マギル大学の特徴と進学方法を紹介

【海外進学】マギル大学の特徴と留学方法を紹介 (McGill University)

こんにちは、SOLOのルークです!

英語を軸に、海外進学をされる方をサポートしています。

今回の記事では「マギル大学の特徴と進学方法」を紹介します。

マギル大学は仮合格制度がなく直接進学のみが入学方法となります。日本にいる時から高い英語力と良い成績を維持しておく事が合格のためには大切となります!

それでは、詳しく見ていきましょう。

マギル大学

まずは、マギル大学の基本的な情報を見てみましょう。

都市モントリオール
生徒数32,309人
男女比率40:60
留学生比率30%
教授&学生比率1 : 12.5
コース期間4年
出願資格(英語)IELTS 6.5 or TOEFL 90点
世界インパクトランキング101-200位
世界評価ランキング31-54位

マギル大学はカナダを代表する研究集約型大学となり、国内および国際的な研究・技術イニシアティブの発展のための重要なパートナーとなる。そして世界を席巻する社会的に意義のある研究を推進するために研究環境づくりのリーダーとな」というビジョンを掲げ運営されています。

生徒数は3万人強と、カナダでは中規模です。また、女性が6割と男性よりもかなり多くなっています。留学生比率は、他国と比べると低めですが、カナダの中では若干高めです。

世界的に評価の高い学科に「鉱物採掘、ITマネジメント、解剖学と物理、言語学、英文学、医学、教育」です。また、特色のある学科に「バイオテクノロジー、寄生虫学、イスラム学、ユダヤ学」などがあります。

出願に必要な英語の資格は、IELTS6.5またはTOEFL90点です。

学費

マギル大学の2023年度の学費です。

学費(年)26,430 – 48,437 CAD

マギル大学の学費は、2023年2月現在のレートで年間およそ260-479万円です。

こちらは、一年間の学費ですのでご注意ください。マギル大学の学費は、カナダの上位大学の中では割安です。

※ 医学部に限っては、年間59,040CADかかりますのでご注意ください。

ランキング

次に、世界ランキングをみてみましょう。

2023年
QS31位
The Times46位
U.S.News54位

マギル大学の世界ランキングは、大学格付け機関QS 31位、The Times 46位、U.S.News54位です。格付け機関により、評価方法が異なります。

QSのランキングは「学界での評判(30%)、論文被引用数/教員数(20%)、ビジネス界での評判(15%)、学生数/教員数(10%)、留学生比率(5%)、外国人教員比率(5%)、国際研究ネットワーク(5%)、雇用の成果(5%)、持続可能性(5%)」の内訳にて評価されています。

The Timesのランキングは「教育(40%)、研究(30%)、論文被引用数(30%)、国際性(7.5%)、企業からの収入(2.5%)」の内訳にて評価されています。

U.S.Newsのランキングは「卒業・留年率(22%)、学部評価(20%)、教員資源(20%)、学生一人当たりの財源(10%)、卒業実績(8%)、学生の成績(7%)、卒業後の負債比率(5%)、社会的流動性(5%)、卒業生評価(3%)」の内訳です。

ロケーション

次にマギル大学が位置するロケーションをみてみましょう:

大学のキャンパスは2か所にあり、メインキャンパスはモントリオール市内に位置しています。日本からモントリオールまでの直行便で約12時間です!

大学の授業は全て英語で行われ、キャンパス内の公用語も英語ですのでフランス語の必要性はそこまで高くありません!

マギル大学・大学院の進学方法

直接進学要件

マギル大学に日本の高校や大学を卒業後に直接進学する場合は、以下が進学要件となります:

資格学部修士
IELTS6.56.5
TOEFL90点86点
成績 (GPA)
(出願最低値)
5段階4.3以上が目安3.2以上
規程テストN/AGRE

マギル大学へは「英語資格」「成績」の2点を提出する事で、日本の学校を卒業後に進学をする事が可能です。出願要件は、おおよそどこのカナダの大学でも同じです。

英語の出願基準は、IELTS6.5またはTOEFL90となっています。

IELTSに関しては、カナダの他の大学と同等の基準です。TOEFLは、他大学が83-90ぐらいだと考慮すると、高めだと言えます。

とはいえ、IELTS6.5はTOEFL90程度と同等のレベルです。思い込みでテストを選ぶのではなく、自分に合ったテストを選ぶようにしましょう。

IELTSとTOEFLの比較は、以下を参照にして下さい。

学校の成績(GPA)に関しては、高ければ高いほど有利です。出願におけるGPAの最低基準は定められていないため、積極的に出願してみましょう。

とはいえ、やはり合格者の大半は、90%以上(5段階4.5以上)の成績をおさめられています。成績が悪い人におすすめなのが、WESというサービスです。

これは、成績の信用評価機関で、日本式のGPA換算から北米式のGPA換算へ変換してくれます。私の体感では、9割以上の学生が成績を大幅にアップすることができます。GPAに自信がない人などは、積極的に活用してみると良いでしょう。

まとめ

最後に今回の記事のポイントをまとめておきます:

  • 世界大学ランキング31-54位
  • 年間の学費は260-479万円
  • 出願にはIELTSまたはTOEFLが必要

マギル大学の特徴と進学方法については理解できましたでしょうか。

興味がある方は、下記の動画でキャンパスツアーをしてみましょう。

自分が実際にキャンパスにいることをイメージすると、より海外留学をする実感をえられるのではないでしょうか。

その他の海外大学が気になる方は、下記にまとめていますのでご参照下さい。

英語スコアを取得しないことには、海外大学へは出願することができません。先に志望校を絞り込みすぎるのではなく、英語力を上げながら、志望校を絞っていくとをオススメします。

最後に、弊社は海外進学を志す方に、IELTSとTOEFLをオンラインで専門的に教えています。弊社で英語学習をしている学習者の方には、無償で海外進学のサポートも行っています。私で宜しければ、いつでもご連絡ください!

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?