ロンドンビジネススクール (LBS)MBAの特徴と進学方法を紹介

ロンドンビジネススクール (LBS)の学費と日本人にとっての難易度を検証

こんにちは、SOLOのルークです!

MBA進学希望者の方に、TOEFLやIELTSを教えています。

今回の記事は、ロンドンビジネススクール(LBS)MBAの特徴と進学方法を紹介します。

LBSは自分の専門性を磨く場としても、キャリアをダイナミックに変革させる場としても活用できるMBAコースです。ロンドン大学によって運営されているヨーロッパ最高峰のMBAの1つですね!

それでは、詳しく見ていきましょう。

ロンドンビジネススクール (LBS)MBA

まずは、基本情報を確認してみましょう。

都市London, United Kingdom
生徒数532人
コース期間15 / 18 / 21か月 (選択制)
受験者数N/A
合格率N/A
GMAT平均値707
英語の必要資格必要だがスコア詳細なし
平均勤務年数5.5年
平均年齢24 – 38歳
ウェブサイトhttps://www.london.edu/masters-degrees/mba

LBS MBAは「世界のビジネスにインパクトを与えること」というビジョンを掲げ運営されています。

22年度の入学者数は532人です。受験者数は非公表ですので、LBSの合格率は不明です。一方で、平年は25%前後の合格率で推移しています。

英語の資格としては、IELTSかTOEFLが必要ですが基準値は明記されていません。合格者のGMAT平均点は707と、米国トップMBAと比べて低めですが、日本人受験生にとっては容易ではありません。

また、LBSではコース期間を15・18・21か月の3択から選べるようになっています。期間によって、入学要件や学費が変わったりはしません!

学費

LBSの2022年度の学費を確認してみましょう :

学費(年)£97,500
卒業までの概算総費用£127,500 – £139,500

LBSの学費は、2022年8月現在のレートでおよそ1,600万円です。生活費込みの卒業までの費用はおよそ2,090-2,290万円です。選択するコース期間により、総額費用は変わります。

LBSの学費は、受講期間が15-21カ月であることを考慮すると、トップMBAの中では割安だといえます。また、学費は年間2-5%の割合で高くなり続けています。

ランキング

LBS MBAの世界ランキングの推移です。

YearQSFTEconomist
20226位8位N/A
20217位2位N/A
20206位7位N/A

LBSは常にトップ10にランクインしています。LBS MBAの2022年度の世界ランキングは、大学格付け機関QS 6位、FT 8位となっています。

QSのランキングは、「雇用機会(40%)、起業家精神と卒業生の成果(15%)、投資収益率(20%)、リーダーシップ(15%)、クラスと教員の多様性(10%)」の内訳にて評価されています。

FTは、「加重平均給与、昇給率、女性教員・学生の割合、キャリアアップ」など多岐にわたって評価されていますが、その比重は公開されていません。「企業の社会的責任・卒業生の推薦」が評価に含まれていることが、他社との違いです。

Economistは、「新しいキャリアの機会(35%)、自己啓発/教育経験(35%)、給与の増加(20%)、ネットワークの可能性(10%)」の4点が評価対象です。

その他の情報

最後に、その他のデータを確認します。

留学生比率94%
女性比率38%
卒業3か月以内就職率92%
キャリアの目標達成率91%
キャリアサポート37位
卒業生推薦ランク5位

LBSの在学生のほとんどが留学生です。女性比率は過半数からは程遠いですが、毎年数パーセントずつ改善されています。

また、卒業3か月以内就職率は9割を超えています。卒業生の推薦ランクも非常に高く、満足度も高いプログラムであることが伺えます。

LBS MBAの進学方法

LBS MBAの出願条件は以下です。

  • IELTS (TOEFL)
  • GMAT (GRE)
  • 学士の成績
  • 推薦状
  • エッセイ
  • レジュメ(職歴)
  • 願書
  • インタビュー

上記の出願要件は、トップMBA校ですと、おおよそどこも同じです。

出願のための第一歩は、IELTSやTOEFLの英語資格の準備です。LBSのウェブサイトには、具体的なスコアの記述がありません。ですが、私がみてきた学習者の方は、IELTS7.5、TOEFL105以上のスコアで出願されていました

IELTSかTOEFLの相性は、実際に両方の模試を受けてみると分かります。実際には、LBSはイギリスということでIELTSで対策をされる方が多いです。

英語とGMATのスコアメイクを終えられると出願可能です。その他のトップ校と比較をすると、合格率はやや高めですのでチャンスが大きく広がります。まずは、高い英語力をつけることから対策を始めましょう!

メッセージ

今回の記事のポイントをまとめておきます:

  • QS世界大学ランキング6位
  • 学費は1,600万円
  • 出願にはIELTSかTOEFLが必要

LBS MBAの特徴はある程度把握できましたでしょうか。

興味がある方は、下記の動画でキャンパスツアーをしてみましょう。

自分が実際にキャンパスにいることをイメージすると、より海外留学をする実感をえられるのではないでしょうか。

私がLBSのウェブサイトを見て感じるのは、

  • 各自が違う考えをもっていることを尊重している
  • 世界の課題を解決するための思考と対話の方法を学ぶ

ということです。

その他の海外MBA校や情報は下記のサイトにまとめておりますので、必要な場合はご参照下さい。

最後に、弊社は海外MBAを志す方に、TOEFLとIELTSをオンラインで専門的に教えています。英語対策でお悩みなどありましたら、遠慮なくご連絡下さい!

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?