【英語の人物名】IELTSリスニング対策

【英語の人の名前】IELTSリスニング対策

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLのルークです。

この記事ではIELTSのリスニングセクションの英語の人の名前について解説します。

特にパート1で英語の名前を書かせる問題が出やすいです

IELTSリスニング対策

IELTSのリスニング対策として、英語圏の人の名前をきちんと書く対策をしておくことが必要です。

日本人にとって英語圏の人の名前はスペルも含めて馴染みがないためです。

当然IELTSもそのことを知っていてひっかけ問題として出してきます。

以下がリスニングの名前の問題に答える際の注意点です。

  • 1: 名前は大文字から
  • 2: 名前のスペル
  • 3: イニシャルに注意
  • ( 例: J.K. Rowling )
  • 4: Mr / Mrs / Miss / Ms
  • 5: Dr. / Sir / Lady

もう一つ大切な点として、

スペルを読んでくれる名前と読んでくれない名前があることを知っておくことです。

英語圏でよく出る短めの名前に関してはスペルが読まれないので予めスペルを覚えておく必要があります。

対策1: 男性の名前

IELTSのリスニングでスペルが読まれない常識的な男性の名前として判断されているのが 以下です。

Andrew / Tony / Ben / Chris / David / Edward / George / Henry / Jack / James / John / Ken / Mark / Matthew / Michael / Nick / Oscar / Paul / Peter / Richard / Simon / Robert / Steven / Tim / Tom / William

音声を聞くだけでスペルを書けるようにしておきましょう

対策2: 女性の名前

IELTSのリスニングでスペルが読まれない常識的な女性の名前として判断されているのが以下です。

Alice / Amelia / Brenda / Catherine / Kate / Charlotte / Claire / Diana / Elizabeth / Liz / Emily / Emma / Hannah / Helen / Jennifer / Jessica / Jess / Julia / Julie / Lucy / Madeline / Margaret / Mary / Olivia / Rebecca / Rachel / Samantha / Sarah / Sophie / Victoria / Zoe

女性の名前は少しスペルが難しいです

まとめ

IELTSのリスニングでは 英語圏の人の名前のスペルの注意点は理解できましたか。

次の記事: 【町と住所の書き取り練習】IELTSリスニングパート1対策

常識的な名前はスペルを予め暗記をしておくことが求められています。

英語の「今まで」と「これから」

最短で伸ばすならSolo

SoloはIELTSのスコアを最短で伸ばします。

自分だけで学習できる自信がない人は是非一度カウンセリングに来てみてね。

弊社のIELTSのプロ講師たちが待ってるよ。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?