【TOEFL iBT対策】スピーキング・セクションの例題と解説

TOEFLスピーキングセクションの例題と解説【TOEFL IBT対策】

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

この記事では「TOEFLスピーキングセクションの例題と解説」を紹介します。

これから「TOEFLの対策を始める方」や「スピーキングの問題傾向を知りたい方」の役に立てば幸いです。

スピーキングセクションは、大きく2つのパートに分かれています。いずれも例題を参考に、問題傾向を理解してから対策をすると効果的でしょう!

それでは、詳しく説明していきますね。

TOEFLスピーキング・セクションの概要

TOEFLスピーキング 基礎知識

まずは、TOEFLスピーキングセクションの基礎知識を理解しておきましょう。以下に概要をまとめたので参考にしてください:

試験時間17分
パート数4パート
問題の割合・Independent Speaking – 1問
・Integrated Speaking – 3問

留意点として、2019年8月からスピーキングセクションの問題数が変更になったので覚えておきましょう。

以前の形式は「Independent Speaking 2問」「Integrated Speaking 4問」の合計6問でしたが、最新版ではそのうち以下の2問が廃止されました:

  • Independent Task1
  • Integrated Task5

つまり、合計の問題が4問になったということです。

「変更があった」と聞くと大袈裟ですが、実際は問題数が短くなったということです!

これからスピーキング対策をするにあたっては、上記の2つの問題は飛ばして対策しましょう。

それ以外のパートは、全て同じ形式のものが出題されるので教材は今まで通りのものを使用しても問題はありません。

TOEFLスピーキング 採点基準

次にスピーキングセクションの採点基準を確認しましょう。以下が簡単に採点の観点をまとめたものになります:

General Description(設問への回答)設問に対して適切かつ十分な回答ができている
Delivery(流暢さ)スムーズにクリアな英語を話すことができている
Language Use(語彙・文法)複雑な語彙・文法を適切に使用できている
Topic Development(主張展開)主張と理由の繋がりが明確で一貫性がある

採点基準を見ると英語力だけでなく、ロジカルに主張を構成する母国語の能力も求められることが分かります。

「発音」「表現方法」「ロジカル・シンキング」の3点を効率的に伸ばすことが、TOEFLスピーキングのスコアを伸ばすポイントになります!

TOEFLのスピーキングセクションについて理解したところで、例題をみていきましょう。

Independent Speakingの例題

Independent Speaking 概要

まずは例題の前に「Independent Speaking」の概要を確認しましょう:

タスク数1タスク
タスク内容抽象的な質問に対する回答
準備時間15秒
回答時間45秒

準備時間15秒の間にどれだけ、スピーキングのアウトラインを構成できるかが高スコアのポイントです。普段の勉強から、キーワードを軸にスピーキングをする癖を付けておきましょう。

Independent Speaking 出題される問題形式

次に「Independent Speaking」で頻出の問題形式を理解しましょう。出題される形式は以下の5通りです:

  • 形式1:賛成 / 反対
  • 形式2:2択
  • 形式3:仮定
  • 形式4:描写
  • 形式5:メリット / デメリット

今回の記事では上記の全形式の例題を紹介します。実際に本番で質問されたと想定して、45秒間回答ができるかを試してみてください。

最初はうまく回答できないと思います。そんな時は一度紙に意見を書き出して、その内容を音読するところから学習を始めましょう!

それでは各形式の例題をみていきましょう。

問題形式1:賛成 / 反対

Do you agree or disagree that students should bring their cellphones to school?

Use details and examples to support your explanation.

質問に対して、賛成か反対かを答える形式です。自分の主張に対して、一貫性のある理由と具体例を述べる必要があります。

問題形式2:2択

Would you prefer to have a higher-paying job with longer hours or a lower-paying job with shorter hours?

Use details and examples to support your explanation.

2つの選択肢に対してどちらがより良いと思うか、を回答する形式です。形式1と同様に、主張をサポートする具体的な理由と例が採点のポイントになります。

問題形式3:仮定

If your friends from another country are going to visit your country, where do you suggest they go?

Use details and examples to support your explanation.

「もし〜だったら」というように、仮定の質問に対して回答する形式です。上記の2つの形式に比べると、回答の自由度が高いため難易度は少し高いです。

問題形式4:描写

描写
Describe the most impressive moment in your life.

自由意見
Do you think bicycles will still be widely used in the future or replaced by other means of transportation?

人物や物事について描写をする、または自由に意見を述べる形式です。形式3と同じように、回答の自由度が高いことが特徴です。回答のテンプレートを覚えて、型に沿って回答していくことがオススメです。

問題形式5:メリット / デメリット

Should young children spend a great amount of their time practicing sports? What is your opinion and why?

Discuss the advantages and disadvantages of this. Use specific reasons and examples to support your answer.

物事に関するメリットとデメリットを説明する形式です。メリットとデメリットに関する類義語を理解しておくと、回答の役に立ちます。

いずれも「主張 + 理由 + 具体例」の3点を用いて、説得力のある主張を構成できるように勉強しましょう!

もっとIndependent Speakingの問題を解きたい人は以下の記事を参考にしてください:

次に「Integrated Speaking」の例題をみていきましょう。

Integrated Speakingの例題

Integrated Speaking 概要

「Integrated Speaking」の概要は以下の通りです:

タスク数3タスク
タスク内容Task2:生徒同士の会話に関する質問
Task3:レクチャーの内容に関する質問
Task4:レクチャーの内容に関する質問(リスニングのみ)
準備時間Task2 &3:30秒
Task4:20秒
回答時間60秒

いずれのタスクもリスニング内容に関する質問をされるので、一定のリスニング力がないと回答することができません。リーディングの内容を音読するだけだとスコアは「1」になるので注意しましょう。

TOEFLはスピーキングだけでなく、ライティングも「Integrated Task」が出題されます。リスニング力の向上がスコアアップの大きな要因となります!

それでは例題をみてみましょう。

Integrated Speaking Task2 例題

Integrated Speaking Task2 試験の流れ

タスク2では以下の流れで試験が進行します:

  • リーディング(50秒)
  • リスニング
  • 設問の確認 & 準備時間(30秒)
  • 回答(60秒)

タスク2のシチュエーションは「生徒同士がリーディング文章に関する内容を話し合っている場面」です。

質問は生徒の意見に関する内容が多いので、意見に関する情報が出てきたら必ずキーワードをメモしておきましょう。

メモ用紙と鉛筆は試験監督にお願いすることでもらうことができます。キーワードの書き取りや、スピーキングの構成を書くのに使うので必ずもらいましょう!

それでは例題を見ていきます。

Integrated Speaking Task2:リーディング

Your Final Exam will account for 50% of your grade. This is because the exam will cover all of the material from the semester, and passing this exam will be a good indication that you have sufficiently mastered the material. Because the Final will have such an impact on your grade, it is important to start preparing for the Final from the first day of class. It is important to master each concept as we learn it in class, and if you have questions, be sure to ask and get those questions cleared up. Anything we learn in class is fair game on the Final, and there may be concepts on the test that we learned in class 3 months before the test. Good study habits and a commitment to truly learning and mastering the material are crucial to receiving a good grade in this class!

Integrated Speaking Task2:リスニング

Integrated Speaking Task2:質問

The man expresses his opinion about the grading policy.

State his opinion and explain the reasons he gives for holding that opinion.

その他のタスク2の例題は、以下の記事を参考にしてください:

Integrated Speaking Task 3 例題

Integrated Speaking Task3 試験の流れ

タスク3はタスク2と同じ流れです:

  • リーディング(50秒)
  • リスニング
  • 設問の確認 & 準備時間(30秒)
  • 回答(60秒)

シチュエーションは、「アカデミックな内容に関する短いレクチャーを聞いている場面」です。回答ではレクチャー内のメイントピックに関する説明を、具体的な例と共におこないます。

Integrated Speaking Task 3:リーディング

Entertainment Merchandising:

An effective, widely used marketing practice in the entertainment industry is entertainment merchandising. Entertainment merchandising is a form of marketing in which the brand or image from one product is also used to sell another. The practice of entertainment merchandising often occurs in connection with movies and television shows, especially those associated with children. For example, the success of a popular children’s television show may result in the marketing of toys that are designed to look like characters in the show. Or the situation may be reversed when a children’s television show is written to include characters that are based on already-popular toys.

Integrated Speaking Task 3:リスニング

Integrated Speaking Task 3:質問

Using the example from the lecture, explain the concept of entertainment merchandising.

その他のタスク3の例題は、以下の記事を参考にしてください:

Integrated Speaking Task 4 例題

Integrated Speaking Task4 試験の流れ

タスク4はリーディングのパートが削除されます:

  • リスニング
  • 設問の確認 & 準備時間(20秒)
  • 回答(60秒)

シチュエーションは、タスク3と同様「アカデミックな内容に関する短いレクチャーを聞いている場面」です。レクチャーで説明される例や要点を用いて、レクチャー内容を簡潔に説明する必要があります。

Integrated Speaking Task 4:リスニング

Integrated Speaking Task 4:質問

Using points from the lecture, explain why researchers think that babies may feel empathy.

その他のタスク4の例題は以下の記事を参考にしてください:

まとめ

例題が理解できたらスピーキングの型を覚える

今回の記事のポイントを以下にまとめておきます:

  • ポイント1:TOEFLのスピーキングは合計4問出題される
  • ポイント2:4問中3問でリスニングが必要になる
  • ポイント3:リスニング力が高スコアの鍵

スピーキングで安定したスコアを取得するためには、型にはめて主張を展開すると良いです。なぜなら型にはめて話すことで、論理のズレや言葉が詰まって黙ってしまうことを防ぐことができるからです。

なので例題で感覚を掴んだら、スピーキングの型を覚えましょう。

特に英語が苦手な場合は、まずはテンプレートを覚える過程で使用できる英語表現を増やしていくことがオススメですよ!

型を覚える時はETSが公表している「TOEFL Practice Setは参考になります。回答のコツなどを分かりやすく解説してくれるので、一度目を通しておくと良いでしょう:

スピーキング対策は発音習得から始める

TOEFLスピーキング攻略の鍵である「リスニング力」を伸ばすためにやるべきことは発音習得です。なぜならリスニングは以下の2つの要素から構成されているからです:

  • 構成要素1:音声知覚(英語を意味ある音として認識する力)
  • 構成要素2:意味理解(認識した音の意味を理解する力)

発音を習得することで上記の「音声知覚」の能力を向上させることができます。自分で生成できない音声は無意識に雑音として処理されるので、正しい発音を習得することが重要なのです。

繰り返しになりますがTOEFLはライティングで「Integrated Task」があり、総問題数の半分以上でリスニング力が必要になります。学習効率の観点から考えても、発音習得をすることで結果的に最短で目標スコアを達成することに繋がります。

発音を習得する時はいきなり真似をするのではなく「理論」を先に理解することをオススメします。臨界期が過ぎた状態で英語を真似しようとしても、うまく真似することができず学習効率が高くないからです!

リスニング問題の例題を確認したい方は、以下の記事を参考にしてください:

最後にTOEFL対策でお悩みなどあれば、お気軽にご相談ください!


メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?