IELTSライティング対策|6.0以上に必須のパラフレーズの仕方を解説

IELTSライティング対策|6.0以上に必須のパラフレーズの仕方を解説

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLのルークです。

今日はIELTSのライティングのパラフレーズの仕方を徹底解説します。

パラフレーズは6.0以上を取るため必ず必要です。タスク1と2に分けて紹介します。

IELTSライティングのパラフレーズ

まずは IELTSのライティングにおけるパラフレーズの概要について理解しましょう。

パラフレーズとは、他の言葉で元々の文や一節を言い換えることです。

パラフレーズはなぜ重要なのでしょうか?

語彙力を判定

IELTSのパラフレーズでは「語彙力」が 評価されます。 語彙力は全体の25%の評価を占めます。

  • (TA) Task Achievement – タスク達成度 25%
  • (CC)Coherence & Cohesion – 内容の一貫性 25%
  • (LR)Lexical Resource – 語彙力 25%
  • (GRA) Grammatical Range and Accuracy – 文法 25%

語彙といっても 具体的に何を評価されるのでしょうか?

適切な単語選択 / 複合語 / 類似語 / 難易度の高い単語の使用

パラフレーズはこの中で、 適切な単語の選択、 類似語の2点にあたります。

各スコアの語彙評価

各スコアにおける語彙の評価説明を見てみましょう。

スコアが上昇するにつれて、

  • Minimum range
  • Adequate range
  • Sufficient range
  • Wide range

表記が上記のように変わっていきます。

6.0以上においては語彙力を証明することが大切だとわかります。

タスク1のパラフレーズ

タスク1のパラフレーズは導入部分、 パーセンテージ、数値の部分で可能です。

The graph below shows population figures for India and China since the year 2000, and predicted population growth up until 2050.

これは タスク1の実際の問です。導入部分で問をパラフレーズをする必要があります。

パラフレーズしたのが 以下になります。

The image provided numbers regarding the amount of citizens in two nations, China and India, starting in the year 2000 through the future year of 2050.

Task1の書き方をしりたい人は以下のブログを参考にしてください。

IELTSライティング書き方】 Task1例題と6.0の添削

練習問題

The charts below show the reasons why people travel to work by bicycle or by car.

上記の赤字の部分に注目してパラフレーズしてみてください。

どんなパラフレーズができたでしょうか?

These graphs display why commuters arrive at their place of work on their bike or in their car.

タスク1の役立つパラフレーズ

タスク1で役立つパラフレーズを詳しく紹介していきます。

パーセント

  • seven out of ten – 70%
  • two fifth – 40%
  • Just under a third – 30%
  • a fifth – 20%
  • one in ten – 10%
  • from two fifth to less than a fifth – from 40% to 15%
  • halved – dropped by half

おおよその値

  • Just over a fifth – around 22%
  • slightly less than a quarter – 23%
  • approximately half – 48%
  • a large number of – around 70%
  • a significant proportion of – around 80%
  • a small minority of – around 5 to 10%
  • a small number / amount of – around 5 to 10%

Task2のパラフレーズ

まず問を読みます。読む中でキーワードに線を引っ張ります。


Unemployment is one of the most serious problems facing developed nations today. What are the advantages and/or disadvantages of reducing the working week to thirty-five hours?

皆さんはどこに線を引っ張りましたか?
理想は以下のようになります。

Unemployment is one of the most serious problems facing developed nations today. What are the advantages and/or disadvantages of reducing the working week to thirty-five hours?

パラフレーズをしてみましょう。

  • unemployment = lack of jobs
  • serious problems = grave issues
  • developed nations = industrialized countries
  • working week = professional schedule
  • advantages and/or disadvantages = pros and/or cons
  • Facing = confronting
  • Reducing = lessening

気づいた人もいるかと思います。

パラフレーズは、主に名詞と動詞に着目します。

実際に練習してみましょう。

練習問題

Nowadays, many schools are using computer games to teach lessons to many children inside and outside the classroom. What are the negative and positive effects of using computer games in education and what can be done to minimise the negative effects?

いくつパラフレーズできたでしょうか?
上記の問いの中でパラフレーズできるものは以下になります。

  • nowadays = in modern times
  • schools = academic institutions
  • computer games = electronic activities and exercises
  • lessons = courses
  • inside and outside the classroom = at school and at home
  • negative and positive effects = good and bad impacts
  • education = academic development
  • using = employing
  • teach = instruct
  • can be done = solution
  • minimise = reduce

タスク2の役立つパラフレーズ

自分の意見

  • My frank and honest opinion is that…
  • It is my firm belief that…
  • I’m inclined to believe that…

因果関係と解決策

  • One possible quick fix could be…
  • The key to unraveling the issue is…
  • The origins of the problem can be found in…
  • The genesis of the issue is actually…
  • The aftermath has involved…
  • There are legitimate repercussions, including…

まとめ

いかがだったでしょうか?これでパラフレーズは大丈夫です!

注意点としては、上記の例題のように全てリフレーズ する必要はありません。

無理にパラフレーズをして間違いをおかすことを第一に避けるべきです。 減点されるためです。

英語の「今まで」と「これから」

最短で伸ばすならSolo

SoloはIELTSのスコアを最短で伸ばします。

自分だけで学習できる自信がない人は是非一度カウンセリングに来てみてね。

弊社のIELTSのプロ講師たちが待ってるよ。

Solo IELTS TOEFLサポートページ

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?