【問の種類とストラクチャ】IELTSライティングの型と内部構成を完全解説

【問の種類とストラクチャ】IELTSライティングの型と内部構成を完全解説

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLのルークです。

今日はIELTSの問の種類とストラクチャについて徹底的に解説します。

ストラクチャを知っておくと書くのが100倍楽になるよ

ライティングのストラクチャ

タスク1と2とも基本的には4つのパラグラフで書きます。タスク1の型 :

  1. Paraphrase Sentence (導入) – 1文
  2. Overview (概要) – 2-3文
  3. Detail 1 (詳細) – 2文
  4. Detail 2 (詳細) – 2文

概要パラグラフが鍵を握るよ

タスク2はエッセイのため、パラグラフの呼び名が変わります。タスク2の型 :

  1. Introduction (導入) – 3文前後
  2. Body1 (ボディ) – 3文
  3. Body2 (ボディ) – 3文
  4. Conclusion (結論) – 1~2文

導入から結論まで一貫性がある文章をかけるかがポイントになります。

タスク1と2の違い

タスク1では概要パラグラフに要点をまとめます。一方タスク2では導入パラグラフに自分の意見を明確に示します。

タスク1ではボディとは呼ばず、Detail「詳細」と表現します。自分の意見が必要ないからです。

同様の理由でタスク1では結論のパラグラフは必要ありません

タスク1の問題の種類

タスク1には7種類の問題があります。

  • ライングラフ
  • 棒グラフ
  • パイチャート
  • テーブル
  • 複数の図表
  • 地図の問題
  • ダイアグラム

この中で以下4つをチャートの問題と呼びます。

  • ライングラフ
  • 棒グラフ
  • パイチャート
  • テーブル

ライングラフと棒グラフが最も多く出題されます。

近年パイチャートも増えてるよ

チャートの内部構成

チャートの問題は全て同じ内部構成で書きます。例としてライングラフを扱ってみましょう :

内部構成は以下のようになります。

導入
1文目- 質問のパラフレーズ

概要
1文目- 1番目に主な特徴
2文目- 2番目に主な特徴
3文目- 一般的な特徴の比較 (必要に応じて)

詳細
1文目- 1番目に主な特徴の詳細1
2文目- 1番目に主な特徴の詳細2
3文目- 比較 (必要に応じて)

詳細
1文目 – 2番目に主な特徴の詳細1
2文目 – 2番目に主な特徴の詳細2
3文目- 比較 (必要に応じて)

チャートが複数

チャートが2つ以上ある時があります :

その時は以下の内部構成になります。

導入
1文目- 質問のパラフレーズ

概要
1文目- 1つ目のチャートの主な特徴2つ
2文目- 2つ目のチャートの主な特徴2つ
3文目- 一般的な特徴の比較 (必要に応じて)

詳細
1文目- 1つ目のチャートの特徴の詳細
2文目- 1つ目のチャートの特徴2の詳細

詳細
1文目 – 2つ目のチャートの特徴の詳細
2文目- 2つ目のチャートの特徴2の詳細
3文目 – 詳細の比較 (必要に応じて)

どこを見れば良いか分からなくて焦る人が多いね

【図表が2つ以上の書き方】IELTSライティングタスク1対策

地図問題

地図の説明を求められる問が近年増えています。

地図は以下の内部構成になります。

導入
1文目- 質問のパラフレーズ

概要
1文目- 大きな変化1
2文目- 大きな変化2

詳細
1文目- 大きな変化1の詳細
2文目- 大きな変化1の詳細
3文目- 大きな変化1の詳細(必要に応じて)

詳細
1文目 – 大きな変化2の詳細
2文目 – 大きな変化2の詳細
3文目 – 大きな変化2の詳細(必要に応じて)

地図はみるべきポイントを把握しておくと怖くないよ

【地図問題の書き方】IELTSライティングタスク1対策

ダイアグラム

最も出る確率は低いですが、出ると焦って太刀打ちできないのがダイアグラムです。

ダイアグラムでは以下の内部構成になります。

導入
1文目- 質問のパラフレーズ

概要
1文目- プロセスの主要な特徴1
2文目- プロセスの主要な特徴2

詳細
1文目- プロセスの主要な特徴1の詳細
2文目- プロセスの主要な特徴1の詳細

詳細
1文目- プロセスの主要な特徴2の詳細
2文目- プロセスの主要な特徴2の詳細

意外にもシンプルなのがダイアグラムの特徴だね

【ダイアグラムの書き方】IELTSライティングタスク1対策

タスク2の問題の種類

タスク2は問題の種類が5パターンあります。

  • 意見 (賛成と反対)
  • 双方の視点からの論理展開
  • メリットとデメリット
  • 問題と解決策の提示
  • 2つの問と解答

タスク2は問のタイプによって内部構成が変わります。

意見(賛成と反対)

例題:
Some people feel that entertainers such as film stars, pop musicians or sports stars are paid too much money. Do you agree or disagree?

導入
1文目- 質問のパラフレーズ
2文目- Thesis Statement (It is agreed…/It is disagreed…/This essay agrees/disagrees…)
3文目- アウトライン (This essay will discuss….)

ボディ1
1文目 – トピックセンテンス
2文目 – トピックセンテンスを説明
3文目 – 例

ボディ2
1文目 – トピックセンテンス
2文目 – トピックセンテンスを説明
3文目 – 例

結論
1文目- 結論と意見

双方の論点からの論理展開

例題:
Computers are being used more and more in education. Some people say that this is a positive trend, while others argue that it is leading to negative consequences.
Discuss both sides of this argument and then give your own opinion.

導入
1文目- 質問のパラフレーズと/または両方の論点の列挙
2文目- Thesis Statement
3文目- アウトライン (This essay will discuss….)

ボディ1
1文目 – 最初の論点
2文目 – 最初の論点について述べる
3文目 – 賛成か反対の理由を述べる
4文目 – 理由の妥当性を主張する例

ボディ2
1文目 – 最初の論点
2文目 – 最初の論点について述べる
3文目 – 賛成か反対の理由を述べる
4文目 – 理由の妥当性を主張する例

結論
1文目- 要約
2文目- どちらが良いor大事かを述べる

メリット/デメリットの型

例題:
More people decided to have children in their later age than in the past. Why? Do advantages of this outweigh disadvantages?

導入
1文目- 質問のパラフレーズ
2文目- アウトライン (This essay will discuss….)

ボディ1
1文目 – メリットを1つ述べる
2文目 – メリットを強調する1文
3文目 – 例
4文目 – 結果

ボディ2
1文目 – デメリットを1つ述べる
2文目 – デメリットを強調する1文
3文目 – 例
4文目 – 結果

結論
1文目 – 要約
2文目 – 意見

問題と解決策の提示の型

例題:
Each year, the crime rate increases. What are the causes of crime and what could be done to prevent this rise in criminal activity?

導入
1文目- 質問のパラフレーズ
2文目- アウトライン (This essay will discuss….)

ボディ1
1文目 – 問題について述べる
2文目 – 問題について説明する
3文目 – 結果
4文目 – 例

ボディ2
1文目 – 解決策について述べる
2文目 – 解決策について説明する
3文目 – 例

結論
1文目 – 要約
2文目 – 推薦か予測

2つの問と解答の型

例題:
People living in large cities have to face many problems in everyday life. What are those problems? Should the government encourage people to move to regional towns?

導入
1文目- 質問のパラフレーズ
2文目- アウトライン (This essay will discuss….)

ボディ1
1文目 – 最初の問に答える
2文目 – 理由を説明
3文目 – さらに説明を加える
4文目 – 例

ボディ2
1文目 – 2番目の問に答える
2文目 – 理由を説明
3文目 – さらに説明を加える
4文目 – 例

結論
1文目 – 要約

タスク2のもっと詳しい書き方は以下のブログを参考にしてください。

【Task2の書き方】 IELTSライティング対策

まとめ

問の種類によって内部構成を使い分けられるようにしておきましょう。

慣れてくると問題を見た瞬間にストラクチャが頭の中に浮かぶようになります。

実際の対策法については以下の記事を参照にしてください。

IELTSライティング徹底対策講座 < 完全保存版 >

英語の「今まで」と「これから」

最短で伸ばすならSolo

SoloはIELTSのスコアを最短で伸ばします。

自分で学習できる自信がない人は是非一度カウンセリングに来てみてね。弊社のIELTSのプロ講師たちが待ってるよ。

Solo IELTS TOEFLサポートページ:

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?