【例題】TOEFLスピーキングで出題された問題を徹底紹介

TOEFLスピーキングセクションの例題と解説【TOEFL IBT対策】

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

今回の記事では、TOEFLスピーキングの例題を紹介していきます。

これから「TOEFLの対策を始める方」や「スピーキングの問題傾向を知りたい方」の役に立てば幸いです。

コンピューター画面に向かって淡々と話し続けるTOEFLスピーキングは、問題形式に慣れていないと対応が難しいですよね。

そんな時は、「どんな問題が出題されるのか?」や、「どういった部分を意識して回答するといいのか?」ということを事前しておくだけでも負担が軽くなることがあります。

そこで今回の記事では、各パートごとの例題や回答のポイントなどをまとめていきたいと思います。

スピーキングセクションは、大きく2つのパートに分かれています。いずれも例題を参考に、問題傾向を理解してから対策をすると効果的でしょう!

それでは、詳しく説明していきますね。

TOEFLスピーキングの概要

まずは、TOEFLスピーキングセクションの基礎知識を理解しておきましょう。

以下に概要をまとめたので参考にしてください:

試験時間17分
パート数4パート
問題の割合・Independent Speaking – 1問
・Integrated Speaking – 3問

TOEFLスピーキングは、「Independent Speaking」と「Integrated Speaking」の二種類に大きく分かれています。

Independent Speakingは、与えられたトピックに対して自由形式でスピーチを行う形式。Integrated Speakingは、トピックに関するリーディング(パート4を除く)とリスニングを行なった上で内容を要約する形式です。

大きな特徴として、Integrated Speakingではリスニング力がスコアに大きく反映されるということがあります。

スピーチの対策だけではなく、基礎となるリスニング力の向上がTOEFLスピーキングを攻略する上で不可欠な要素になります。

採点基準

次にスピーキングセクションの採点基準を確認しましょう。

以下が簡単に採点の観点をまとめたものになります:

① General Description(設問への回答)設問に対して適切かつ十分な回答ができている
② Delivery(流暢さ)スムーズにクリアな英語を話すことができている
③ Language Use(語彙・文法)複雑な語彙・文法を適切に使用できている
④ Topic Development(主張展開)主張と理由の繋がりが明確で一貫性がある

スコアは四つの観点で、機械による自動採点の後に採点者による手動採点を行います。自動採点で算出されたスコアが基本となるので、機会が理解しやすい英語を話すことが大切なポイントになります。

特に注意することが、「あー」や「えー」といったフィラー表現を減らすことです。

フィラー表現が含まれると、スピーチ全体の明瞭さが失われ、また流暢性も大きく下がってしまいます。当然、機会はしっかりと音を拾ってしまうので文章構成も崩れる可能性が高いです。

類似テストのIELTSでも同様に、フィラー表現の頻度が多いと減点の対象になります。練習の段階から、フィラー表現を使わないでスピーチすることに慣れていくことが大切です!

Independent スピーキング

Independentスピーキングの概要は、以下の通りです:

タスク数1タスク
タスク内容抽象的な質問に対する回答
準備時間15秒
回答時間45秒

トピックを読んでから15秒間、回答内容を考える時間が与えられます。

試験監督に要望すると紙とエンピツがもらえるので、そこにどんな回答をするかドラフトを書いていきましょう。(スピーキング以外でも使うので、入室時にもらうことをオススメします)

回答時間は45秒ですが、体感では1分以上に感じると思います。練習の段階から45秒を目指すのではなく、20秒、30秒と回答時間を長くして徐々に慣れていくといいでしょう。

問題形式

Independentスピーキングで出題される問題形式は、以下の5通りです:

  1. 賛成 / 反対
  2. 2択
  3. 仮定
  4. 自由意見
  5. 描写

1〜4は、自分の意見を述べるタイプの問題です。英語力だけでなく、母語のロジカルシンキング力が求められます。

5は事実描写に関する問題です。自分の意見を述べる必要はありませんが、情報を時系列ごとやカテゴリごとに分けてスピーチを展開する必要があります。

いずれの形式も英語力だけでなく、元々の言語で「どれだけ考えているか?」ということが非常に重要になる要素です。ニュースなどの外部情報を単にインプットするのではなく、「自分はどう思うのか?」についても考える癖を持つようにすると効果的です!

例題

各問題形式ごとの例題を、以下にまとました:

① 賛成 / 反対Do you agree or disagree that students should bring their cellphones to school?
「あなたは、生徒が学校に携帯電話を持ち込むことに賛成ですか、反対ですか?」
② 2択Would you prefer to have a higher-paying job with longer hours or a lower-paying job with shorter hours?
「あなたは、高収入で長時間労働の仕事と、低収入で短時間労働の仕事と、どちらが良いと思いますか?」
③ 仮定If your friends from another country are going to visit your country, where do you suggest they go?
「もし、他の国の友人があなたの国を訪れるとしたら、どこに行くことを勧めますか?」
④ 自由意見Do you think bicycles will still be widely used in the future or replaced by other means of transportation?
「将来、自転車はまだ広く使われていると思いますか、それとも他の交通手段に取って代わられると思いますか?」
⑤ 描写Describe the most impressive moment in your life.
「あなたの人生で最も印象的な瞬間を説明してください」

ここで読み流すのでなく、一度立ち止まって「自分はどう思うだろうか?」ということをじっくり考えてみることが大切です。

また、単に意見を考えるだけでなく、その意見の説得力を出すような情報や過去の経験などまでカバーして考えるとより一層高い効果を得られます。

解答例

上記で挙げた例題①を参考にして、解答例を見てみましょう:

  • I agree with students bringing their cellphones to school.
  • First of all, students’ cellphone could be a lifesaver. If there were an emergency and they needed to call 911 or just call someone for help, a cellphone would be very helpful.
  • In addition, it can be a backup for certain equipments. For example, I was about to take a math test when I realized I forgot my calculator at home, well fortunately for me my cellphone had a calculator application downloaded into it and I was able take the test.
  • 「生徒が学校に携帯電話を持ち込むことに賛成です。まず、生徒の携帯電話はライフセーバーになるかもしれません。もし緊急事態が発生し、911に電話をしたり、誰かに助けを求めたりする必要がある場合、携帯電話はとても役に立ちます。さらに、特定の機器のバックアップにもなります。例えば、数学のテストを受けようとしたとき、電卓を家に忘れたことに気づきました。幸いなことに、私の携帯電話には電卓のアプリケーションがダウンロードされていたので、テストを受けることができました」

解答は「主張>サポートセンテンス①>サポートセンテンス②」の順番に展開していくことが一般的です。

主張に関連した具体的な事例や、過去の経験などを最低でも二つあげることを当面の目標にして対策しましょう。

慣れてきたら、一つの主張に対して常に三つの理由を考えてみてください。これができるようになると、スピーチ力がグッと高くなります。

主張に対してサポートセンテンスで説得力を出すのは、スピーキングだけでなくライティングでも重要なスキルです。また、自己主張が強い海外の文化では、どのような意見であれ自分の考えを正当化するロジックを身につけておくことは非常に役に立ちます!

Integrated スピーキング

Integrated スピーキングの概要は以下の通りです:

タスク数3タスク
タスク内容・Task2:生徒同士の会話に関する質問
・Task3:レクチャーの内容に関する質問
・Task4:レクチャーの内容に関する質問(リスニングのみ)
準備時間Task2&3:30秒
Task4:20秒
回答時間60秒

Task2とTask3は、トピックに関するリーディングを行なった後にリスニングを行います。リーディングの内容と照らし合わせながら、リスニングの内容をまとめていきます。

Task4は、トピックに関するリスニングのみが出題されます。リーディングで補足情報を得られない分、より高いリスニング力が求められるタスクです。

日常的にリスニングした内容を要約するなどして、要約力を身につけておくことが重要な要素の一つです。

TOEFLはスピーキングだけでなく、ライティングも「Integrated タスク」が出題されます。リスニング力の向上がスコアアップの大きな要因となります!

Task2 例題

以下が、Integrated Speakingタスク2の例題です:

  • A CAMPUS ANNOUNCEMENT
  • Your Final Exam will account for 50% of your grade. This is because the exam will cover all of the material from the semester, and passing this exam will be a good indication that you have sufficiently mastered the material. Because the Final will have such an impact on your grade, it is important to start preparing for the Final from the first day of class. It is important to master each concept as we learn it in class, and if you have questions, be sure to ask and get those questions cleared up. Anything we learn in class is fair game on the Final, and there may be concepts on the test that we learned in class 3 months before the test. Good study habits and a commitment to truly learning and mastering the material are crucial to receiving a good grade in this class!
  • キャンパスアナウスメント
  • 「期末試験は成績の50%を占めます。これは、この試験で学期中のすべての内容がカバーされ、この試験に合格することが、その内容を十分に習得したことの良い目安となるためです。Final は成績に大きな影響を与えるので、授業の初日から準備を始めることが重要です。授業で学んだ各コンセプトをマスターし、疑問があれば必ず質問して解決することが大切です。授業で習ったことがそのままテストに出ますし、テストの3ヶ月前に授業で習ったことがテストに出るかもしれません。このクラスで良い成績を取るためには、良い学習習慣と、本当に学習し習得しようとする姿勢が重要です」
  • The man expresses his opinion about the grading policy.
  • State his opinion and explain the reasons he gives for holding that opinion.
  • 「男子生徒は評価ポリシーに関して主張を述べています。彼の主張と理由をまとめて説明してください」

Task3 例題

以下が、Integrated Speakingタスク3の例題です:

  • Entertainment Merchandising
  • An effective, widely used marketing practice in the entertainment industry is entertainment merchandising. Entertainment merchandising is a form of marketing in which the brand or image from one product is also used to sell another. The practice of entertainment merchandising often occurs in connection with movies and television shows, especially those associated with children. For example, the success of a popular children’s television show may result in the marketing of toys that are designed to look like characters in the show. Or the situation may be reversed when a children’s television show is written to include characters that are based on already-popular toys.

エンタテインメント・マーチャンダイジング
「エンターテインメント業界における効果的なマーケティング手法として、エンターテインメント・マーチャンダイジングが広く活用されている。エンターテインメント・マーチャンダイジングとは、ある商品のブランドやイメージを利用して、別の商品を販売するマーケティングの一形態である。エンターテインメント・マーチャンダイジングは、映画やテレビ番組、特に子供向けの番組に関連して行われることが多い。例えば、人気のある子供向けテレビ番組が成功すると、その番組の登場人物に似せてデザインされた玩具が販売されることがある。また、逆に、子供向けテレビ番組が、すでに人気のある玩具をモチーフにしたキャラクターを含むように脚本されている場合もある」

  • Using the example from the lecture, explain the concept of entertainment merchandising.
    「レクチャーの事例を用いながら、エンターテイメントマーチャンダイズについて説明してください」

Task4 例題

以下が、Integrated Speakingタスク4の例題です:

  • Using points from the lecture, explain why researchers think that babies may feel empathy.
    「赤ちゃんが共感を覚える可能性があると研究者が考えている理由を、講義のポイントを踏まえて説明してください」

Integratedスピーキング攻略のポイント

Integratedスピーキングを対策する上で、以下の三つのポイントを抑えておきましょう:

  1. 大枠のテンプレートを覚える
  2. 要約力を伸ばす
  3. 実際にアウトプットする

各タスクは、基本となる回答の構成があります。慣れないうちは、まずはそのような構成に沿って要約を作成しましょう。

以下の記事にテンプレートをまとめてあるので、参考にしてください。

また、繰り返しになりますが、Integaretedスピーキングはリスニング内容の要約が求められます。そのため、要約力を常に伸ばすことを意識しましょう。

リスニングの問題だけでなく、リーディングを読み終わった後など、内容を100字程度でまとめるところから練習してみると良いでしょう。また、各段落ごとにちいさな要作を作成してみることもオススメです。

最後に、アウトプットは実際にアウトプットすることでしか向上しません。

頭の中で考えて終わりにするのではなく、必ず声に出す、または紙に書き出すなどして自分の考えを一度頭の中から切り離してください。自分が理解できている内容と、そうでないことがはっきりとわかるようになります。

まとめ

今回の記事の内容を以下にまとめておきます:

  1. TOEFLスピーキングは4問出題され、その内3問はリスニングの要約が求められる
  2. Independentスピーキングは、主張をサポートする具体例を二つ以上述べることが重要になる
  3. Integratedスピーキングは、要約力がポイント。読み聞きした内容を声に出したり、紙に書き出してみる

今回はTOEFLスピーキングの例題と、解答のポイントなどをまとめました。参考になったら嬉しいです。

一方で、解答のポイントよりも重要になることがあります。それが、英語発音の再現性向上です。

英語は日本語の音声性質と根本が異なります。この音声性質の違いを正しく理解し、再現できるようになることがスピーキングでは基礎となり非常に重要になるので覚えておいてください。

例えば、GoogleドキュメントやSiriなどを使って、コンピューターがどのように自分の英語を認識するのかを理解しておくことは役に立ちます。発音は毎日の積み重ねが重要になるので、早い段階から対策をしておきましょう!

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

最後に、何かTOEFL対策でお悩みやご相談などあればお気軽にご相談ください!


メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?