう。

  • 1文目 – メインアイデア (単文)
  • 2文目 – メインアイデアの説明 (重文と複文)
  • 3文目 – 例 (重文と複文)

あくまでこれは一般論です。当然1文目のメインアイデアで重文と複文を使用することも可能です。

対策3: 良い例を知る

対策2に沿って、今度は上手な例を見てみましょう。問を以下で仮定します :

Students in many countries are encouraged to travel or work for a year before starting their university studies. Discuss the advantages and disadvantages for young people who decide to work or travel after finishing high school and starting education in a university.

重文と複文が使用されているパラグラフをみてみましょう。

An advantage of working during high school is the gaining of valuable experience. When young people decide to work during their high school, they will get accustomed to the work environment and know several expertise and skills upon which they can build their future. In this way, it can be assumed that they will be more than ready for any future work. For example, my brother preferred to work when he was at high school level with the aim of learning new skills. Upon completion of high school, he easily found a suitable job and impressed the employers with his experience.

色は以下の意図で分けています :

  • メインアイデア: 青字
  • メインアイデアの説明: 黒字
  • 例: 赤字

青字のメインアイデアをシンプルな単文で表現していますね。続くアイデアの説明と例は、

  • when
  • and
  • that

のような繋ぎ語をしようして重文と複文を使用して表現しているのが確認できます。

パラグラフが有効活用されている印象を持つね

対策4: 関係詞節

関係詞節を使うことで人、モノ、情報の追加の説明を複文ですることができます。 流暢で一貫性のある文章のイメージを与えることが可能です。

  • The World Wide Web has become an essential part of our lives.
  • It was invented by Tim Berners-Lee.

上の2つの文章を関係詞節を使用して1つにしてみましょう。

Tim Berners-Lee invented the World Wide Web, which has become an essential part of our lives.

対策5: 仮定法

パラグラフの冒頭で示すメインアイデアがある一定の条件下のみで機能する際や、前文に対して条件を示す際に使用します。

問:
Some people think mothers spend most of their time raising their children, and therefore the government should support them.

ライティングが8.0だった人のパラグラフをみてみましょう。

There are still women who are in dire need of government’s support. In some rural areas which are not developed, women still take up only the role of mothers. They may not be well educated and therefore cannot support themselves and the situation would be worse if she is divorced or a widow. In this case, women should be supported financially. For instance, a village near Ozu city in Ehime receives a funding to support all the mothers with 50,000 yen monthly. Consequently, the women and her children are now developing and becoming successful. Thus, few women should be supported by the government.

ifによって前文の条件を絞り込んでいるね

まとめ

重文と複文はどこでも使用しなければいけないわけではないです。

一方でアイデアの解説や例を挙げる所では使用しやすいので使う事をオススメします。

重文、複文には「長い文、複雑な文」といった意味はまったく含まれていないです。

英語の「今まで」と「これから」

最短で伸ばすならSolo

SoloはIELTSのスコアを最短で伸ばします。

自分だけで学習できる自信がない人は是非一度カウンセリングに来てみてね。

弊社のIELTSのプロ講師たちが待ってるよ。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?