【IELTS】リスニング対策のロードマップ

【IELTS】リスニング対策のロードマップ

この記事では、IELTSリスニング対策に必要な全ての情報をまとめてあります。

情報は以下の構成になっているので、自分にとって必要な情報を確認してみることをオススメします:

  • 「前提知識」編
  • 「リスニング力の土台」編
  • 「実践練習」編
  • 「テクニック」編
  • 「番外情報」編

それぞれ、詳しく解説した記事のリンクを添付しているので、気になった記事があれば読んでみてください。

前提知識 編

これからIELTS対策を始めるという方は、以下の概要と問のパターンについての記事を読んでおくといいでしょう:

まずはリスニングの問題傾向を理解することで効率的に勉強計画をたてることができます

リスニング力の土台 編

リスニング力自体に自信がない人は、 以下の順でトレーニングしてみてください。

少しでも自信がないポイントがあれば、記事を確認してみましょう:

発音を軽視する人がL6.5を越えられない一番の理由です。

実践練習 編

まずはリスニング10パターンの問を1つずつ特徴を理解した上で解いていきましょう。

どれも出る可能性があるので、順番に読んでおくことをお勧めします。

その上で下記のパートごとの例題を回答してみてください。

解き終わってからの、 オーバーラッピングとシャドーイングの復習が全てだと認識しましょう

テクニック 編

以下の記事は、リスニングの際に役立つテクニックです。

あくまでテクニックなので、参考程度に読んでおくことをオススメします:

以上が、スピーキングのテクニックでした。

テクニックは英語の基礎の音、つまり母音、子音、音声変化の3つの上に成り立ちます

番外情報 編

以下は、リスニングで役に立つと思われる情報をまとめた記事です。

以上がリスニングに必要と思われるロードマップです。

自分に必要だと思う情報の記事を読んでみてください。

聞き取れない人へ

英語が聞き取れない理由は以下2つしかありません。

  • 単語、フレーズの意味がわからない
  • 自分で英語の音が生成できない
    (発音が悪い)

単語の意味がわからないと、聞き取れない。これは想像できますよね。もう1つ、

英語には、自分で生成できる音は聞き取れるというルールがあります。

つまりIELTSの音源と同じ音が生成できるトレーニングをしていけば必ず1語1句正確に聞き取ることができるようになります。

You CAN do it.

他にも気になるところや、詳しく説明して欲しい部分があればいつでも連絡してください。

以下が著者のSNSアカウントです:

英語の「今まで」と「これから」

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?