【パラグラフ選択】IELTSリーディング解き方の解説と練習 ②

【問の情報を含むパラグラフ選択問題】IELTSリーディングのコツ

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

この記事では、IELTSリーディング「パラグラフ選択」の解き方の解説と練習問題を紹介します

「パラグラフ選択が苦手な人」や「リーディングを伸ばしたい人」の参考になれば幸いです。

リーディング「パラグラフ選択」

パラグラフ選択問題は、指示されるステートメントに該当する段落を選択する問題です。

基本的な指示文は、以下のような構成になっています。

IELTSリーディング パラグラフ問題 サンプル

全てのステートメントは基本的にパラフレーズされており、本文と同じ語彙やフレーズが使用されていないので注意してください。

パラフレーズとは…

本文で使用されている語彙や熟語とは異なる表現で同じ意味のセンテンスに置き換えること。リーディングに限らず、全てのセクションで活用される傾向が高い。

パラフレーズを正しく理解できていないと、本文とステートメントを繰り返し見直すことが多くなり、大幅な時間ロスに繋がる恐れがあるので注意しましょう。

一問落とすと、雪崩のように何問も落と設問ですので、恐ろしいです!

問題の解き方

パラグラフ選択問題は、基本的に以下の手順で解きます。

  1. 各段落の要点を掴む
  2. 設問を確認する
  3. 参照位置と設問を照らし合わせて情報を判断する

TRUE / FALSE / NOT GIVEN問題と異なり、パラグラフ選択問題では先に本文の内容を理解している方が回答にかかる時間を節約できます。

というのも、ステートメントの内容がパラグラフの一部分ではなく広範囲に渡るため、設問から本文の内容を探すことが困難になるためです。

それ以外は基本的に他の問題と同じで、ステートメントに含まれるキーワードを元に本文の情報と照らし合わせながら消去法で答えを導き出します。

回答のコツ

回答する時は、以下のポイントを意識してください。

  1. 本文の要点をまず先に掴む
  2. ステートメントのキーワードを見つける
  3. 意訳して拡大解釈しないように気をつける
  4. 最初に設問全てに目を通さない

先ほど書きましたが、パラグラフ選択問題では各段落のトピック・センテンスを事前に把握することが回答時間の削減に繋がります。

もし全文を読むことに時間がかかりすぎる場合は、「この段落のトピック・センテンスは何か」ということを意識して本文で伝えたい重要な情報のみを把握することに慣れることから対策を始めましょう。

他のコツはリーディング全般で共通です。

想像力が働きすぎて感覚で英語を読んでしまうと自分ではできたつもりでも正答率が上がらないので、対策の段階では正しく直訳することを意識してください。

練習問題

解き方とコツがわかったところで、実際の問題を元に内容を確認してみましょう。

  • Stealth Forces in weight Loss
  • A.
  • Science may still be years away from giving us a miracle formula for weight- loss. Hormone leptin is a crucial player in the brain’s weight-management circuitry. Some people produce too little leptin; others become desensitized to it. And when obese people lose weight, their leptin levels plummet along with their metabolism. The body becomes more efficient at using fuel and conserving fat, which makes it tough to keep the weight off. Obese dieters’ bodies go into a state of chronic hunger, a feeling Rudolph Leibel, an obesity researcher at Columbia University, compares to thirst. “Some people might be able to tolerate chronic thirst, but the majority couldn’t stand it,” says Leibel. “Is that a behavioral problem – a lack of willpower? I don’t think so.”
  • B.
  • The government has long espoused moderate daily exercise – of the evening-walk or take-the-stairs variety – but that may not do much to budge the needle on the scale. A 150-pound person burns only 150 calories on a half-hour walk, the equivalent of two apples. It’s good for the heart, less so for the gut. “Radical changes are necessary,” says Deirdre Barrett, a psychologist at Harvard Medical School and author of Waistland. “People don’t lose weight by choosing the small fries or taking a little walk every other day,” Barrett suggests taking a cue from the members of the National Weight Control Registry (NWCR), a self-selected group of more than 5,000 successful weight- losers who have shed an average of 66 pounds and kept it off for 5.5 years. Some registry members lost weight using low-carb diets; some went low-fat; others eliminated refined foods. Some did it on their own; others relied on counseling. That said, not everyone can lose 66 pounds and not everyone needs to. The goal shouldn’t be getting thin, but getting healthy. It’s enough to whittle your weight down to the low end of your set range, says Jeffrey Friedman, a geneticist at New York’s Rockefeller University. Losing even 10 pounds vastly decreases your risk of diabetes, heart disease, and high blood pressure. The point is to not give up just because you don’t look like a swimsuit model.
  • C.
  • The negotiation between your genes and the environment begins on day one. Your optimal weight, writ by genes, appears to get edited early on by conditions even before birth, inside the womb. If a woman has high blood sugar levels while she’s pregnant, her children are more likely to be overweight or obese, according to a study of almost 10,000 mother-child pairs. Maternal diabetes may influence a child’s obesity risk through a process called metabolic imprinting, says Teresa Hillier, an endocrinologist with Kaiser Permanente’s Center for Health Research and the study’s lead author. The implication is clear: Weight may be established very early on, and obesity largely passed from mother to child. Numerous studies in both animals and humans have shown that a mother’s obesity directly increases her child’s risk for weight gain. The best advice for moms-to-be: Get fit before you get pregnant. You’ll reduce your risk of complications during pregnancy and increase your chances of having a normal-weight child.
IELTSリーディング パラグラフ問題 サンプル

解答と解説

練習問題の解説として、問のキーワードが、文章中でどのようにパラフレーズされていたか確認してみましょう。

ハイライトされている部分は、ステートメントのパラフレーズ部分を指しています。

1. C

  • キーワードである “relatives of the participants” が含まれる段落を探す。段落Cの第二センテンスに “If a woman has high blood sugar levels while she’s pregnant, her children are more likely to be overweight or obese, according to a study of almost 10,000 mother-child pairs.” とあるので C が正解。
  • 仮にキーワードの意図がイメージできない場合は、問題を飛ばして消去法で答えを導く。

2. B

  • キーワードである “people who did not regain weight immediately after weight loss” が含まれる段落を探す。
  • 段落Bの第四センテンスに “5,000 successful weight-losers who have shed an average of 66 pounds and kept it off for 5.5 years.” とありステートメントと一致するので B が正解。

3. A

  • 設問全体の意図を反映する段落を探す。
  • 段落Aの第六センテンスに “Obese dieters’ bodies go into a state of chronic hunger, a feeling Rudolph Leibel, an obesity researcher at Columbia University, compares to thirst. “Some people might be able to tolerate chronic thirst, but the majority couldn’t stand it,” says Leibel.” とあるので A が正解。
  • 「Chronic:慢性的な」というパラフレーズに注意する。

以上が、IELTSリーディング「パラグラフ選択」の解き方の解説と練習問題の紹介でした。

まとめ

スキミング精度向上が正答率向上につながる

今回の記事のポイントをまとめておきます。

  1. パラグラフ選択問題は本文を先に把握することが大切
  2. ステートメントのパラフレーズを理解する
  3. パラフレーズが理解できない場合は設問を飛ばして消去法を活用する

今回の練習問題は3段落のみの構成でしたが、段落が増えれば増えるほど難しくなるので気をつけてください。

また、段落によっては似ている内容が書かれていることがあるので、「この段落では何を伝えたいのか?」と各段落の役割をしっかりと意識して読解するように対策の段階から注意しましょう。

日頃から「このセンテンスは論拠として機能しているな」など、アーギュメントの構成を意識してリーディングすることによって、スキミングの精度が向上しスコアアップに繋がります。

単に速く読むのではなく、パッセージ全体で伝えたい筆者の主張を考えながら各段落がどのような機能を持っているのか、を把握することを意識してみてください。できるだけ俯瞰してメタな位置から文章を把握することに慣れることが大切です!

次のレッスンでは、見出し選択問題を扱います。

各パラグラフに、見出しをつける問題形式です。近年よく出題されているので、対策が必要です。

最後に、IELTS対策で悩んでいることがあれば、お気軽にご連絡ください。

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials