【TOEFL 100点】スコア100のレベル感と勉強法の解説

TOEFL100点のレベル感は?到達までの時間と勉強法を徹底紹介

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです。

今回の記事では「TOEFL iBT100点のレベル感と取得するために必要な勉強法」を紹介します。

「TOEFL100点以上を目指している方」や「勉強法がわからない人」の参考になれば幸いです。

海外進学でTOEFL100点が求められるケースは、米国の一流大学進学やMBA留学である場合が多いです。TOEFL100は、英検1級やTOEICで満点近くある人でも簡単には取得できません!

それでは詳しくみていきましょう!

TOEFL100点のレベル感

他の英語試験との難易度 比較表

まずは、TOEFL iBT 100点とその他テストのスコアの比較表を確認してみましょう:

IELTSTOEFL iBTTOEIC英検
9.0116 – N/AN/A
8.0 – 8.5106 – 115N/AN/A
7.0 – 7.595 – 105945 – 9901級+
6.0 – 6.572 – 94805 – 940準1級 – 1級
5.0 – 5.555 – 71605 – 8002級 – 準1級
4.0 – 4.542 – 54410 – 6002級

これまでの弊社の受講生データを参照すると、以下がよりTOEFL 100点のレベル感に近いスコア換算です:

TOEFL100点のレベルは、「英検1級に余裕を持って合格」や「TOEICはほとんど満点」と同等だと考えられます。

TOEFL100点を取得した人だと、英検1級は対策なしで合格できます。一方で、英検1級を取得した人でも、TOEFL100点はなかなか取得できない事例は多いです。

上記の表はあくまで目安程度に考えてください。人によって得意、不得意が違いますので一概には言えないためです。まずは受験をしてみて、自分に合ったテストを選ぶことが大切です!

TOEFL100点に必要な勉強時間

仮に英語の勉強をこれから始める場合、TOEFL100点を取得するために必要な勉強時間の目安は以下の通りです:

  • 英語力ゼロの場合:約1,800 – 2,000時間
  • 英検3級程度の場合:約1,400 – 1,600時間
  • 英検2級程度の場合:約8,00 – 1,000時間
  • 英検準1級程度の場合:約300 – 600時間

仮に、英語力ゼロの状態からTOEFL100点を目指す場合、1日3時間の勉強を365日続けることができると約2年でTOEFL100点を取得できるレベルに到達すると見込めます。

ただし上記の時間もあくまで目安として考えましょう。というのもTOEFLのような試験では、トピックに関する背景知識や母語のロジカルシンキングもスコアに大きく影響するからです。

注意点として勉強が単調な作業になってしまうと、仮に2,000時間勉強しても、TOEFL100点を取得することが難しくなります。全ての学習の目的を理解して、適切な負荷の勉強計画を組むことも重要な要素になります!

TOEFL 100点が必要になるケース

TOEFL 100点を求められるケースは基本的に以下のようなケースがあります:

  • ケース1:海外大学(学部)の入学基準
  • ケース2:海外大学院の出願
  • ケース3:アジア・欧州MBAの出願

TOEFLの目的は、「大学入学後に、授業についていけるかどうかを測定する」ための試験です。

TOEFL 100点を取得すると、海外の99%以上の学部、修士の進学基準を満たすことができます。

つまり、海外の難関大学や一流MBA校を目指している人は、TOEFL100点を取得することが第一歩となります。

出願には、「ライティングは25点以上」とセクションごとに制約がついていることがあるので、必ず大学のウェブサイトから確認しましょう!

TOEFL100点を取得する勉強方法

TOEFL100点のスコア配分

TOEFL100点を取得するための理想のスコア配分の目安は以下のようになります:

  • リーディング:28点
  • リスニング:28点
  • ライティング:22点
  • スピーキング:22点

TOEFL100点以上を目指す場合のリーディングとリスニングは、ほぼ満点を取得する気持ちで対策します。

幸い、TOEFLのリスニングとリーディングは基本的には4択問題なので、IELTSと比べると解きやすい問題が多いです。

リーディングとリスニングで高スコアをとるのは、TOEFLスコアの特徴の1つとして、スピーキングで23点以上取得することが非常に難しいためです。

また、スピーキングと同様にライティングも23点以上取得することが非常に難しいことが特徴です。スペルミスや文法ミスがないことはもちろんのこと、文章の整合性や論理展開を考慮した英語を書く必要があります!

TOEFL100点を取得するための前提条件

まず、TOEFL100点を取得するために最も重要な前提は、「リスニング力」です。以下が理由です:

  • 理由1:リスニングセクションで28点を目指す必要がある
  • 理由2:スピーキングセクションの7割はリスニングができないと回答できない
  • 理由3:ライティングセクションの半分はリスニングができないと回答できない

TOEFLは、他の英語試験と違い、スピーキングとライティングセクションでもリスニングが求められます。

スピーキングで4題中3題、ライティングで2題中1題出題されます。つまりTOEFLのおよそ半分ほどの問題は、リスニングができないとスコアが伸びない構造になっているということです。

ですので、TOEFL100点を目指すにあたっては どうしても高いリスニング力が必要になります!

リーディングの勉強法

それでは、TOEFL 100点を目指すためのリーディングの勉強法からみていきましょう。リーディングで28点以上狙うためには、ミスを3-4問以内に抑える必要があります。

基本的には以下の手順で勉強を進めていきます:

  • 手順1:語彙力と文法力の強化
  • 手順2:精読力の強化
  • 手順3:要約力の強化

まず、前提として、語彙力は「英検準1級程度(8,000 – 10,000語)」文法力は「大学受験範囲全て」を理解する必要があります。

語彙が分からなければ意味がわからないですし、文法が分からなければ精読ができません。基礎が定着させてから、TOEFLの文章を1文ずつ精読をすることに慣れていき、徐々にパラグラフの要点を掴む力を養っていきます。

最初から時間を測って模試を解く方がいますがあまりオススメできません。なぜならスコアが伸びない原因が「時間」なのか「精読力」なのか特定できなくなるからです。段階を踏んで勉強を変えていきましょう!

参考までにTOEFL iBTのリーディング問題をまとめました。勉強に役立ててください:

リスニングの勉強法

次に、TOEFL100点を狙うにあたってのリスニングの勉強になります。リスニングで28点以上を獲得するためには、ミスを3-4問以内に抑える必要があります。

基本的に以下の手順で勉強していきます:

  • 手順1:基礎の発音の習得
  • 手順2:音声変化等の習得
  • 手順3:オーバーラッピング
  • 手順4:シャドーイング
  • その他:要約練習 (全体理解のため)

リスニング力は、大きく「音声知覚」と「意味理解」の2つの要素によって構成されています。

英語の音が認識できる、認識できた音の意味が理解できる、の両方ができていれば聴き取ることができるということです。

リーディングの対策を行えば「意味理解」は自然に伸びていきます。リスニングの英文はリーディングより容易だからです。

音声知覚を伸ばすためには、英語発音の習得が鍵となります。発音の精度が向上することで、認識できる音が増えていくということです。

また、要約練習は、全体として何を言っているのかを把握するのに非常に有効です。要約とは、口頭でぶつぶつと1分程度で、リスニングで話されるトピックと具体例を話せるかを確認することです。

特に、リスニングのスコアが20点以下の人などは、そもそも全体把握ができていない事が多いので要約練習はオススメです。

最初からシャドーイングを行うことはやめておきましょう。難易度が高すぎるので、きちんと音源の真似ができません。逆に学習効率が落ちやる気が奪われてしまいます!

スピーキングの勉強法

次に、TOEFL100点を狙うためのスピーキング対策です。

スピーキングは4つタスクが各4点満点で採点され、それが30点満点に換算されます。スピーキングで22点取得は以下のうちわけを狙います。

タスク1 : 3点
タスク2 : 3点
タスク3 : 3点
タスク4 : 2点

タスク3と4は難易度が高いため、まずはいかにタスク1と2の回答の精度をあげていくかがポイントです。以下の手順で勉強していきましょう:

  • 手順1:メモのとり方を覚える
  • 手順2:テンプレートを覚える
  • 手順3:録音内容と模範回答を比較する
  • 手順4:メモをみながらぶつぶつ練習する

まずは、メモのとりかたを覚えます。回答できちんと重要なポイントと詳細説明を話すためです。

メモは1文につき、1語だけ書きとることが大切です。メモをとりすぎると、音源を聴き逃します。

TOEFLスピーキングの回答の7割はリスニングが占めます。スピーキングのリスニング内には無駄が一切ありませんので、終始ポイントをメモし続ける必要があります。

次に、スピーキングのテンプレートを覚えます。メモをしたキーワードをテンプレートにあてはめながら、話すイメージをもってください。

模範回答と自分の回答を比べて、きちんととトピックや具体例が含まれているか確認してください。

回答は暗記するのではなく、メモでとったキーワードを眺めながら5-7語程度の文章を構築することがポイントです。

以下にTOEFLスピーキングのテンプレートをまとめたので、参考までにどうぞ:

ライティングの勉強法

次に、TOEFL100点を狙うためのライティング対策です。

ライティングは2つのタスクが各5点満点で採点され、それが30点満点に換算されます。ライティングで22点取得は以下のうちわけを狙います。

タスク1 : 4点
タスク2 : 3点

ライティングで22点を狙うためには、以下の手順で勉強していきましょう:

  • 手順1:語彙力と文法力の強化
  • 手順2:リスニング力の強化
  • 手順3:型を元にライティング練習
  • 手順4:フィードバックをもらう
  • 手順5:再度ライティング

ライティングは基礎力がないと全く歯が立ちません。最初はリーディングとリスニングの対策を重点的におこなう方が効率がよくなります。

タスク1のIntegratedライティングは、RLの3つのポイントと補足詳細がきちんと含まれていることが4点を狙う鍵です。スピーキング同様に、メモのクオリティを上げる必要があります。

Integratedライティングのリスニングの内容を、口頭要約できるか復習時に試してみてください。これはスピーキングの練習にもなります。

タスク2のIndependentライティングは、とにかく文字量にこだわります。350字以上必ず書いてください。それが3点獲得において大切なポイントです。「あれ、何か違和感を感じるな」と思う内容でも、3点はでます。

Independentで4点を取得するためには、構成と論理が大切ですが、自分で復習するのは難しいので、誰かにフィードバックをもらうことが現実的です。

以下に段落構成についてまとめたので参考にしてください:

まとめ

TOEFL100点は長期的に戦略をもって対策する

最後に今回の記事のポイントをまとめておきます:

  • ポイント1:TOEFL100点は英検1級に余裕で合格できるレベル
  • ポイント2:TOEFL100点はリスニングが鍵
  • ポイント3:長期的に戦略をもって対策する

TOEFLで100点以上取得することは非常に難しいです。実際にネイティブでも初めてテストを受けると100点が取得できないケースも多いのです。

単に英語を勉強するのではなく、現状を正しく理解して適切な戦略をとって勉強計画を立てることがTOEFL対策では重要になります。自分の英語力を過小評価、課題評価せず正しく現実と向き合い、一歩ずつ前進していきましょう。

TOEFL100点までは独学でTOEFLの勉強をしっかり行えば、取得できるようになります!何度でも立ち上がりましょう!諦めないでください!

最後にTOEFL対策でなにかお悩みがあればお気軽にご連絡ください!

メールで相談する

LINEで相談する

1 Comment
  1. ritomia 1か月 ago

    本当にびっくりしたのは半年の間、結構勉強してTOEFLのTPOを受けました。勉強した内容はofficial guide2周とその他もろもろ市販で売ってるTOEFL教材。結構reading 14点でlistening 8点でした。ちなみ僕はTOEIC940もっています。表でいうところのTOEFLの72-94ですかね。友人はTOEIC700前半で72取ってました。TOEICと違うのは100も承知ですが、よく点数基準が分からないです。TOEIC900もっており、どれだけ勉強したら40→100取れますかね?真剣に悩んでます

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?