【多肢選択問題と音源】IELTSリスニング教材と対策

【多肢選択問題と音源】IELTSリスニング教材と対策

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLのルークです。

この記事ではIELTSのリスニングセクション多肢選択問題の解説をします。

答えが複数ある可能性がある形式です

IELTSリスニング対策

IELTSリスニングの各パートの概要です。

  • パート1: 日常会話
  • パート2: 日常、社会で遭遇する場面
  • パート3: 教育現場
  • パート4: 講義

IELTSのリスニングは全部で10の問題形式があります。

  • 要約完成問題
  • メモ完成問題
  • 文章完成問題
  • フォーム記入問題
  • テープル完成問題
  • フローチャート完成問題
  • 多肢選択問題
  • 地図
  • ダイアグラム
  • ショートアンサー

多肢選択問題は、他のタイプのリスニング問題とは大きく異なります。

最も大きな違いは、選択肢が長いのでリーディングスキルが必要であるという点です。

生徒がひっかかりやすいタイプの形式の一つです

リスニング: 多肢選択問題

以下の画像はIELTSリスニングのパート2で出た多肢選択問題のサンプル教材です。

選択肢を選ぶことで文章を終わらせるタイプの問題ですね。

このタイプの特徴として選択肢が別々に音源で流れてくることがあります。

例えば選択肢Cに関して述べられた後にAについて述べられるといった形です。

多肢選択問題対策

IELTSリスニングの多肢選択問題は、図表の完成問題と違い集中するポイントが異なります。

以下が多肢選択問題を解く際のカギになります。

  • 答えが複数ある場合がある
  • 全てのポイントについて話される
  • 多くの場合音源をパラフレーズ
  • 答えの選択肢が似ている場合が多い
  • 選択肢のキーワードの違いに着目
  • 選択肢の違うキーワードに線を引く
  • 答えだと思うものにチェックを入れつつも最後まで選択肢を捨てずに聞く
  • 選択肢がバラバラに音源で話されるため
  • 前セクションを引きずらない
  • 最初に聞こえるキーワードは間違いである確率が高い
  • butとhoweverに注意する
  • アルファベットが答えである場合が多い

パラフレーズや逆説でひっかけてくるので最後まで集中しましょう

多肢選択の教材と音源

それではIELTSのリスニング多肢選択問題の教材の音源を聞いて実際に解いてみましょう。

今回はリスニングパート3でのサンプル教材です。

Questions 21-23
Choose the correct letter, A, B or C.

21 Tom has applied for a
A full-time course.
B part-time course.
C foundation course.

22 What is Tom supposed to do before the course begins?
A write an essay
B prepare a portfolio
C do a presentation

23 What does Tom suggest?
A making up a lesson
B writing a report
C having a trial class

解答

  • 21: B
  • 22: A
  • 23: C

トランスクリプト

以下が音源のトランスクリプトになります。

TUTOR: Hello, what can I do for you?
TOM: I visited here last month because I wanted to talk to someone about taking a marketing course.
TUTOR: You’re in the right place. I’m one of the tutors, so I should be able to assist you.
TOM: Oh, thanks. My name is Tom Daniel. I’ve decided to apply for a place on Q21 a part-time course. A friend of mine took one last term, and recommended It to me. TUTOR: It’s great.
TOM: Is there anything I should do before taking the course, like coursework or preparing a portfolio?
TUTOR: We gave out a reading list and handbook on induction day. We’re helping current students to Q22 write a case study and an essay. The word count is over 5,000 words each but these will be handed out next term.
TOM: OK, I see. Anyway, could I have Q23 a teaching session or trial lesson?
TUTOR: Sure, I’ll contact the tutor and ask about your request.
TOM: Thanks, could you tell me about the college facilities as well, please?

まとめ

IELTSのリスニングセクション多肢選択問題の特徴は理解できましたか。

次の記事:

多肢選択肢はパラフレーズや逆説を使用して受験者をひっかける事が容易な形式です。

最初に出てくるキーワードに飛びつくのではなく、選択肢の答えを最後まで捨てずに聴ききりましょう。

英語の「今まで」と「これから」

最短で伸ばすならSolo

SoloはIELTSのスコアを最短で伸ばします。

自分だけで学習できる自信がない人は是非一度カウンセリングに来てみてね。

弊社のIELTSのプロ講師たちが待ってるよ。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?