【東大・京大院試】院試で必要な「TOEFL iBT80点」or 「ITP550点」を突破する勉強法

東大、京大の院試TOEFL iBT80点/ITP550点を突破する勉強法

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

今回の記事では「東大と京大の院試に必要なTOEFLスコアを取得する勉強法」を紹介します。

「東大や京大の大学院に興味がある方」「現在勉強中でなかなか成果が出ていない方」の参考になれば幸いです。

東大と京大の院試では「TOEFL iBT80点」または「ITP550点」が合格者平均点だと言われています。また京大は「TOEFL iBT」のみ受付しています!

それでは詳しくみていきましょう。

「東大&京大」院試で必要なTOEFL

「TOEFL iBT」と「TOEFL ITP」の違いは

次に「TOEFL iBT」と「TOEFL ITP」の違いを確認していきましょう。以下が2つのテストの概要です:

TOEFL iBTTOEFL ITP
名称TOEFL Internet Based TestingTOEFL Institutional Test Program
試験形態パソコンベースペーパーテスト
受験単位個人受験団体受験
受験料$235N/A
スコア20 ~ 120点310~677点
募集基準(平均)80 / 120点550 / 677点
試験時間約3時間〜3時間30分約1時間55分
問題構成・Listening
・Reading
・Speaking
・Writing
・Listening
・Reading
・Grammar
メリット・複数回受験が可能
・英語の運用力が総合的に伸びる
・東大と京大の両方で提出可能
・ライティングとスピーキング試験なし
デメリット・難易度が高い・京大は提出不可
・当日の一回のみ受験可能

TOEFL iBTは書類提出までに何回でも受験できることがメリットです。TOEFL ITPは試験会場でテストを受験して合格スコアを出す必要があります。

また問題構成は大きく変わり、TOEFL ITPは実質スピーキングとライティングの試験はありません。両者のメリットとデメリットを比較して、自分にあったテストを受験しましょう。

TOEFL iBTは海外の大学院進学でも認められているテストです。世界基準を目指すのならばTOEFL iBTを受験すると良いでしょう!

以下にETSが公表しているサンプル問題のリンクを載せておきます。参考までに問題形式を確認してみてはいかがでしょう:

「TOEFL iBT80点」と「TOEFL ITP550点」のレベル感

次に提出基準である「TOEFL iBT80点」と「TOEFL ITP550点」のレベル感をみてみましょう。イメージが湧くように他の英語試験との換算表を作成しました:

TOEFL iBTTOEFL ITPTOEIC英検IELTS
N/AN/AN/AN/A9.0-8.5
120 – 95677 – 587990+1級+8.0-7.0
94 – 72583 – 533980 – 8401級 – 準1級6.5-5.5
71 – 42530 – 440830 – 410準1級 – 2級5.0-4.0

かなり強引にスコアを当てはめていますが、英検に換算すると「準1級-1級の中間」程度、TOEICに換算すると「900点」程度がスコアの目安です。

基礎レベルから毎日英語を学習したとして、TOEFL900点を取得できるのは効率的に学習できれば半年〜9ヶ月。そこから各テストの形式に慣れていくことを考えると、対策に1年はかかると想定しておくとよいでしょう。

基礎レベルから学習を始める場合は、英検やTOEICから学習をすると良いでしょう。なぜなら、いきなりTOEFL対策を始めても難しすぎて逆に学習効率が下がるからです!

「TOEFL iBT」と「TOEFL ITP」のスコア戦略

TOEFL iBT「80点」 理想のスコア配分

TOEFLでスコア「80点」を目指す場合、理想のスコア配分は以下の2パターンあります:

  • パターン1:R20, L20, S20, W20
  • パターン2:R24, L20, S16, W20

パターン1は全てのセクションで20点以上を目指すパターンです。特にリーディングが苦手な場合は、パターン1のスコア配分が理想的です。

一方パターン2はリーディングが得意な場合の理想のスコア配分です。リーディングで苦手セクションのスコアをカバーします。

自分の苦手分野を正しく分析して、自分にあったスコア配分を目指しましょう!

TOEFL ITP「550点」 理想のスコア配分

TOEFL ITPは、「リスニング・リーディング」が50問ずつ計100問と「文法」が40問の合計140問で構成されています。そしてスコア配分の参考目安は以下のようになります:

  • リスニング:34 / 50問
  • リーディング:37 / 50問
  • 文法:31 / 40問

上記の正答数を確保できれば概算で550点を取得することができます。スピーキングとライティングの勉強をする必要がない分、精読が正しくできれば十分対策可能な範囲ということが分かります。

正しくスコア戦略を練ることで不必要な学習を排除し、効率的に目標達成することができます!大まかでいいので必ず事前に考えておきましょう!

「TOEFL iBT」の提出が今後の主流に

2020年5月現在、新型コロナウィルスの影響で東大でも「TOEFL iBT」の受験を推奨する動向があります。

「TOEFL iBT」は世界的に認知されているテストなので、この機会にTOEFL iBTが提出スコアの主流になることが考えれます。

詳細は以下のホームページを参考にしてください:

参考:東京大学|大学院へ入学を希望される方 (一般入試)

「TOEFL iBT」と「TOEFL ITP」の違いがわかったところで、具体的な勉強方法を見ていきましょう。

TOEFL iBT「80点」TOEFL ITP「550点」を突破する勉強方法

TOEFLの勉強を始める前に必要な英語力

TOEFLは基礎的な英語力を身につけてから、勉強を始めましょう。なぜなら、出題される問題のレベルが高いので、基礎力が足りていないと学習効率が悪くなるからです。

以下の観点はTOEFL対策を始める前に、しっかりとインプットしておくことをオススメします:

  • 観点1:語彙力(約8000語以上)
  • 観点2:文法(大学受験で出題される全範囲)

語彙力は「英検2級から準1級」または「TOEIC800点以上」を取得できるレベルが最低ラインです。語彙力が高いほど圧倒的に有利なので、理想は「12000語程度」が理解できるとより良いです。

英文法は、大学受験で出題される範囲は全て理解できている状態が望ましいです。なぜならTOEFLは難解な構文が多いので、正しい文法知識がないと精読ができなくなるからです。

「最初からTOEFLで勉強した方が早い!」と考える方が多いようですが、基礎を徹底的に固めてからTOEFLの勉強をした方が結果的に早く目標スコアを取得できます!

より具体的な勉強方法は以下の記事を参考にしてください:

リーディングの勉強法

リーディングで高スコアを取得するために重要なポイントは、以下の3点です:

  • ポイント1:語彙力の強化
  • ポイント2:精読
  • ポイント3:速読

語彙力はあればあるほど正確にリーディングすることができます。地道な作業ですが、TOEFLの過去問を解いて分からなかった語彙をまとめて一つずつ消化していきましょう。

そして最も重要なことは「精読」です。文章を感覚で読まないで、正しく要点を読み解くことが高スコアを取得するためには最も重要です。主節の文構造(SVOC)が正しく取れるようにしていきましょう。

「速読」や「多読」はあくまで精読ができてこそ、学習効果があります。意訳することなく、正確に訳すことを徹底しましょう!

TOEFLリーディングのサンプル問題を以下の記事にまとめています。参考までにご覧になってください:

リスニングの勉強法

リスニングは以下の手順で学習することで、目標スコアを効率的に達成することができます:

  • 手順1:英語発音の習得(基礎発音 + 音声変化)
  • 手順2:「抑揚(イントネーション)」「強勢(ストレス)」の習得
  • 手順3:TOEFL教材のオーバーラッピング

リスニングは「音声知覚」「意味理解」の2つの要素で構成されています。つまり正しい発音を習得して、語彙力を増やすことでリスニング力が向上します。

正しい発音を習得した状態で、オーバーラッピング やシャドーイングを行うことで学習効果が非常に高くなります。

発音習得で特に見落としがちなのが「抑揚(イントネーション)」と「強勢(ストレス)」です。英語のリズムで音を生成できるように意識しましょう!

TOEFLのリスニング問題は以下の記事を参考にしてください:

さて、以上が「TOEFL iBT」と「TOEFL ITP」で共通した勉強方法についてでした。ここからは「TOEFL iBT」の受験を考えている人向けの勉強方法です。

スピーキングの勉強法

スピーキングの対策は以下の順でおこないましょう:

  • 手順1:テンプレートの表現を覚える
  • 手順2:回答を書き出して音読 & 録音する
  • 手順3:録音した内容を分析して改善する
  • 手順4:再度録音して分析する

スピーキングの勉強は、正しい発音を習得していることが理想的です。なぜなら発音も採点基準に含まれるので、スコアアップが期待できるからです。

最初はスピーキング内容を事前に書き出して練習しましょう。慣れてきたら徐々に書き出す内容を減らして話すことに慣れていきましょう。

テンプレート表現を覚えることで、回答が論理的に整理されます。回答のロジックも採点基準に含まれるので、スコアップが見込めます!

TOEFLスピーキングの問題を実際に確認したい場合は、以下の記事を参考にしてください:

ライティングの勉強法

TOEFLのライティングは以下のポイントが重要になります:

  • ポイント1:リスニング力
  • ポイント2:パラグラフ構成
  • ポイント3:論理展開

TOEFLのライティング対策で最も重要なことはリスニング力です。なぜなら、リスニング内容の要約が問題として出題されるからです。

またエッセイ形式の問題では、パラグラフ構成を理解することが大切です。書き出す文字数が約300字あるので、適切な段落構成を理解していないと主張の論点がバラバラになり、文字数が足りないということが起こります。

パラグラフ構成にもテンプレート表現があります。最初はテンプレートの型に自分の主張を当てはめて書く勉強から始めましょう!

TOEFLライティングの過去問は、以下の記事を参考にしてください:

まとめ

TOEFL iBTは難しいけれど今後の糧になる

さて今回の記事のポイントをまとめておきます:

  • ポイント1:ボーダーラインは「iBT 80点」「ITP550点」
  • ポイント2:基礎を固めてからTOEFLの勉強を始める
  • ポイント3:新型コロナウィルスの影響で「TOEFL iBT」が優勢(2020年5月現在)

試験内容を比較すると「TOEFL ITP」の方が目標スコアを取得する難易度は易しいです。しかしリーディングとリスニングが中心のTOEFL ITPでは受験英語と同じように、実際に英語を運用するスキルを伸ばすことが難しいです。

将来のことを見据えると英語の論文を読む以外に論文の発表や、海外の研究者と対話するシチュエーションも想定できます。そこまで考慮すると「TOEFL iBT」の方が長期的に役に立つと考えれます。

TOEFL iBT80点は海外大学に進学する際に求められるスコア基準でもあります。世界基準として認知されているテストを勉強することが、将来の糧になるはずです!

最後にTOEFL対策で悩みや相談などがあればお気軽にご連絡ください!

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?