【問題に長く解答するコツ】IELTSスピーキングパート3対策

【問題に長く解答するコツ】IELTSスピーキングパート3対策

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLのルークです。

今日はIELTSのスピーキングパート3の問題に長く解答するコツについて説明します。

パート3では3-4文で解答するのがベストですね

スピーキングパート3対策

IELTSのスピーキングのパート3はパート2から派生したディスカッションを5分ほど行います。

問題: How can people balance their time for working and their private life?

例えば上のような問題を聞かれていったいいどれぐらいの長さで解答すれば良いのでしょうか?

パート3では答える量の制限がないとはいえ、短すぎず長すぎないものが良いでしょう。

理想としては、3-4文で答えるのが対策としてはベストです。

前記事:【問題に即答できない時の対処法】IELTSスピーキングパート3対策

長く話すための4つのコツを一緒に見ていきましょう

コツ1: 問のパラフレーズ

効果的なコツとしては試験官に聞かれる問をパラフレーズするというものがあります。

パラフレーズとは、類似語を使用して同じ意味の文章を述べることです。

コツ1の例を見てみましょう:

  • 試験官: What can people learn from mistakes?
  • 受験者: So, what can individual learn when they go wrong…I believe..

パラフレーズをすることは語彙力の評価基準の一部ですが、全ての質問に対してパラフレーズをすることは避けましょう。

パラフレーズをしながら答えのアイデアを考えられるとベストです

コツ2: 理由を述べる

答えを長くする2つ目の方法は理由を述べることです。

当たり前のことでも全く問題ありません。試験官が子供だと思って詳しく述べましょう。

コツ2の例を見てみましょう:

  • 試験官: What can people learn from mistakes?
  • 受験者: I believe they can learn a lot from what they have done in the past. (理由)Learning process happens with trial and error (理由)so once you’ve made mistakes, whether it was work-related or relationship issues, you would acknowledge the cause and learn from it, more or less.

アジアの学生には理由を述べることが傲慢だと考える人が多いですね

コツ3: 例を上げる

理由に続いて例を上げるとより解答は長くなります。「思いつかない」という理由の列挙をサボる人がいます。

コツ3の例を見てみましょう:

  • 試験官: What can people learn from mistakes?
  • 受験者: I have to say they can learn a lot from what they have done in the past. (例)For example, if you failed to meet the deadline of your previous project because of your procrastination, learn how to manage your time and try something out to kick start yourself any time you get demotivated or the like.

本当の話が無難ですが、どうしても思い浮かばない場合は例を作り上げましょう

コツ4: 反対意見

自分の意見に対する反対の意見をもってきます。反対の事を述べるだけなのでアイデアを考えなくてよいのが大きなメリットです。

以下のような表現が便利です :

  • however
  • despite this
  • on the other hand

コツ4の例を見てみましょう:

  • 試験官: How to avoid making mistakes?
  • 受験者: From my point of view, it’s nearly impossible to avoid making mistakes, especially in areas you don’t familiarize with. However, there are some certain measures we can take to minimize possible consequences to an acceptable extent.

反対意見は自分のアイデアを強固にしますね

まとめ

IELTSスピーキングのパート3対策として問題に長く解答するためのコツを4つ紹介しました。

自分の意見に対して理由と例のいずれかまたは両方を示すだけで3,4文にはなります。

英語の「今まで」と「これから」

最短で伸ばすならSolo

SoloはIELTSのスコアを最短で伸ばします。

自分だけで学習できる自信がない人は是非一度カウンセリングに来てみてね。

弊社のIELTSのプロ講師たちが待ってるよ。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?