【Cohesive Deviceつなぎ語】IELTSライティングCC制して7.0

【保存版】IELTSバンドスコア7.0を取得する対策法

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLのルークです。

今日はIELTSのライティングのCohesive Device 「つなぎ語」 について徹底的に理解を深めます。

CCとCohesive Device

その前にCohesive Device (以下「つなぎ言葉」)がどのように評価されるのか確認しましょう。

IELTSのライティングは4つの項目から評価されます。

  1. (TA) Task Achievement – タスク達成度 25%
  2. (CC) Coherence & Cohesion – 内容の一貫性 25%
  3. (LR)Lexical Resource – 語彙力 25%
  4. (GRA) Grammatical Range and Accuracy – 文法 25%

Coherence&Cohesion (CC)とは

Coherence & Cohesionとは日本語では「内容の一貫性」と呼びます。

CCを分かりやすく言い換えるといかになります。

  1. パラグラフが有効的に使えているか
  2. 論理的かどうか
  3. 「つなぎ言葉」が効果的に使えているか
  4. 「指示/人称代名詞」が正確に使えているか

本日はこの中「つなぎ言葉」について説明します。

つなぎ言葉とは

英語ではCohesive Deviceといいました。これに対応する日本語はなく、「つなぎ言葉」が感覚としては近いでしょう。

例をみてみましょう。

Cohesive Devices

つなぎ言葉と聞くと、接続詞を思い浮かべる人が多いと思います。 しかし、つなぎ言葉はもっと広範の意味であることがわかります。

以下のような役割を果たします。

  • パラグラフ内での展開
  • 情報を追加する
  • 例を上げるために使用
  • 比較のために使用
  • 文と文の繋ぎの役目
  • 反対の例をあげるため

パラグラフによりダイナミズムを導入するために使用します。

練習 (中級)

1. John is lazy. He does not do his homework or revision well. _______, he always gets 0 marks in his tests.

A. Thus
B. However
C. So that
D. After

2. Everyone agrees with him _______ not me.

A. so
B. and
C. as
D. but

3. Edison did the experiment for thousand times. _______, he invented the light bulb.

A. First
B. Furthermore
C. At last
D. Next

4. Mary is a beautiful and smart girl. _______, she is kind. She always takes care of the sick animals. ________, every one likes her very much.

A. However, Hence
B. Therefore, However
C. Moreover, So
D. Besides, Therefore

解答

1. thus
2. but
3. at last
4. Moreover, so / Besides, Therefore

練習問題 (上級)

1. My brother is fond of a variety of sports. _______ , she’s been playing volleyball since she was ten.
2. _______ had we found our seats when the train pullout out.
3. Break the window with the hammer _______emergency.
4. _______known advantage of natural gas, many settlements today are still deprived of it..
5. I apologized to Luke many times; _______ , he didn’t forgive me.
6. I was trying to fix the damaged door. _______ , My wife was clearing up the mess.
7. We had already arrived home _______ the snow began.

A. in case of
B. despite
C. nonetheless
D. by the time
E. For instance
F. meanwhile
G. Hardly

解答

1. E
2. G
3. A
4. B
5. C
6. F
7. D

スコアとつなぎ言葉

各スコアとつなぎ言葉の関係を確認しましょう。

7.0以上を取るためにはつなぎ言葉を正確に使用する必要があることがわかります。

注意点

あなたのバンドスコアが 5.0以下の場合は無理につなぎ言葉は使いすぎないように気をつけましょう。

ライティング7.0の評価基準を見て、つなぎ言葉をたくさん使う傾向があります。

つなぎ言葉の使用は難易度がとても高いです。 自分が自信を持って使えるものだけをIELTSライティングでは使用しましょう。

まとめ

つなぎ言葉に関する理解が深まったでしょうか。

実際にライティングをしていく中で、 つなぎ言葉の効果的な 使用方法をマスターしてください。 できればネイティブのフィードバックをもらうことをお勧めします

ライティングの全体的な勉強法は以下を参考にしてください。

英語の「今まで」と「これから」

最短で伸ばすならSolo

SoloはIELTSのスコアを最短で伸ばします。

自分だけで学習できる自信がない人は是非一度カウンセリングに来てみてね。弊社のIELTSのプロ講師たちが待ってるよ。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?