【IELTS 6.0】バンドスコア「6.0」のレベルと勉強法の解説

【IELTS 6.0】バンドスコア「6.0」のレベルと勉強法の解説

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

今回の記事では、海外大学や大学院進学で求められる水準「IELTSバンドスコア6.0のレベルと勉強方法」を紹介します。

「バンドスコア6.0を目標として勉強をしている方」や「海外進学を考えている方」の参考になれば幸いです。

IELTS6.0は英検準1級と英検1級の間程度の実力です。世界ランキング50位以内の香港やシンガポールの大学進学を考えている人が目指すスコアです。計画的に学習をすることで自力でも到達することができます!

それでは詳しくみていきましょう。

IELTSバンドスコア「6.0」のレベル

バンドスコアの換算表

IELTS「バンドスコア6.0」がどれくらいのレベルなのかを他の英語試験と比較して確認してみましょう :

IELTSTOEFL iBTTOEIC英検
9.0116 – N/AN/A
8.0 – 8.5106 – 115N/AN/A
7.0 – 7.595 – 105945 – 9901級+
6.0 – 6.572 – 94805 – 940準1級 – 1級
5.0 – 5.555 – 71605 – 8002級 – 準1級
4.0 – 4.542 – 54410 – 6002級

IELTS 6.0は最もイメージしやすい形で表現すると、英検準1級と1級の間のレベルです。英検準1級ぐらいは受かるけれど1級には届かないといった中級レベルです。より具体的には以下のようなレベル感です :

上記は弊社のサービスを受けて頂いている生徒のデータです。受験者の英語の得意分野によって各英語テストのスコアは変わります。

英検1級に合格していたり、TOEICで900を超えていてもSWが苦手でIELTS6.0に届かなかったりする人もいます!

バンドスコア「6.0」取得に必要な学習時間

IELTS バンドスコア「6.0」取得に必要な学習時間を確認してみましょう。Cambridge Assessment Englishが公表している情報に以下のようなデータがあります:

CEFR / IELTSCEFRの定義必要学習時間
C2 / 9.0熟練した言語使用者1,000 – 1,200
C1 / 8.0700 – 800
B2 / 7.0自立した言語使用者500 – 600
B1 / 6.0350 – 400
A2 / 5.0基礎段階の言語使用者180 – 200
A1 / 4.090 – 100

IELTS 6.0には目的意識をもった学習を350~400時間行えば到達できそうです。およそ「約200時間」学習をすると、バンドスコアが「1.0」上がる計算です。

一方でこれは日本人ではなく、全世界の学習者の平均値です。日本語は英語とかけ離れているために実際はこれの2.5倍から3.0倍ほどかかると思っていた方が現実的です。

自分がなぜ今その学習をしているのか常に意識をして下さい。できれば目標から逆算をして必要なトレーニングを行うようにしましょう!

バンドスコア「6.0」が必要になるケース

IELTS バンドスコア「6.0」を求められるケースは基本的に以下のようなケースがあります:

  • ケース1:アジア・オセアニアの一流大学の入学基準
  • ケース2:海外大学院の出願資格
  • ケース3:アジアMBAの出願資格
  • ケース4:ビザ申請 (豪、加)

IELTSの試験としての目的自体が海外進学もしくは移住です。バンドスコア6.0はアジア・オセアニアの一部一流大学の入学基準だと考えて下さい。アメリカ、カナダ、イギリスの優良大学はIELTS 6.5が少なくとも必要です。

アジア・オセアニアでの海外大学進学を目指している人はバンドスコア6.0を取得することが第一歩となります。出願には「各セクション5.5以上」とセクションごとに制約がついていることがあるので必ず大学のウェブサイトから確認しましょう。

IELTS 「6.0」で出願できる一流大学

下記がIELTS 6.0で出願できるアジア・オセアニアの一流大学の例です :

世界ランキング大学名
13南洋理工大学 (NTU)
27香港科技大学 (HKUST)
43香港中文大学 (CUHK)
81オークランド大学
184オタゴ大学
275ディーキン大学

上記の大学名をクリックすると各大学の詳細ページに飛ぶので気になる人は見てみてください。イメージがしやすいように、日本で世界ランキング100位以内に入っている大学は東大と京大、慶応大学で世界ランキング191位です。

当然、世界ランキングが全てではありませんが、IELTS6.0でも上位校に進学できる可能性というのは大いにある事を知っておいて下さい!

IELTSバンドスコア「6.0」を取得する勉強方法

バンドスコア「6.0」のスコア配分

日本人がIELTSバンドスコア「6.0」を目指すに当たってとる戦略は2つあります。

スコア配分1

まずは下記のスコア配分がオーバーオール6.5を目指す一般的な戦略です:

  • リーディング:6.0
  • リスニング:6.0
  • ライティング:5.5
  • スピーキング:5.5

平均で5.75を目指し繰り上げの6.0を目指すという戦略です。ちなみにこれは日本人のIELTS平均点です。

スコア配分2

次にリーディングが得意な人が目指す戦略です :

  • リーディング:7.0
  • リスニング:5.5
  • ライティング:5.5
  • スピーキング:5.0

日本で育った人の中にはリーディングが得意で、リスニングとスピーキングに苦手意識を持っている人は多いです。そういった方におすすめのスコア配分です。

こちらのスコア配分を目指す方は、進学希望先の入学要件にて各セクションのスコアに制約がついていないかを確認する必要があります。およそ世界の半分ほどの大学で各セクションの制約付きです!

バンドスコア「6.0」の前提条件

IELTSバンドスコア「6.0」を目指すに当たって下記で紹介する学習方法は以下の前提条件をクリアしていることが好ましいです:

  • 前提条件1: 英語の基礎力がある
  • 前提条件2: 明確な目標がある

英語の基礎力がない人、具体的にはバンドスコアが「5.0以下」の場合や英検2級にも受からないレベルの人は英語の基礎力が圧倒的に不足しています。

そういった方は無理にIELTS対策を始めても挫折をしてしまう可能性が高いです。分からない単語が各文に出てくること、そもそも問題の解説が英語ですので解説が理解できないからです。

リーディングやリスニングにあたってはまずは英検2級で9割、英検準1級で7割ぐらいを取れるところを目指すと、比較的スムーズにIELTS対策を行うことが可能です。

またできればIELTS対策を始める前に明確な目標を立てると良いでしょう。英検やTOEICと比べて試験の難易度が高いことから途中で挫折をしてしまう人が多いためです!

リーディングの勉強法

まずはIELTS6.0点を狙うにあたってのリーディングの勉強法になります。リーディングで6.0点を獲得するためには、40問中23~26問の正解が必要となります。

以下の順で勉強していくと良いでしょう :

  • 手順1:問題を解く
  • 手順2 : 単語を全て調べる
  • 手順3 : 構文が完璧にとれていること
  • 手順4:音読
  • 手順5:再度解く

基本戦略は精読です。バンドスコア6.0を目指すにあたっては、まずはきちんと読めることが大切です。きちんと読むというのはある1文における単語と文の構造、主語、動詞、目的語の関係が理解できている事をさします。

上記でも共有しましたが、英検準1級で7割ぐらいが取れるとリーディングは対策なし6.0には届くでしょう。速読などの練習は必要はありませんが問題を解く時から時間制限をかけて時間内に解くことを心がけましょう。

どうしてもリーディングは苦手という人、具体的には5.0にも届かない方などはリスニングのトランスクリプトの精読から始めるのも一つの手です。リーディングと比べて内容が容易ですので手をつけやすいです!

リスニングの勉強法

次にIELTS6.0点を狙うにあたってのリスニングの勉強になります。リスニングで6.0点を獲得するためには、40問中23~26問の正解が必要となります。

従って以下の順で学習する必要があります :

  • 手順1:基礎の発音 (母音/子音/強勢/イントネーション/リズム)
  • 手順2:音声変化 (語と語の同化)
  • 手順3:オーバーラッピング
  • 手順4:1文ずつシャドーイング

IELTSに限らずリスニングが聞き取れない理由というのは、単語の意味が分からないか、自分で音声を生成できないことに限ります。

「意味が分からない単語は聞いてもわからない」当然ですね。また人間は自分が生成できない音は脳が雑音として認識してしまいます。きちんとIELTSの音源を再現性高く生成できるようになれば1語1句聞き取る事ができるようになります。

またこのレベル感の人は要約トレーニングを並行して全体像をつかむ訓練をすると非常に効果的です!

スピーキングの勉強法

オーバーオールで6.0を目指すためのIELTSスピーキングで5.5点を目指すための勉強法です。

そのためにはまずスピーキング5.5点というのがどのような評価なのかを確認する必要があります。5.5点というのは6点と5点の間の評価となります。

IELTSスピーキング5.0の評価基準 :

FC
(流暢か)
・概ねスピーチの流れを維持できるが、繰り返し・言い直し・スロースピーチが見られる
・接続語や談話標識を過剰に使用している
・単純なスピーチは流暢に話せるが、より複雑な会話では流暢さが落ちる
LR
(語彙)
・トピックにかかわらず話そうとするが語彙は限定的
・言い換えに挑戦するが成功する場合も失敗する場合もある
GR
(文法)
・基本的な文章をそれなりの正確性をもって話せる
・大半の文章に間違いがなく不適切さや基本的な間違いは非常にまれ
PR
(発音)
・Band 4のポジティブな特徴を全て示せており、Band 6のポジティブな特徴を一部示せている

IELTSスピーキング6.0の評価基準 :

FC
(流暢か)
・長く話すことに意欲を感じる
・繰り返し、言い直し、口ごもりにより一貫性を失いがち
・さまざまな接続語や談話標識を使用しているが必ずしも適切ではない
LR
(語彙)
・トピックを議論するための十分に幅広い語彙をもっている
・不正確さがあるが意味を明確に伝えらる
・概ね言い換えに成功している
GR
(文法)
・単文と複文を併用しているが、柔軟性は限定的
・複文ではしばしば間違いがあるが意味を阻害することはまれ
PR
(発音)
・さまざまな発音の特徴をさまざまなレベルでコントロールしながら使っている
・いくつかの発音の特徴を示せているが持続できない
・概ね理解可能だが、ここの単語の発音の間違いにより伝わりにくいことがしばしばある

4つの評価項目のうち2つが5.0、残り2つが6.0であった場合に5.5という評価になります。多くの日本人受験生はFCとPRが5.0、LRとGRが6.0となる事が多いです。

一言でポイントを説明すると「複文で長く話すことに挑戦し、語彙や文法は不正確ではありつつも、ある程度の発音で話す」 といった状態です。

以下の順で学習をすると良いでしょう :

  • 手順1:発音強化(リスニングと並行)
  • 手順2:答えを録音
  • 手順3:書き起こすして間違いを訂正する
  • 手順4:再度録音

スピーキングはライティングと違って携帯の録音機能を使えば自分一人でも練習することができます。リスニングの訓練と並行して発音矯正から入ると非常に効果的です。

答えを録音したものを書き起こして、再度よりベターな答えを熟考するですが、再度録音する際には紙に書いてある熟考した答えを見ずにフリースピーチをすることが大切です。

こういった形でIELTSに出る可能性があるトピックを全て潰していてください。下記に紹介しています :

ライティングの勉強法

最後にオーバーオールで6.0を目指すためのライティングで5.5を取得するための勉強法です。スピーキング同様に5.5点の評価基準がどうなっているかをまずは確認しましょう。

2つタスクがありますが、今回はタスク1の5.0と6.0の評価基準を紹介します。

タスク1の5.0点評価基準

TA
(回答)
・概ね問題の要求に言及している/随所においてフォーマットが不適切である
・アカデミック:全体像が明らかではなく詳細を機械的に述べている。記述を裏付けるデータがない
・ジェネラル:手紙の目的がしばしば不明瞭である。文調が一定ではなく時に不適切である
・主要な特徴/箇条書きの質問について不十分ではあるものの示されており、無関係・不適切・不正確な説明を伴う
CC
(一貫性)
・情報をある程度整理して示しているが、全体としての進行に欠ける
・つなぎ言葉の不足、不正確さ、多寡がみられる
・代名詞・指示語が使われていないため繰り返しが見られる
LR
(語彙)
・限られた範囲の語彙を使用しているが、問題に対する最低限の回答としては十分である
・スペルやワードフォーメーションに顕著な間違いが見られ、読み手の理解を阻害することもある
GR
(文法)
・非常に限られた構文のみ使用している
・重文・複文に挑戦しているが単文に比べて不正確
・文法・句読点の間違いがしばしばあり、読み手の理解を阻害することがある

タスク1の6.0点評価基準

TA
(回答)
・問題の要求に言及している
・アカデミック:適切に情報を選んで全体像を示している
・ジェネラル:手紙の目的が概ね明らかであるが、文調が必ずしも一定ではない
・主要な特徴/箇条書きの質問について説明しているが、無関係・不適切・不正確な説明を伴う
CC
(一貫性)
・情報やアイデアを首尾一貫性を持って説明できており、全体としての進行が明らかである
・つなぎ言葉が効果的に使われいるが、文章内・文章間の繋がりに欠ける、または機械的である
・指示語が必ずしも明確かつ正確に使われていない
LR
(語彙)
・問題に対する十分な範囲の語彙を使用できている
・レベルの高い語彙に挑戦しているがいくぶんかの不正確さを伴う
・スペルやワードフォーメーションに時折間違いが見られるが、意味を阻害する物ではない
GR
(文法)
・単文と重文、複文を併用している
・文法、句読点の間違いはあるが意味を阻害するのはまれである

タスク1は主要な特徴をグラフから読み取れるかが鍵になります。それを概要パラグラフにきちんとまとめる事が5.5に到達するための最重要事項です!

タスク2のエッセイで5.5を目指すにあたっては問にきちんと答えること、文字数うが250字以上は書けている事がポイントとなります。問に答えるというのは冗談のようですが難しいです。タスク2の書き方は以下の記事を参照にしてください。

ライティング勉強のステップ

IELTSのライティング5.5点を目指すに当たっての勉強のステップは以下になります。

  • 手順1:ライティングの型を覚える
  • 手順2:頻繁に使用する英語表現を覚える
  • 手順3:段落構成を覚える
  • 手順4:実際にライティングする
  • 手順5:フィードバックをもらう
  • 手順6:再度ライティングする

ライティングやスピーキングは実際に書いたり話さないと伸びません。頭で理解することと実際にアウトプットできる事は別次元だからです!

まとめ

バンドスコア「6.0」はまずは基礎力強化にある

今回の記事のポイントを以下にまとめておきます:

  • ポイント1:「6.0」取得にはTOEIC 850点・TOEFL iBT85点・英検準1級以上の英語力が求められる
  • ポイント2:アジア・オセアニアの優良大進学条件がIELTS 6.0
  • ポイント3:6.0取得の鍵は基礎力

IELTSオーバーオール6.0は英語の基礎力がない人は到達できません。英検準1級に英文法が分からない人が受からないと考えると分かりやすいかと思います。

IELTS6.0への近道はまずは中高の英語を完璧にすることです。目安としては英検準1級を先に取得してしまうと良いでしょう。その上でIELTS対策に取り組みましょう。

このように書くと「3週間ぐらいやりましたが伸びません!」という連絡を頂きます。IELTSは少なくとも3か月はかかります。英検やTOEICのように直前の追い込みがなかなかききません。

中長期で根気よく毎日続けてくださいね。最後にIELTS対策や海外進学などでお悩みのことがあればお気軽にご連絡ください!

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?