TOEFL iBTとITPってどれくらい難しいの?スコア解説と難易度説明

TOEFL iBTとITPってどれくらい難しいの?スコア解説と難易度説明

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLのルークです。

今日はTOEFL iBTとITPいう英語テストの概要とスコアについて説明します。

この記事を読むとiBTとITPの違い、自分が目指すべきスコアが分かるようになります

TOEFL iBTとITP

TOEFLはTest of English as a Foreign Languageの略でアメリカのETSという機関によって運営されています。

TOEFLには個人で申し込むiBTと団体申込みのITPと2種類あります。

iBTはリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4つのセクションからなりたっている0-120満点のテストです。

ITPはリーディング、リスニング、ストラクチャーの3つのセクションから成り立っています。ITPはレベル1とレベル2の2種類テストがあり、それぞれ310-677満点 / 200-500点満点のテストです。

他にもPBTやCBTというのがありましたが現在は日本では廃止されています。

料金はiBTが235米ドル、ITPが団体の数により変わり、2430-4200円の間です。

iBTが高くて受けれないという意見をよく聴きますね

iBTとITPの違い

iBTは海外の大学、大学院(MBA含む)に留学する際に必要となります。一方でITPは国内の大学のクラス分け、単位認定、カリキュラム測定などの目的で使用されることが多いです。

海外を目指す人はiBTを、国内の大学生の実力測定としてのITPというイメージです。

迷っている人はiBTを目標に据えると良いですよ

ライティングとスピーキングがきちんと測定できること、グローバルスタンダードの英語力を測定できるためです。

将来的に海外進学を考えているときにも多くの生徒がTOEFLで苦しみます。

少しでも頭に海外進学の選択肢がある人は早めに取り掛かりましょう

iBTとITPの難易度

iBTもITPもリスニングとリーディングの出題内容はどちらも似ていますが、iBTの方がコンテンツが長いため難易度は高いです。

例えばリスニングにおいては、iBT、ITP両方ともレクチャー形式と会話形式から成り立っています。ITPでは2-3文聞いて1題答えるのに対して、iBTでは2-3分の会話を聞いて連続して5問に答えるといった具合です。

リーディングもITPはiBTのそれと比べて短くなっていますね。それぞれETSのサイトからサンプル問題が解けますよ 🙂

iBTで対策をするとITPは簡単に感じると思います

TOEFL iBTの概要

ここからはTOEFL iBTに関して詳しくみていきましょう。全4セクションは以下の流れで進んでいきます。およそ3時間のテストになっています。

リーディングとリスニングの時間が一定でない理由は、ダミー問題と呼ばれる採点されない問題が入っている可能性があるためです。テストを改善させるための目的のもとダミー問題を入れているようです。

テストの難易度は?

TOEFL iBTの難易度は平たくいうと英検1級ぐらいです。各セクションを英検1級と比較すると以下のような感じです。

  • リーディング: TOEFL = 英検1級
  • リスニング: TOEFL > 英検1級
  • ライティング: IELTS = 英検1級
  • スピーキング: IELTS = 英検1級

語彙問題は英検1級の方が難しいですが、純粋なリーディングは時間制限を考えるとTOEFLの方が難しいです。ですので総合して同レベルとしました。

iBTは極めてリスニングが難しいと感じる人が多いようです

TOEFL iBTが使える国は?

アメリカ進学はTOEFL iBTだと勘違いしている人が多いです

現在は世界中のどこの国でもおよそTOEFL iBTもしくはIELTSのどちらでも進学することが可能です。

ただしイギリスにおいてはまだまだIELTSのみと制限をかける大学がありますので、学校を絞り切れていない場合はIELTSにしておく方が無難です。

ちなみに以下がアメリカ英語とイギリス英語の世界分布図です。世界的にはイギリス英語が主流ですね。現にIELTSの受験者数はTOEFLの5倍以上です。

目指すべきスコア

当然希望する進学先によって目指すべきiBTのスコアは変わってきます。大きく分かれるのが61点、80点、100点になります。

アメリカのコミュニティカレッジがおよそ61点、80点とれば全米の7割の大学に、100点とれば全米9割の大学に進学可能です。

自分が必要なスコアを「大学名、international student、English Requirement」でググルと必要な情報がでてきます。

ちなみに110点とれば全世界のTOEFLの入学基準は満たせますね

他のテストとの換算表

TOEFLを他の英語テストと比べた有名な換算表が以下です:

弊社の生徒を参照にした、以下が一般の人に伝わりやすいスコア概算です。

  • 英検2級で7割: TOEFL 40-50点
  • 英検2級で9割: TOEFL60点
  • 英検準1級で7割: TOEFL70点
  • 英検準1級で9割: TOEFL80点
  • 英検1級で7割: TOEFL95点
  • 英検1級で9割: TOEFL105点

目標が定まっていない人はまずは全セクション20点ずつ合計80点を目指すと良いです

TOEFL iBTで伸び悩んでいる人は遠慮なく私に相談してくださいね。

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?