【タスク1の書き方まとめ】 IELTSライティング対策

【タスク1の書き方まとめ】 IELTSライティング対策

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLのルークです。

今日はIELTSのライティングのタスク1の書き方を徹底解説します。

最後に練習問題と解答例があるよ

ライティングタスク1対策

IELTSのライティングのタスク1には確固たる対策方法があります。対策をするにあたって以下が大切なポイントです。

  • 型と内部構成を覚えている
  • 図表の何を見れば良いかわかる
  • 主要な特徴を読み取れる
  • 概要パラグラフが明確に書ける

図のどこに焦点を当てるかコツを掴もう

【スコアアップのコツ10選】IELTSライティングのタスク1対策

タスク1の概要

詳細に入る前にTask1の概要について理解しましょう。

  • 目安は20分
  • 文字数は150字以上。
  • 図表を見てそのデータや特徴を要約

例えば以下のような図が出題されます。

IELTSライティングTask1バーグラフ

これを見て何を書けば良いかわかるかな?

あくまで図表のデータや特徴の要約なので自分の意見は必要ありません。

よって限定された型と内部構成に沿って書くことが重要になるのです。

Task1の型と内部構成

以下がTask1のライティングの型になります。

  1. Paraphrase Sentence (導入) : 1文
  2. Overview (概要): 2-3文
  3. Detail 1 (詳細): 2文
  4. Detail 2 (詳細): 2文

基本的に4つのパラグラフで書きます。型の基本的な内部構成は以下になります。

導入
1文目- 質問のパラフレーズ

概要
1文目- 1番目に主な特徴
2文目- 2番目に主な特徴
3文目- 一般的な特徴の比較 (必要に応じて)

詳細
1文目- 1番目に主な特徴の詳細1
2文目- 1番目に主な特徴の詳細2
3文目- 比較 (必要に応じて)

詳細
1文目 – 2番目に主な特徴の詳細1
2文目 – 2番目に主な特徴の詳細2
3文目- 比較 (必要に応じて)

問のパターンによっては内部構成が少し変わります。

【型と内部構成】IELTSライティングのストラクチャ完全解説

7パターンの問

Task1の問題は以下7パターンがあります。上から順に出やすい順です。

  1. ライングラフ
  2. 棒グラフ
  3. パイチャート
  4. テーブル
  5. 複数の図表
  6. 地図の問題
  7. ダイアグラム

どのパターンの問でも型は同じで4つのパラグラフで書くよ

Task1の書き方

書く際に大切になるのがタイムマネジメントです。以下がタスク1の時間配分です :

  • 主な特徴の読み取りと構成 : 3-5分
  • 実際のライティイング : 10-15分
  • 見直しと手入れ : 3-5分

タスク2のために時間を割こうと見直しと手入れを怠る人がいます。

文法や語彙間違いでスコア落ちちゃうよ

書き方1. 主な特徴の読み取り

それでは実際のタスク1のパイチャートをみてみましょう。

IELTSライティングTask1パイグラフ

いきなり書き始めてはいけません。図から主な特徴を3つほど読み取りエッセイの計画をたてます。

主な特徴を読み取るためには以下に着目します :

  • データは何を伝えようとしているか
  • 急な上がり下がり
  • 一番目立つ「差」
  • 類似点
  • 例外
  • 一番の高い数字と一番低い数字

【書く前に確認すべき10のポイント】IELTSライティングタスク1対策

書き方2. 問をパラフレーズ

最初の導入パラグラフでは問をパラフレーズします。きちんと語彙力があることを示すためです。

上のパイチャートの問をみてみましょう :

問:
The charts below show the results of a questionnaire that asked visitors to the Parkway Hotel how they rated the hotel’s customer service. The same questionnaire was given to 100 guests in the years 2005 and 2010.

それでは問をパラフレーズしてみましょう。

The pie charts illustrate how the customer service of the Parkway Hotel was rated by 100 customers in 2005 and 2010 by answering a questionnaire.

赤字の部分がパラフレーズされていますね。

問をそのまま使用すると文字数としてカウントされないよ

【導入パラグラフの書き方】IELTSライティングタスク1対策

書き方3. 概要を書く

Task1で最も重要なのが概要であり、採点官はまず概要をみます。

概要パラグラフをみて評価基準のTask Achievement「タスク達成度」のおおよそのスコアを決めます。

書き方1で着目したポイントを元に主な特徴を1、2文で簡潔にかきます。

まずは自分で書いてみてね

The overall impression of the customers changed dramatically and generally improved in 2010 compared to 2005. Most guests suggested that the customer service of Parkway Hotel was either satisfactory or poor in 2005, while it was rated as good and excellent in 2010 by most customers.

概要を書く注意点としては数字を入れないことです。

数字などのデータは詳細パラグラフで使用して詳しく解説します。

【Overview「概要」の書き方】IELTSライティングタスク1対策

書き方4.詳細を書く

最後に詳細を書いていきます。詳細パラグラフでは「概要」で述べたものを3文ほどで具体的に説明します。

詳細パラグラフ1
In 2005, although most of the guests (45%) were satisfied with the customer service, 21% and 15% of the customers complained that the customer service was poor and very poor, respectively. Meanwhile, only 14 guests reported that the customer service was good while only 5 guests thought it was excellent.

詳細パラグラフ2
In comparison to 2005, the customer service in 2010 improved significantly. 39% of the guests suggested that the service is good and 28% thought it was excellent. In total, 67% of the customers gave a rating beyond satisfactory. At the same time, the number of poor ratings and very poor ratings reduced to only 12% and 4%, respectively. Finally, 17 guests provided a rating of satisfactory for the customer service of Parkway Hotel.

詳しい詳細の書き方は下記を参考にしてください。

【Detail「詳細」の書き方】IELTSライティングタスク1対策

タスク1の例題

最後にタスク1の例題を解いてみましょう。

You should spend about 20 minutes on this task.

The graph below shows the percentage of people going to cinemas in one
European country on different days.

Summarize the information by selecting and reporting the main features and make comparisons where relevant.

You should write at least 150 words.

8.0の添削解答

The bar chart gives information about the proportion of people who went to the cinema from Monday to Sunday in three different years, namely in 2003, 2005 and 2007.

Overall, what stands out from the graph is that in these three years the highest percentage of people are observed on Saturday and despite minor differences the figures for these years follow similar patterns.

As far as the year 2003 is concerned, the lowest percentage is observed on Monday, at 10 percent, and while it fluctuates at around 17 percent from Tuesday to Thursday, it sharply increases to exactly 30 percent on Friday to reach a high of two-fifths on Saturday, before finishing at Saturday’s level at the end of the week

Turning to 2005, the figures oscillates at around 15 percent between Monday and Thursday, before witnessing a climb to roughly one third on Friday to reach a peak of 45 percent on Saturday. Finally, on Sunday the percentage ends at just below 35 percent.

With respect to 2007, the proportion of people going to the cinema experiences fluctuations of around 15 percent at the beginning of the week, surging to one third and exactly 45 percent on Friday and Saturday respectively. Then it significantly decreases to marginally below 35 percent.

軸に3つの年代があったので詳細パラグラフの3つ目をエキストラで用意しました。

このぐらい書けてやっと8.0です。

いろいろな問題と解答例を参考にしたい人は以下のブログをみてね

IELTSライティング対策|タスク1例題と5.0→8.0解答例

まとめ

タスク1を上手に書くためにはまずは問の型と内部構成を覚える。

その上で主要な特徴の読み取りをして、概要パラグラフにまとめる。

その詳細を後続のパラグラフで展開していくことです。

一見難しく見えるタスク1は実は得点源だね

英語の「今まで」と「これから」

最短で伸ばすならSolo

SoloはIELTSのスコアを最短で伸ばします。

自分だけで学習できる自信がない人は是非一度カウンセリングに来てみてね。

弊社のIELTSのプロ講師たちが待ってるよ。

Solo IELTS TOEFLサポートページ

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?