【導入パラグラフの書き方】IELTSライティングタスク2対策

【導入パラグラフの書き方】IELTSライティングタスク2対策

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLのルークです。

今日はタスク2の導入パラグラフの書き方を説明するね。

自分のポジションを示す大切なパラグラフだよ。

タスク2と導入パラグラフ

タスク2は以下の型でライティングをします。基本的に4つのパラグラフで書きます。

  1. Introduction (導入) – 3文前後
  2. Body1 (ボディ) – 3文
  3. Body2 (ボディ) – 3文
  4. Conclusion (結論) – 1~2文

採点官はまず導入パラグラフを見ます。 書き手のポジションを確認してボディでの展開とサポートを予想するのです。

ボディパラグラフの内部構成

それではまず導入パラグラフの内部構成を確認しておきましょう。

  • 1文目:質問のパラフレーズ
  • 2文目:Thesis Statement
  • 3文目:アウトライン

質問のパラフレーズ

まず冒頭で質問をパラフレーズします。以下はタスク2の質問です :

These days, in many countries, fewer and fewer people want to become teachers, particularly in secondary schools.

Give reasons for your answer and include any relevant examples from your own knowledge or experience.

まずは自分でパラフレーズしてみてね。

以下がサンプルのパラフレーズした文章です :

Recently, in many countries, there has been a steady decline in the number of people willing to become teachers, especially in secondary schools.

パラフレーズした語をまとめてみましょう。

  1. these days→recently
  2. fewer and fewer→steady decline
  3. want→willing
  4. particularly→especially

採点官にパラフレーズができること、 幅広い語彙を有していることを証明するのです。

Thesis Statement

次にThesis Statementを書きます。Thesis Statementは導入パラグラフで最重要です。

Thesis Statementとは「自分のポジション(エッセイに対する答え)」のことです。

もう一度問を確認してみましょう。

Give reasons for your answer and include any relevant examples from your own knowledge or experience.

つまりここでのベストなThesis Statementは、理由を含んだあなたの答えです。

以下がサンプルのThesis Statementです:

Many reasons contribute to this trend and low wages for teachers and teenage disciplinary problems are most significant among them.

先生の賃金が低いこと、10代の子供の素行を理由としてあげています。

Thesis Statementの注意点

Thesis Statementを書くにあたって大切なことは、2つあります。

  • 一文で書くこと
  • 小トピックを含むこと

英語は明確に一文で自分の主張を書くことが大事です。つまり自分のポジションを一文で書く練習をしなければなりません。

小トピック、大トピックに関しては以下の記事を参考にしてください。

役立つ表現

Thesis Statementを書くにあたって役立つ表現が以下です。

  • The main cause(s) of this issue is …..(原因と解決策の問)
  • This essay agrees that …. or this essay disagrees that….. (賛成/反対の問)
  • The principal advantage(s) is……and the main disadvantage is…..(メリット/デメリットの問)

双方の視点を問う問題に関しては、クリアにポイントを2つとも述べるべきです。

タスクの問のパターンに関しては以下の記事を参照にしてください。

アウトライン

ここまでで質問のパラフレーズと自分のポジションを採点官に明確に示しました。

導入パラグラフの最後はアウトラインです。

アウトラインとは、ボディパラグラフにて何を展開するかを示しことを言います。

以下がサンプルのアウトラインになります。

However, some solutions can be implemented to encourage talented youth to pursue the teaching profession including better remuneration and fixing student’s attitude, for example.

ここで 採点官に示したことは、続くボディにてremunerationとworkloadsについて展開するということです。

役立つ表現

上記の例では高度な構文で示しましたが、アウトラインでは通常以下のような表現が役立ちます。

  • This essay will (first ) discuss the …. followed by an analysis of…
  • This essay will analyze the principal problem(s) and offer solutions to this issue.

アウトラインで時間をとられたくない人は実直に上記表現を使用してください。

よくやる間違い

最後によく見られる導入パラグラフでの間違いを紹介します。

1.トピックに対して一般論を展開する
例: ‘In modern life, people tend to look up information first on internet… ’

ダメですよ。

2.Thesis Statementがない…

最悪です。

3.アウトラインがない…

採点官が何を読むのかわからないよね

4. 楽しくしようとする

IELTSにフックはいらないよ。

5. Informalな書き方
例: I reckon…

I reckon that’s not cool.

まとめ

導入パラグラフは3つの文章で構成します。 最も大事なのは、Thesis Statementです。

きちんと問を理解して、自分のポジションを一文で示す練習を何度もしましょう。

IELTSのライティングは型に沿って、分かりやすく、丁寧が鍵になるね。

導入パラグラフの次はボディパラグラフです。以下の記事を参照にしてください。

英語の「今まで」と「これから」

最短で伸ばすならSolo

SoloはIELTSのスコアを最短で伸ばします。

自分だけで学習できる自信がない人は是非一度カウンセリングに来てみてね。

弊社のIELTSのプロ講師たちが待ってるよ。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?