【IELTS】アカデミック・ジェネラルの試験の違いと難易度を解説

IELTSアカデミックとジェネラルの試験の違いと難易度を解説

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLのルークです。

今日はIELTSのアカデミックとジェネラルモジュールの試験の違いとその難易度について解説します。

まずは自分にどちらが必要かを把握することが大事だよ

IELTS試験の種類

IELTSはアカデミックとジェネラルという2つの種類があります。 学習者の目的に応じて受験する試験が変わります。

  • アカデミック – 海外大学進学目的
  • ジェネラル – 移住目的

海外で学ぼうとする人、移住しようとする人たちがきちんと英語を使用できるかを証明するための試験ですね。

受験者の内訳

全受験者のおよそ76%の人がアカデミックを、24%の人がジェネラルモジュールを受けています。

世界的には大部分の人が進学目的で受講するんだね。

試験内容の違い

IELTSは4つのセクションから成り立っています

  • ライティング
  • リーディング
  • リスニング
  • スピーキング

アカデミックとジェネラルの試験内容の違いはライティングとリーディングのみです。リスニングとスピーキングは同じです。

ライティングの違い

AcademicとGeneralのライティングに違いを下の図で確認してみましょう。

図表はの読み取りとは、チャート、グラフ、地図を見てそれらのデータを客観的に説明することだよ。

手紙は、友達、上司、会社宛、謝罪などを書くことです。こちらも問のパターンがバラエティにとみます。

AcademicとGeneralでのライティングの詳しい試験内容は以下の記事を確認して下さい。

【ライティングタスク1の違い】IELTSジェネラルとアカデミック

リーディングの違い

リーディングの違いを下の図で確認してみましょう。

ジェネラルではより生活に身近なテーマが扱われているね

AcademicとGeneralでのリーディングの詳しい試験内容は以下の記事を確認して下さい。

【リーディング問題の違い】IELTSジェネラルvsアカデミック

難易度の違い

試験内容自体はリーディングとライティングが違うことを確認しました。次に 難易度の違いを見てみましょう。

  • リーディング: アカデミック > ジェネラル
  • ライティング: アカデミック = ジェネラル

リーディングに関してはアカデミックの方が内容自体は難しいと言えます。

しかし、IELTSのリーディングは同じ人物がアカデミックとジェネラルを受けると同じスコアが出るようにできています。

リーディングスコア表

難易度が違うのに同じスコアになる理由は、求められる正答数がアカデミックとジェネラルで違うためです。

求められる正答数の違いが際立っているね

まとめ

アカデミックとジェネラルでは、リーディングとライティングの試験内容が違いました。

難易度においてはアカデミックリーディングが若干高いけれども、 求められる正答数が違うため、スコア自体は同じになるように作られているんですね。

試験内容の違い以上に、自分の目的に沿って受ける試験を選ぶことが大事です。

特にライティングは対策に時間がかかるので、 手紙を書く練習をするべきなのか、図表の読み取りの練習をすべきなのかを把握をしましょう。

英語の「今まで」と「これから」

最短で伸ばすならSolo

SoloはIELTSのスコアを最短で伸ばします。

自分だけで学習できる自信がない人は是非一度カウンセリングに来てみてね。

弊社のIELTSのプロ講師たちが待ってるよ。

Solo IELTS TOEFLサポートページ:

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?