【IELTSライティング対策】タスク1の例題と模範解答例を5パターン紹介

IELTSライティング対策|タスク1例題と5.0→8.0解答例

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

今回の記事では「IELTS のライティングタスク1の全5パターンの例題と模範解答例」を紹介します。

「IELTSライティングのスコアで伸び悩んでいる方」や「ライティングタスク1が苦手な方」の参考になれば幸いです!

解答例を参考にして「ライティングの型」や「データで着目しているポイント」を把握しましょう。全ての設問形式で書くべきことがわかるだけでスコアが安定するはずです!

それでは詳しくみていきましょう。

IELTSライティング「タスク1」の概要

ライティング「タスク1」の概要

まずはIELTSライティング「タスク1」の概要を確認していきましょう。以下が簡単な概要です:

概要図表やデータの描写
時間20分
文字数150字以上
設問形式形式1:ラインチャート
形式2:棒グラフ
形式3:円グラフ
形式4:ダイアグラム
形式5:表(テーブル)
形式6:地図)
(形式7:複数の図表)
注意点・配点は「タスク2」の半分
・スペルミスは減点対象
・不完全文章や箇条書きは減点対象

タスク1は図表を見てそのデータや特徴を要約する問題が出題されます。 厳密には設問形式は7パターンありますが「形式6:地図」「形式7:複数の図表」は出題傾向が高くないので今回は「形式5」までを紹介します。

タスク1の対策はタスク2と比べると容易です。なぜなら自分の意見を書く必要がないので、図表の着目するポイントと、ライティングのフォーマットや語彙を覚えればバンドスコア6.0以上は確保することができます。

図表に関するライティングに慣れていないと実際よりもかなり難易度が高く感じてしまい焦ってしまいます。しっかりと問題の本質を見極めていきましょう!

ライティング「タスク1」の評価基準

次にライティングの評価基準を確認していきましょう。以下が簡単にまとめた評価基準です:

タスクへの返答(TA)タスクに対して十分かつ適切に回答できているか
一貫性(CC)段落構成が一貫していて論理的に展開されているか
語彙(LR)様々な語彙を適切に使用できているか
文法(GRA)複雑な構文を適切に使用できているか

語彙や文法のミスが多少あっても、ライティングの型に沿って書くことでバンドスコア「6.0」までは比較的容易に取得できるようになります。

一方でバンドスコア「7.0以上」を目指す場合は、語彙と文法のミスはほとんど許されません。また「語彙力の豊富さ(LR)」「文法知識(GRA)」の観点を伸ばすために、積極的に難しい語彙や表現を書き出す必要があります。

ライティングの型を覚えたら、数値を表すために必要な語彙や英語表現を覚えて実際に使えるように勉強しましょう。文章内で同じ語彙を繰り返し使用しないことがポイントです!

「タスク1」 ライティングの型

参考までに以下が「タスク1」の基本的なライティングの型になります。参考までにご確認ください:

  • 1段落:Paraphrase Sentence(導入)- 1文
  • 2段落:Overview(概要)- 2-3文
  • 3段落:Detail 1(詳細)- 2文
  • 4段落:Detail 2(詳細)- 2文

基本的には上記の段落構成でライティングをしていきます。上記の順番でライティングをすることで、論理展開のズレやミスを少なくすることができます。

また以下が各段落で書くべきポイントです:

  • 段落1(導入)図表が表していることを 1文で説明する
  • 段落2(概要)図表の大きな特徴の要約をする
  • 段落3(詳細1)特徴の詳細1を数値を参照にして説明する
  • 段落4(詳細2)特徴の詳細2を数値を参照にして説明する

まれに複数の図表が出題されることがあります。その場合は段落4で2つ目の図表の大きな特徴を説明しましょう。

以上のポイントが理解できたところで、実際にライティング「タスク1」の例題と解答例をみていきましょう。

IELTSライティング「タスク1」例題と解答例

例題1:ライングラフ

The graph shows Underground Station passenger numbers in London.

Summarise the information by selecting and reporting the main features, and make comparisons where relevant.

You should write at least 150 words.

IELTSライティングTask1ライングラフ

バンドスコア「5.0」の解答例

This line chart gives information about the number of people who use the underground station in London according to the day hours since 6:A.M until 10 p:m. (6am and 10pm).

Overall, the graph clearly shows that the highest number of using the underground station is in the early morning, by contrast at the night makes up the lowest number.

The number of passenger since 6am significantly increases starting with 100 persons until reaching a peak which is almost 400 passengers around 8am , after this time the number of passengers sharply decreases there for at 10 am there is approximately 170 persons, while at (in the) afternoon the graph indicates several fluctuations starting from 11 until 4:pm to make up to only 100 passengers. The percentage of passengers jump again to about 360 persons at 6pm. Although the number after 6 starts to decreasing constantly to nearly 130 passengers at 10pm.

In conclusion, it is noticeable from the graph that there are fluctuations in the number of passengers who take the train during the day in London.

評価の詳細

  • TA:一般的にトピックに述べようとしている。しかし、概要が不明確かつ詳細が機械的。
  • CC:情報は適切に述べられているが、全体の流れが悪く、かつ重複している。
  • LR:アカデミックな単語がほとんど使われていない。単語の選択とスペルミスがある。
  • GRA:文法の使用は良いが、文のストラクチャーが限定的。初歩的なミスが多い。

例題2:バーグラフ

The chart below shows numbers of incidents and injuries per 100 million passenger miles travelled (PMT) by transportation type in 2002.

Summarise the information by selecting and reporting the main features and make comparisons where relevant.

You should write at least 150 words.

IELTSライティングTask1バーグラフ

バンドスコア「6.0」の解答例

The bar graph indicates figures of 100 million passenger miles travelled (PMT) that had incidents and injuries by transportation in 2002.

The highest number of incidents and injuries were from demand response by 260 PMT and 170 PMT respectively. In comparison, travel by bus occured (showed) incidents and injuries by almost the same figures by 70 PMT and 60 PMT which it was is in the same trend with commuter rail with incidents by 20 PMT and injuries by 15 PMT, but still the lowest figures compared with other modes of transportation. Heavy rail and light rail was ranking (ranked)second and third of the lowest numbers by 50 PMT and 70 PMT of incidents and 40 PMT and 45 PMT of injuries respectively.

In conclusion, the fastest transportation was by commuter rail whereas demand response was the most dangerous transportation from information from the chart. In my view, people should consider to travel by commuter rail. (151 words)

評価の詳細

  • TA:選択された上で適切に描写ができている
  • CC:Cohesive Deviceの使用に問題があり、 文にまとまりがない。
  • LR:適切な範囲の語彙を使用しているが謝りがみられるかつ重複している
  • GRA:難しい文法 にチャレンジしているが誤りが見られる

例題3:パイグラフ

The charts below show the results of a questionnaire that asked visitors to the Parkway Hotel how they rated the hotel’s customer service. The same questionnaire was given to 100 guests in the years 2005 and 2010.

Summarise the information by selecting and reporting the main features and make comparisons where relevant.

You should write at least 150 words.

IELTSライティングTask1パイグラフ

バンドスコア「6.5」の解答例

The two pie charts illustrate the rating, which was evaluated by the same questionnaires done (completed) by one hundred guests, on the customer service in the Parkway Hotel in 2005 and 2010. In general, the feedback from customers became more positive during in the five years.

There were only around one-fifth of the interviewees replied(-ing) that the customer service was good or excellent in 2005 but it soared by almost fifty percent in 2010. Visitors who rated the hotel was excellent surged by six times between 2005 and 2010.

Although nearly half of the responders claimed that the hotel was satisfactory in 2005, it plummeted to less than 20% in 2010. Around two-fifths of the visitors claimed that the services in hotel is (were) either poor or very poor and the numbers dropped significantly by half in 2010. The number of guests who thought the hotel was very poor decreased obviously (clearly), by almost four times from 2005 to 2010 from 15% to 4% (153 words)

評価の詳細

  • TA:主なトレンドに関しては概要は上手に示している。しかしカバーできる範囲の余地がのこっている
  • CC:ほとんどの場合において一貫性と流れを伴っているがCohesive deviceの使用において改善の余地がある。
  • LR:難しい単語を使用しようとしているが改善の余地がある。スペルミスなんどが散見される。
  • GRA:複文を使用したりしているが文法間違いや句読点の間違いがある。

例題4: ダイアグラム

The diagram below shows nitrogen sources and concentration levels in the groundwater of a coastal city.

Summarise the information by selecting and reporting the main features.

You should write at least 150 words.

IELTSライティングTask1ダイアグラム

バンドスコア「7.0」の解答

The labled (labeled) image illustrates both sources as well as concentration levels of nitrogen in the groundwater of a coastal city.

Overall, the main nitrogen sources are waste disposal in landfills, leaks from storage tanks, fertilisers and finally, more natural sources through ( such as) lightning and vegetation. Furthermore, the diagram also represents the concentration of nitrogen in groundwater due to the sources stated above, where landfill disposal is the greatest.

Nitrogen is oxidised by lightning and then undergoes a fixation process by (with) vegetation. However, it is the denitrification process which causes nitrogen to be found in groundwater. In addition to this, nitrogen is absorbed by soil particles due to fertilisers and then it leaks, resulting in an increase in the concentration of nitrogen in groundwater. Moreover, further sources of nitrogen include that of industrial leaks and waste disposal in landfills.

When comparing all these sources, and the concentration of nitrogen in the underground, the ones that secrete significantly greater concentrations are that of industrial leaks and waste disposal in landfalls (landfills). Finally, all of these nitrogen compounds are then directed towards the groundwater discharge zone and secreted to the ocean. (183 words)

評価の詳細

  • TA:主なトレンドに関しては概要は上手に示している。しかしカバーできる範囲の余地がのこっている
  • CC:論理的かつ一貫性を伴っている。Cohesive deviceの使用において改善の余地がある。
  • LR:十分かつ柔軟性をもって広範囲の単語を使用している。まれにスペルミスや単語の選択に改善の余地がある。
  • GRA:多様な複文を使用しており、ほとんどの場合において目立った間違いがない。

例題5:表(テーブル)

The table below describes the number of employees and factories in England and Wales from 1851 to 1901.

Summarize the information by selecting and reporting the main features and make comparisons where relevant.

You should write at least 150 words.

IELTSライティングTask1テーブル

バンドスコア「8.0」の解答例

The table below depicts the number of employees to in factories across England and Wales from 1851 to 1901.

In 1851 there is a staggering difference between the number of males and females employed with 287,100 and 190,000 respectively, making up a total of 477,100 employees to in 225 factories. Within two decades, while the number of factories rises by almost three times to 622, the number of total employees drops by almost two- thirds to 140,123. Employment is also significantly less male dominated with 80,123 males to 60,000 females.

From 1871 to 1881 a further increase is seen in factories, now reaching 721. Following this increase the number of employees drops further to 126,132. From 1881 to 1901 a steady decrease is seen in the number of factories dropping to 625 in a decade and then to 600 by 1901. Despite a decrease in the number of factories, the number of employees continues to decrease, reaching only a mere 61,000 to in 600 factories. However, the disparity between male and female employees is significantly reduced, as both are almost equally employed with 31,000 and 30,000 respectively.

Overall a growth is observed in the number of factories in the fifty year period, while the number of total employees is reduced significantly.
(207 words)

評価の詳細

  • TA:全てのタスクをカバーしている。特徴を的確かつクリアに表記している。
  • CC:情報を論理的に順序よく記載できる。パラグラフも効果的かつ十分に表現している。
  • LR: 十分かつ広範囲に柔軟性をもって単語を使用している。まれにスペルミスや単語の選択に改善の余地がある。難易度の高い単語も使用しているがごく稀に不正確な使用がある。
  • GRA:多様なストラクチャを用いておりエラーがない。

以上がIELTSライティング「タスク1」で出題される5パターンの設問と解答例でした。使えそうな表現はどんどん使って覚えていきましょう。

まとめ

ライティングは実際に書いて使える表現を覚えよう

今回の記事のポイントを以下にまとめておきます:

  • ポイント1:例題を元に実際にライティングする
  • ポイント2:解答例のフォーマットと英語表現を参考にする
  • ポイント3:解答例が着目しているポイントを参考にする

ライティングやスピーキングといった「アウトプットスキル」は実際にアウトプットして、その内容を正しく振り返ることでしか精度は向上しません。

単にライティングの数をこなすのではなく、採点基準を参考にしながら「改善できる部分はどこか?」と自分に問い続けて改善を続けましょう。

バンドスコア「7.0以上」はネイティブの領域です。採点基準を熟知したネイティブの方にフィードバックをもらうことが、より高いスコアを目指す上で重要になります!

IELTSライティング「タスク1」の書き方について以下の記事でより詳しく説明しています。もしよろしければご覧になってください:

最後にIELTS対策でお悩みなどがあればお気軽にご連絡ください。

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?