スイスのIMD MBAの特徴と日本人にとっての難易度を徹底検証

スイスのIMD MBAの特徴と日本人にとっての難易度を徹底検証

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLルークです。

この記事ではスイスのIMD MBAの特徴と日本人にとっての難易度を徹底検証します。

IMDの最も大きな特徴としては、旧来型のMBAプログラムを超えてデジタル世界でのマネジメントの攻略に力を入れている点です。

日本人志願者にとっては非常に高く設定されているTOEFLまたはIELTSとGMATの攻略が合格の鍵を握ります。

それではIMD MBAの特徴をデータを元に見てみましょう

スイスのIMD MBA

スイスのトップMBAであるIMDのビジョンは、組織を変革し社会に貢献するリーダーの育成とあります。

そのために「勇気、パイオニア、オープン、協調性」という4つのバリューを大切にしています。

まずはIMD MBAの基本情報を確認してみましょう。

都市Lausanne, Switzerland
生徒数90人
学費(12か月)CHF 90,000
総費用(12か月)CHF 129,000
コース期間12か月
受験者数430
合格率30%
GMAT平均値680
英語の必要資格TOEFL105 or IELTS7.5
平均勤務年数7.0年
平均年齢31歳
ウェブサイトhttps://www.imd.org/mba/one-year-mba-program/

学費、総費用共に欧州MBA校の中でもトップクラスに高額です。特徴的な点としては生徒数を少なくして少人数制にこだわっていることです。

TOEFL or IELTS、GMATは欧州MBAの中ではかなり高い数値となっており基礎学力を重要視していることが伺えます。

IMD MBAの場所

IMD MBAの場所を確認しておきましょう。IMDはスイスのローザンヌ市に位置しており、キャンパスのロケーションも各駅から徒歩圏内となっています。

IMD MBAの特徴

次にIMD MBAの世界ランキング、給与と将来のキャリアの特徴を順にみていきましょう。Financial Times(FT)のデータを参照しました。

まずはIMDのフルタイムMBAの世界ランキングの推移です。

世界ランキング

202025位
201922位
201824位
平均24位

IMDの世界ランキングは25位、欧州MBAランキングでは11位に位置しています。FTのランキングは20項目から評価されますが、特に給与の伸び率を重要視しております。

給与

次にそのIMD MBAの入学前、卒業後の給与平均を比べてみましょう。

入学前$82,000
卒業3か月後$135,635
卒業3年後$160,389
投資回収2.7年

給与は卒業直後で1.65倍に、3年後には入学前の1.95倍となっています。特に卒業直後での給与の伸び率が著しくなっています。

その他の情報

IMD MBAのその他のデータとして気になる点を確認しましょう。

留学生比率98%
女性比率28%
卒業3か月以内就職率83%
卒業生のよる推薦ランク24位
キャリアサポート25位

スイスのMBAスクールということもあって、ほとんど全員が留学生環境ですが女性比率はかなり低めとなっています。

一方で、キャリアサポートは充実しているにもかかわらず卒業3ヶ月以内の就職率が83%と他校より低めになっている点が気になります。

IMD MBA卒業生の就職先

それではIMD MBAの卒業生がどういった就職先についてるのか見てみましょう。

コンサルティングが28%というのも高めですが、マネジメント、マーケティング職につく卒業生が20%を超えている点が最も特出しているといえます。

他のMBAスクールとの違い

それではIMD MBAが、海外の他のビジネススクールとどう違うのかをウェブサイトやデータからまとめてみましょう。

  • パーソナライズされたカリキュラム
  • デジタル世界を制すツールの提供
  • 100人以上のコーチの在籍
  • デジタルラボにてプログラミング
  • イノベーションにこだわる
  • スタートアップとデザインエコシステム
  • 世界40カ国からの留学生

「デジタル」というキーワードが入ったMBAスクールはIMDのみです。旧来のMBAスクールの叡智と今後の社会の流れを汲み取ったカリキュラムになっていることが想像できます。

日本人にとっての難易度

IMD MBAの日本人にとっての難易度を考えてみましょう。英語とGMATのスコアメイクが最も大変です。

一方でスコアメイクがきちんと出来れば合格率が30%を超えているためさほど難易度は高くないでしょう。

英語のスコアメイクに最も時間がかかるのがMBA受験ですが、IMDはTOEFL105 or IELTS7.5と欧州MBAの中では非常に高い水準となっています。

TOEFLとIELTS、GMATのスコアをなるべく早く取得して、エッセイやインタビューでの独自性の追求をすることが合格につながるでしょう。

TOEFL105 vs IELTS7.5

IMD MBA応募に必須のTOEFL105もしくはIELTS7.5はどちらで対策すべきかという相談をよく受けます。

TOEFL105とIELTS7.5は同等の難易度ですので、自分に合ったテスト形式を選ぶと良いでしょう。

具体的には、LRに自信がある人はTOEFL、対面で話すことに慣れている人はIELTSを選ぶと目標スコアに到達しやすい傾向があります。

MBA生向けにTOEFLとIELTSを比較した記事は以下を参照にしてください。

メッセージ

IMD MBAの特徴と日本人にとっての難易度は把握できましたでしょうか。

IMDのTOEFL105 or IELTS7.5というスコアは海外トップMBAスクールの中でも非常に高めの基準となっています。逆にこのスコアを到達すると英語で足切りをされることはほとんどなくなります。

どれだけ難しく見えるTOEFLやIELTSであっても英語であること、言語であることに変わりはありません。何度挫折しても立ち上がり、分からない事を1つずつ打ち消していく事で必ず到達できます。

弊社はIELTSとTOEFLに特化しています。スコアメイクで苦労している、もしくは時間短縮したいという人は遠慮なく私に相談してくださいね。

きっとお力になれます

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?