TOEFL iBTリスニングの概要と正答数とスコアの関係性を解説

TOEFL iBTリスニング概要と正答数とスコアの関係性

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

今回の記事では、「TOEFL iBTリスニングの概要と正答数とスコアの関係性」について解説します

「これからTOEFLを受験する方」や「正答数とスコアの関係性が分からない人」の役に立てれば幸いです。

TOEFLリスニング概要

まずは、TOEFLリスニングの試験概要について確認しておきましょう。

以下が、概要になります :

  • 合計問題数 : 28 – 39問
  • 試験時間:41 – 57分
  • 回答時間:約35秒 / 1問

2019年8月以降、問題数が大幅に減り、試験時間も短くなりました。

問題数が一定でないのは、ダミー問題が含まれているためです。「テストのクオリティを改善するため」と、ETSのサイトに書かれています。

試験の設問形式

リスニングは、以下の2つの設問形式があります。

  • 対話形式 : 2-3題(各5問)
  • レクチャー数:3-4題(各6問)

対話形式は、大学内の複数人によるものです。レクチャー形式は、教授が話す授業を聴くものです。

対話形式

対話形式は、以下の3パターンに別れます。

  • パターン1. 生徒同士
  • パターン2. 生徒と教師
  • パターン3. 生徒と職員の会話

対話形式の問題数は、各5問 X 2,3題の、計10-15問が出題されます。

レクチャー形式

レクチャー形式は、以下の2パターンに別れます。

  • パターン1. 一方的に教授が話すタイプ
  • パターン2. 生徒と教授のディスカッションタイプ

レクチャー形式の問題数は、各6問 X 3,4題の、計18-24問が出題されます。

正答数とスコアの関係性

次に、TOEFLリスニングの正答数と実際のスコアの関係です。

ダミー問題を除くと、全部で28問のTOEFLリスニングですが、自分の目標としているスコアに必要な正答数を以下で確認してみて下さい :

正答数実際のスコア
2830
2729-30
2627-30
2525-30
2424-29
2323-27
2222-26
2121-25
2019-24
1918-23
1817-21
1716-20
1614-19
1513-18
1412-17
1310-15
129-14
117-13
106-12
95-10
83-9
72-7
61-6
51-4
40-3
30-2
20-1
10

上記の参照元で紹介されているリスニングの係数が2.37となってます。2点問題があることを考慮すると、リスニングセクションでは、最大で3問ほど間違えても満点の30点がでる可能性があります。

正解数とスコアの換算関係はいつも一定ではありません。試験の難易度が、テストごとに異なるため、その差が統計的に処理されて、スコア換算に反映されます。

以上が、TOEFL iBTリスニングの概要と正答数とスコアの関係性でした。

高得点を狙う人は、比較的難易度の低い、対話形式は落とさないよう対策をし、それからレクチャーで正答率をあげていくアプローチが大切です!

次のレッスンでは、リスニングの勉強法についての全体概要を理解しておきましょう。

最後に、IELTS対策で悩んでいることがあれば、お気軽にご連絡くださいね。

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?