IELTS初心者がスコア5.0を目指す勉強法を紹介

【IELTS5.0以下必読】バンドスコアが低い初心者がやるべき勉強方法

こんにちは、SOLOのルークです!

IELTSを専門的に教えています。

今回の記事では、「IELTS初心者がスコア5.0を目指す勉強法」について紹介していきます。

初心者の人にとっては、IELTSは難易度が高く感じるテストかと思います。無理にIELTS対策をしても学習効率が下がってしまうため、自分のレベルに合った英検からスタートすると良いです!

それでは、詳しく見ていきましょう。

IELTS初心者とスコア5.0

まずは、IELTS初心者の定義を共有しておきたいと思います。

この記事では、「高校の英語に抜けがある方」「英検2級レベルに不安がある人」を初心者とよびたいと思います。

IELTSは英検1級よりも若干難しいテストです。従って、高校英語に抜けがある場合、対策が困難なテストになっています。

IELTS初心者の人たちは、まずはスコア5.0を目指すのをオススメします。中高の基礎英語がきちんと理解でき、ある程度のアウトプット(話す・書く)量を示すことができれば到達可能です。

5.0のレベル感

IELTS 5.0のレベル感を詳しく確認しましょう。

IELTSTOEFL iBTTOEIC英検
9.0116 – N/AN/A
8.0 – 8.5106 – 115N/AN/A
7.0 – 7.595 – 105945 – 9901級+
6.0 – 6.572 – 94805 – 940準1級 – 1級
5.0 – 5.555 – 71605 – 8002級 – 準1級
4.0 – 4.542 – 54410 – 6002級

この表は、弊社が指導してきた受講生のスコアから算出した数値です。

IELTS5.0は、およそ英検2級と準1級の中間のレベルです。英検2級は余裕を持って合格できるが、準1級は人によっては落ちるかもしれません。そういったレベル感です。

また、TOEIC換算ではおよそ600-700点、TOEFLでは55点前後になることが多いです。

IELTSは、こ世に出回っているスコア換算よりは低めに出ると思った方が良いです。テストのレベル自体が英検1級より若干難しい事を考えれば、わかりやすいかと思います!

必要な勉強時間

IELTS 5.0取得に必要な勉強時間です。

CEFR / IELTSCEFRの定義必要学習時間
C2 / 9.0熟練した言語使用者1,000 – 1,200
C1 / 8.0700 – 800
B2 / 7.0自立した言語使用者500 – 600
B1 / 6.0350 – 400
A2 / 5.0基礎段階の言語使用者180 – 200
A1 / 4.090 – 100

上記データによると、およそ180 – 200時間勉強をするとIELTS5.0に到達することが分かります

1日に1時間勉強すれば、およそ7ヶ月で到達します。ですが、実際にはもっと長くかかります。初心者の方が、IELTS5.0に到達するためには、1日2-3時間の勉強をおよそ1年ほど見込んでおくと良いです。

このケンブリッジのデータは、日本人以外の比較的英語を学びやすい国の人たちも含まれています。日本語は英語からかけ離れた言葉です。一般的には、他の国の人と比べて、スコア達成までにはより時間がかかります

IELTS初心者の勉強法

IELTS初心者にオススメの勉強法ですが、リーディングとリスニングは英検を活用すると良いです。英検は、自分のレベルに合った級から始められるので挫折をせずにすみます。

英検準1級の問題に、7割以上正答できるようになった時点でIELTSに移行すると良いでしょう。

ライティングとスピーキングに関しては、初めからIELTS対策をすると良いです。IELTSは、パートが進むごとに難易度が上がるように作られています。初心者の方でも、自分に合った問題でアウトプットの練習をする事が可能です。

下記に、詳しく解説しています。

英検の活用

リーディングとリスニングに関しては、初心者の方は英検を活用して勉強します。基礎に抜けがあると、IELTSは難しすぎて対策ができないためです。

英検を活用することで、途中で挫折するのを防ぐことができます。

具体的には、英検2級で満点、もしくは英検準1級で7割の正答率を目指して勉強していくと良いでしょう。到達する頃には、IELTSのリーディングとリスニングは対策なしで5.0に近づきます。

リーディングは、自分に合った級の、過去問10回分を回答することから始めてください。少なくとも問題を3往復ほどし(計30回)、選択肢を見なくても答えが分かるぐらいに定着させてください

ここでのポイントは、出てくる語彙を、全てもれなく暗唱することです。分からない単語はフラッシュカードにまとめていくと良いです。

最終的には、英検準1級の参考書に出てくる単語を完璧にすることを心がけてみてください。英検準一級の単語は、IELTS対策のベースになります

リスニングは、問題に回答することよりも、英検の音源の真似をしていくことを中心にしていてください。真似は、以下のようにします。

1文を聴き終えてから、1文全てを復唱しているのが分かるかと思います。最初は、難易度が高く難しいかもしれませんが、1文ずつ丁寧にチャレンジしてみてください。

きちんとできているかどうかを確認するために、自分の発音を録音して、オリジナルの音源と比べてみてください。発音がおかしいところは、徹底的に修正します。

どうしても自分で真似ができない人は、「書き出す」のでも構いません。きちんと書き出せるということは、聴き取れている証明になります!

文法学習の勉強法

英検の学習だけでは、文法の抜けを埋めることができません。

IELTSには、難しい構文が出てきます。高校レベルの英文解釈に不安がある人は、併用して大学受験用の文法書を使用しましょう

例えば、以下のような参考書を活用すると良いです:

そもそも文法の知識全般に不安がある人は、1「English Grammmar in use」から始めると良いでしょう。

知識はそこそこあるけれど、定着に不安がある人は、2「全解説頻出英文法・語法問題1000」を。

英文法の理解は大丈夫だけれど、難解な文章の文構造を読み解くのが苦手な人は、3「ポレポレ英文読解」をオススメします。著者がYouTubeで解説もしています

文法は短期集中で学習をする方が効率が良いです。忘れることを前提として、1-2ヶ月程度で、3往復はすることを心がけてみてください!

スピーキング

スピーキングはいきなりIELTS対策をします。

IELTSのスピーキングは、3つのパートから成り立っています。パートが進むごとに難易度が上がります。

初心者の方は、まずはパート1の攻略に注力しましょう。パート1は、身近な質問に対する回答です。自分に関係した、事実に関してきちんと描写ができるようにする事が目的です。

ポイントは、短い文章を話すことです。意識としては、4-7語程度です。短い文章を話すことで、エラーや詰まりを減らすことができます。

問いに対して、短い文章を2、3文立て続けに連ねることができると、スピーキングはスコア5.0に到達させることが可能です。

このレベル感の人には、オンライン英会話なども有効です。とにかく瞬発力を持って、何か答えることが大切なスコアです。オンライン英会話で瞬発力を鍛えましょう!

ライティング

ライティングは、初心者の方が最も苦労されるセクションではないでしょうか?

おそらく指定の文字数を埋めることがまず大変かと思います。個人的なオススメは、パラグラフごとに練習することです。

いきなり、何百字ものライティングをするのは困難です。ですが、パラグラフですと、50-80字程度から始めることが可能ですので、挫折をせずに済みます。

ここでもスピーキングと同様に、エラーミスを防ぐために、文章はなるべく短い文章で書きましょう。長い文章を書くことによって高得点を狙うことは可能ですが、まずは短い文章をきちんとxことが大切です。

同時に、早く書く練習も必要ですので、時間制限を設けましょう。最初は、「一パラグラフ10分」を意識し、できるようになったら時間を短縮していきましょう。

そもそも一つの文章を書くのに時間がかかる人は、話すように書くことを意識してみてください。まずは口語で書けるようになることを目指しましょう。

また、頭の中で「主語を書いたから、動詞、動詞を書いたから目的語」とSVOCを唱えながら書くのも一つの手です。慣れてきたら、考えなくても書けるようになります!

最後に

今回の記事のポイントを以下にまとめておきます:

  • IELTS初心者はまずはIELTS5.0を目指そう
  • RLは英検を中心に対策
  • SWは短い文をアウトプット

以上が、IELTS5.0のレベル感と初心者がやるべき勉強法の紹介でした。

IELTS 5.0は、中級レベルの入り口ともいえます。個人的には、初心者の方が最初のベンチマークとして目指すスコアとしてはオススメです。

重複しますが、IELTS対策をするには、基礎に抜けがないようにしておくことが大切です。英語の基礎とは、「文法、語彙、発音」の3つのことを指します。

無理にIELTSの勉強をするのではなく、中高の英語に立ち返り、英語の基礎3要素をきちんと身につけることを意識しましょう。

IELTSに関する、対策記事は全て以下にまとめていますので、必要な人は参考にしてください。

最後に、弊社はオンラインでIELTSを専門的に教えています。英語対策でお悩みなどありましたら、遠慮なくご連絡下さい!

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?