IELTSスピーキンングスコア「7.0」対策と勉強法【実践問題つき】

IELTSスピーキンングスコア「7.0」対策と勉強法【実践問題つき】

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLのルークです。

今日は IELTSのスピーキング7.0を確実に目指す対策と勉強法を共有していきます。

本番までに時間がない人はスピーキングとリスニングに絞って学習することをオススメします。

スピーキングとリスニングは、対策が似ていてスコアが上がりやすいからです

IELTSスピーキング7.0超えの勉強法

IELTSのスピーキングセクションは、1カ月で1.0以上スコアアップ可能です。

各パート1-3の勉強法を紹介してから、7.0以上を取るための大切な以下3ステップを詳しく説明していきます。

  • ステップ1:発音習得
  • ステップ2:録音を中心に勉強
  • ステップ3:自分の意見を整理する

スピーキング概要

IELTSのスピーキングはパート1-3で成り立っています。 試験時間はおよそ15分です。

各パートの内容は以下のようになっています。

  • パート1:自己紹介・日常会話
  • パート2:1分から2分間のスピーチ
  • パート3:パート2から派生したディスカッション

おおよそ15分間、英語で話し続ける試験ですね

スピーキングの評価基準

スピーキングの対策をする前に4つの評価項目を見てみましょう。評価に合わせて対策を考えることが大切です。

  • 流暢さ・首尾一貫
  • 語彙力
  • 文法
  • 発音

それぞれが25%ずつで評価の対象となります。

発音よく流暢に話す訓練をすることで、4つの項目のうち2つを網羅できますね

スピーキング7.0の評価基準

評価の項目に沿って、スコア別に詳しい評価基準が定義されています。

スコア7.0がどういった評価基準なのか確認してみましょう:

複文を使用して長い文章を流暢に話すことが大切ですね

パート1対策

スピーキングのパート1は絶対に聞かれる3つのトピックがあります。

  • Work or Study
  • Hometown
  • Home

まずは3つのトピックに関する質問を完全に言語化しておくことが大切です。

Work or Study

Q1. Are you a student or are you working?

I’m currently a senior at X University, which is one of the top schools in Japan. Admission was incredibly competitive and I sort of burned out after enrollment.

Q2. Why did you choose to study that major?

I have a long-term interest in Accountancy, and also another reason could be because of accountancy itself, since I’ve found my personalities have changed in a positive way.

Q3. What do you do?

I’ve been working at an old language school as a teacher. In fact, this is my first job ever, I’m working really hard to contribute to the success of this prestigious school.

Q4. Why did you choose to do that type of work (or, that job)?

It’s because of job flexibility & my passion for teaching. To be more specific, this job let me give classes online and offers me alternatives to the typical nine-to-five work schedule, enabling me to find a better balance between work and life.

Hometown

Q1. What’s (the name of) your hometown?

Ehime is my hometown which’s a province located in the west of my country.

Q2. Is that a big city or a small place?

Actually, it is a middle-sized province with slightly more than 500,000 thousand people. It has a breathtaking view of picturesque landscapes with rolling mountains and greenish lakes.

Q3. Please describe your hometown a little?

My hometown is traditional. Tradition is preserved by a number of festivals celebrated by local people, and the locals and authorities preserve the historical sites for tourism and education.

Home

Q1. What kind of housing/accommodation do you live in?

For the past 18 years, I have lived in an apartment with my family. And I think if I can move out and start making a living on my own, I would try my best to have an independent place.

Q2. What do you usually do in your house/flat/room?

Well, definitely I’ll spend some me-time there. I study, I chill out by reading, drawing and dancing all by myself. Sometimes I also invite one or two friends to spend time with.

確実に出題される3つのトピックから網羅しましょう。

以下の記事ではパート1で役立つ表現をまとめました。参考までに呼んでみてください:

【絶対出る質問と役立つ表現】IELTSスピーキングパート1対策

その上で、徹底的にパート1を攻略したい人は以下を参考にしてください:

IELTS スピーキングパート1の例題100

パート2対策

IELTSのスピーキングパート2は1分間の準備時間が与えられた後に、1-2分間のスピーチを行います。

まず以下のようなトピックカードが渡されます:

Describe a subject you used to dislike but now have interest in

・what it is
・when you studied the subject
・why you didn’t like it before

and explain why you have interest in it now

その後、1分間のスピーチで何を話すかを考える時間が与えられます。

以下がパート2の対策のポイントとなります:

  • スピーチの「型」を覚える
  • 1分を使ってメモを有効活用
  • 想定できるトピックにおいて自分の意見を把握

スピーチの型を覚える

話し続けるためにはスピーチの型を覚えることが 一番良い対策です。型に当てはめることでストーリーが思い浮かぶためです。

以下がスピーキングのパート2のスピーチの型になります。

  • 導入
  • 過去
  • 描写
  • 意見
  • 未来

いかなるトピックも、上記の順でストーリーを構築して話すことができます。

より詳しく型について知りたい方は、以下の記事を参考にしてください:

【型で乗り切る2分スピーチ】IELTSスピーキングパート2対策

準備時間の活用方法

スピーチの準備の1分間を活用して、以下のようなメモを取りましょう:

  • 導入: English / hate / high school / fond of
  • 過去: feared / pressure in class / frustrated
  • 描写: English component difference
  • 意見: become easier / movies / articles / achievement
  • 未来: advisor / same issue / motivate

型の5つのパートで話すキーワードをで行きます。

録音して2分間話す

メモの取り方がわかったら、 実際に2分間続けて話せるか録音してみましょう。

これも何度か行うことで、 2分間がどれぐらいの長さなのかを確認します。

スマートフォンの録音機能を使用して、 サンプルの練習問題を解いてみてください。

録音したものを聞き返して自分の発音、文法、単語の誤用について改善することが大切です。

以下の記事は録音を活用して、独学でスピーキング対策をする方法を紹介しています:

【録音機能で独学する方法】IELTSスピーキングの練習対策

スピーキングのパート2の過去問70題は下記から参照してください:

IELTS スピーキング問題パート2対策| 過去問70題

パート3対策

IELTSのスピーキングのパート3はパート2から派生した4、5ほどの抽象度の高い質問がされます。

仮に上記の「Subject」に関するスピーチをしたとしましょう。パート3では以下のような質問が想定されます。

  1. What is the first subject learned by children in childhood?
  2. What methods can be applied to make math class more interesting?
  3. How do schools teach math in your country?
  4. What are the advantages and disadvantages of using a calculator?
  5. Do you think students should choose the subjects they like?

主張は「理由」「具体例」をセットで

意見の内容自体はなんでも構いません。

ポイントは以下のような表現を使用して理由や例をあげることです。

  • because
  • This is because
  • For example,
  • although
  • That being said
  • despite the fact that

問いには7つのパターンがあるので、それぞれに合った 答え方を知っておくと良いです:

【問題の答え方とモデルアンサー】IELTSスピーキングパート3対策

サンプル問題

Time management

  1. What is the main reason people cannot have enough time to do?
  2. How can people balance their time for working and their private life?
  3. Do people nowadays have more pressure time than before?
  4. Is it important for people to relax during the day?

Exciting Experience

  1. Can you compare some exciting activities people do now with activities people did 20 years ago?
  2. Why do some people enjoy doing dangerous sports?
  3. Do you think some dangerous activities should be banned?
  4. Let’s move on from exciting activities to people doing new things in general. Should people try doing new things?

パート3の例題を完全に網羅したい人は以下を参考にしてください:

IELTS スピーキング問題パート3対策| 過去問70例題

スピーキング対策3ステップ

上記では各パートの勉強法を紹介してきましたが、 スピーキング力全体を底上げするための対策が以下3ステップです。

  • ステップ1:発音と音声変化のマスター
  • ステップ2:発音は録音して取りなおす
  • ステップ3:各トピックの自分の意見を整理する

発音を綺麗にして自分の意見を知っておくということですね

まずは発音習得

IELTSにおいてというよりも英語学習において発音の習得は最も大事です。

特にスピーキングとリスニングにおいて大きな影響を与えます。

発音はダイレクトに評価項目です。

発音よりも中身というのはIELTSでは通用しません

基礎発音そして音声変化

基礎となる母音と子音の発音40ほど、 音声変化がおよそ25ほどあります。 およそ65パターンほどマスターすることで 英語の音は完璧です。

基礎発音と音声変化はBBC learning englishのアプリが有効

タブのpronunciationを開いて一つずつ進めていってください

発音は録音

発音習得のポイントは録音することです。

録音しないとオリジナルの音と比べることができないためです。

恥ずかしいかもしれませんが、 自分の声と向き合ってください

フィードバックが有効

発音習得はフィードバックが有効です。 誰かに自分の弱みを指摘してもらいましょう。

私は基本的にネイティブスピーカーに言語は教えてもらうことをお勧めしています。

しかし発音指導に限っては日本人講師がオススメです。

日本人は日本人の発音のクセを理解しています。

自分の意見を整理する

スピーキングで聞かれるおよそ200トピックを網羅していきます。

答えを暗記するのではなく、各トピックにおいて自分の意見を知ることが大切です。

考えていないことは話せないからです。日本語でも同じだと思います

キーワード

200トピックをライティングして録音する時間がないよという人はキーワードだけでも覚えておきましょう。

  • このトピックに関しては〜のように考えている。
  • それを伝えるために必要なキーワードは〜だ。

自分の意見を知っておくと本番アイデアが出なくて困ることはありません。

これであなたもスピーキングスコア7.0です

英語の「今まで」と「これから」

最短で伸ばすならSolo

SoloはIELTSのスコアを最短で伸ばします。

自分だけで学習できる自信がない人は是非一度カウンセリングに来てみてね。

弊社のIELTSのプロ講師たちが待ってるよ。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?