【単語の増やし方と覚え方】 IELTSリーディング対策

【単語の増やし方と覚え方】 IELTSリーディング対策

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLのルークです。

この記事ではIELTSリーディングのための単語の増やし方と覚え方を紹介します。

Rが6.0にも満たない人はおよそ3-5000語は追加で必要です

リーディング対策と単語

IELTSのリーディングでは単語を知っていれば知っているほど有利になります。

IELTSのリーディングはおよそ2万単語の中から出題されます。

IELTS学習者のほとんどが5000-8000単語ほどの英単語力なので1万単語以上足りない計算になります。

1万単語を覚えるのは現実的ではないのは想像がつくと思います。

ちなみにスコアが8.0以上の人でも、分からない単語は実はたくさんあるのです。

すべき対策はアカデミックでよく出る追加の3000-5000語を重点的に覚えることです。

単語学習の注意点

知らない単語にあたるたびにリーディングで立ち止まってしまいます。

ではどうやって単語学習をしていけば良いのでしょうか。

注意点としては、単語だけを覚えてもリーディングのスコアは伸びないことをまず認識することです。

文章で見かけた時に意味が分からないためです。

リーディングにとって単語とは、きちんと文法、特に構文を理解できる上で強みになるのです。

参照: 【精読のための構文理解】IELTSリーディングが伸びない人向け

単語の増やし方

まず大切なポイントとして、単語だけを単独で覚えないことです。

よくIELTSのリーディング対策をする人でやるのが、単語だけを分けて暗記しようとすることです。

「あれ、この単語… なんとなく意味はわかるのに、何で読み取れなかったんだろう… 」といった経験はありませんか?

単語の意味を認識できることと、文脈で意味が取れることは全く別次元です。

IELTSリーディングの実践問題の復習として単語を暗記していくのがオススメです

単語の暗記1: 復習

IELTSのリーディングは実践問題を解き終わってからがスタートです。

問題に出てきた単語を以下の順で1往復目の復習をしましょう。

  • 1: わからない単語の意味を調べる
  • 2: 直接単語帳に意味を書き込む
  • 3: トランスクリプトで再度パッセージを黙読する
  • 4: 文の中で調べた単語の意味が取れるかを確認する

単語の暗記2: 定着

1往復単語の復習をしただけでは単語は定着しません。

定着させるためには何度も復習する必要があります。

コツとしては、こまめに覚えた単語を確認することです。

具体的には、30分x1回単語の復習のために単語帳を眺めるよりも、5分x6回に分けて復習する方が効果的です。

ちなみに定着した単語を無意識に実践で使うためには6回現実で使用する必要があります

まとめ

IELTSリーディングのための単語の定着方法は理解できましたか?

次の記事:

単語は実践の模試から、復習はこまめに時間を分けて何度も行うことを意識しましょう。

英語の「今まで」と「これから」

最短で伸ばすならSolo

SoloはIELTSのスコアを最短で伸ばします。

自分だけで学習できる自信がない人は是非一度カウンセリングに来てみてね。

弊社のIELTSのプロ講師たちが待ってるよ。

Solo IELTS TOEFLサポートページ

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?