【テーブル完成問題と音源】IELTSリスニング教材と対策

【テーブル完成問題と音源】IELTSリスニング教材と対策

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLのルークです。

この記事ではIELTSのリスニングセクションテーブル完成問題の解説をします。

テーブル問題はどのパートでも出現します

IELTSリスニング対策

IELTSリスニングの各パートの概要です。

  • パート1: 日常会話
  • パート2: 日常、社会で遭遇する場面
  • パート3: 教育現場
  • パート4: 講義

IELTSのリスニングは全部で10の問題形式があります。

  • 要約完成問題
  • メモ完成問題
  • 文章完成問題
  • フォーム記入問題
  • テープル完成問題
  • フローチャート完成問題
  • 多肢選択問題
  • 地図
  • ダイアグラム
  • ショートアンサー

テーブル完成問題は、フォーム記入問題と似ているようで少し違います。

最も大きな違いはテーブルを見たときに並行に問題番号が進むのか、垂直に進むかです。

リスニングの音源を聞くときに目を並行か垂直に動かすかが変わります。

下記のサンプルは並行に問題が進んでいますね

リスニング: テーブル完成問題

以下の画像はIELTSリスニングのパート1で出たテーブル完成問題のサンプル教材です。

問題番号が並行に移動しているのが確認できますね。

テーブル中のキーワードが並行順に音源にて出現してきます

テーブル完成問題対策

IELTSリスニングのテーブル完成問題は音源を聞きながら下線の穴埋めをしていく形式です。

以下がテーブル完成問題を解く際のカギになります。

  • 並列か垂直のどちらのテーブルか把握する
  • 同列では同じ品詞の形が答えであることが多い
  • テーブル中のキーワードに線をひく
  • キーワードが音源で流れてくるのを鍵にどの問題に答えるか把握する
  • m, cm, hrsなどの省略の記入に気を付ける
  • 答えをあらかじめ予想する
  • 答えは常識の範囲であることが多い
    (例: 飛行機1000ポンド / 電車9___となっていると90ポンドがおよその答え)
  • 問題の指示文を必ず読む
  • 字数制限は必ず守る

並列または垂直の問題かにまずは焦点をあてましょう

テーブル完成の教材と音源

それではIELTSのリスニングテーブル完成の教材の音源を聞いて実際に問題を解いてみましょう。

今回はリスニングパート4でのサンプル教材です。

Questions 31-35
Complete the information in the table, using NO MORE THAN THREE WORDS for each gap

今回は垂直のテーブルでしたね

解答

  • 31: Great Britain
  • 32: north and west
  • 33: lakes
  • 34: coastline
  • 35: food processing

パート4のテーブルはパート1のテーブルよりも難しいですね

トランスクリプト

以下が音源のトランスクリプトになります。

Presenter: Welcome to this introductory lecture on the geography of the United Kingdom. The UK, with a total population of over 60 million, consists of Great Britain and Northern Ireland. Q31 Great Britain comprises England, Scotland, and Wales. England is the largest country of the UK, with some 52 million people. It is mainly a lowland country, with some upland areas in the Q32 north and west. The capital is London with about 7 million people. There are many manufacturing industries and farming is widespread, but the economy is increasingly service-based, and London is one of the world’s leading centres for banking, insurance and other financial services. High-tech industries have replaced many of the more traditional ones. In Scotland, 5 million people live in an area not much smaller than England. The country boasts vast open spaces and is one of the last areas of unspoiled natural beauty in Europe, featuring mountains, lochs – that is ‘ Q33 lakes’, and glens – that is Valleys’. Modern industries including oil, electronics and biotechnology, as well as more traditional industries such as fishing and forestry, drive the economy. The largest city is Glasgow, but the capital is Edinburgh. Wales is home to 3 million people, and its geography is characterised by Q34 coastline, mountains and lakes. Cardiff is the capital and largest city. Key industries include electronics, auto components, Q35 food processing, health care, and professional services. More Japanese companies have set up shop in Wales than anywhere else in Europe. About 1.6 million people live in Northern Ireland, the capital of which is Belfast, the largest city. Residents enjoy beautiful countryside. Many new hotels are springing up to cater for increasing numbers of tourists and business travellers.

まとめ

IELTSのリスニングセクションテーブル完成問題の特徴は理解できましたか。

次の記事: 【フローチャート完成問題と音源】IELTSリスニング教材と対策

並列か垂直のどちらのテーブルかを把握してから、同列の単語がどんなものかを見る。

その上で答えを推測してから音源を聞くことがポイントになります。

英語の「今まで」と「これから」

最短で伸ばすならSolo

SoloはIELTSのスコアを最短で伸ばします。

自分だけで学習できる自信がない人は是非一度カウンセリングに来てみてね。

弊社のIELTSのプロ講師たちが待ってるよ。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?