【速読の練習方法】 IELTSリーディングを時間内に解く対策

【速読の練習方法】 IELTSリーディングを時間内に解く対策

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLのルークです。

この記事ではIELTSリーディングのための速読の練習方法を紹介します。

リーディングで最後まで解けない人は参考にしてください

リーディング対策と速読

IELTSのリーディングの1つの大きな問題としてパッセージ3まで解き終えられないというものがあります。

解き終えられない理由はシンプルに読むのが遅いためです。

一般的な日本人のWPM((1分間に読める文字数)が平均80~100ですが、IELTSリーディングでは150ぐらいが必要です。

IELTSリーディング対策としての速読が必要なことが分かると思います。

時間内に解き終えるためのテクニカルなことは以下の記事を参照してください。

参照: IELTSのリーディングで時間内に解く方法とコツ

R速読のための前提

IELTSのリーディングで速読するためには精読できることが大前提となります。

精読のためには以下2点を網羅している必要があります。

  • 中高英文法が完璧
  • 構文をきちんととれる

つまり、英語を正確に読めないのに速読をしても効果はありません。

早く読む前に正確に読むことをまず最初に行いましょう。

参照:【精読のための構文理解】IELTSリーディングが伸びない人向け

IELTS速読の練習方法

IELTSリーディングにおける速読の練習方法を以下に詳しく紹介していきます。

  • 対策1: 1分150字を把握
  • 対策2: 指でなぞる
  • 対策3: 前から塊で読む
  • 対策4: 知らない単語は飛ばす
  • 対策5: つなぎ語に着目

早く読めるようになると映画の字幕や英書も楽しくなります

対策1: 1分150字を把握

IELTSリーディングでは20分で700-900字のパッセージを読んで、13前後の問に答える必要があります。

これはおよそ1分半で1題に答える必要があるということです。

1分半で1題答えるためには、1分に150字ほど読む必要があります。

以下がおよそ150字程度の分量です。

A lack of knowledge about the effects of noise pollution on humans in comparison to other pollutants has been lacking as an area of research. Although it has been generally regarded that noise pollution is primarily a ‘luxury’ problem – for those developed countries able to afford the purchase price of large quantities of loud, noisy machinery – it is actually a fact that due to bad planning and poor construction of buildings, noise exposure is often higher in developing countries. This means that regardless of the economic status of a particular country, the effects of noise are just as widespread and the long-term consequences for health the same. Therefore, practical action plans based upon proper scientific evaluation of available data on the effects of noise exposure, with the express purpose of limiting and controlling the exposure of people to environmental noise is a most worthwhile undertaking.
( 147字 )

この分量のリーディングを1分間で理解しながら読めるとIELTSは時間内に解けます。

上記英文は実際のIELTSのリーディング問題です

対策2: 指でなぞる

1分150字の分量が理解できたら、早速速読の練習に入ります。

速読に慣れるまでは、一定のスピードで指で文字の上を動かしなぞることをおすすめします。

単語の長さに関わらず、途中で立ち止まらずに常に同じスピードで読むことができるためです。

1分150字のスピードを厳守して指でなぞってください

対策3: 前から塊で読む

リーディングは前から固まりごとに読んでいきます。上記例文ですと以下のようになります。

これは日本語に訳さないという意味ではありません。

塊ごとに前から理解していくという意味です。別に日本語で理解していても構いません。

およそ日本で教育を受けた人は無意識に頭の中で瞬時に日本語に訳しているはずです。

いきなり日本語を頭から排除することは難易度の高い文章では難しいと思います。

ポイントとしてはあくまで後ろから訳さないことです。イメージだと以下のようなことはしないというものです。

このいわゆる返り読みをすると時間内に解けなくなります

塊はどこまで

文章の塊がどこまでか分からない人は以下4点に着目してください。

  • 1: 「前置詞(節)」「副詞(節)」
  • 2: 「不定詞と動名詞)」
  • 3: 「関係詞」
  • 4: 「接続詞」

例の中で再度英文の塊を確認してみましょう。

It has been well established / that exposure to loud noises / for extended periods of time / causes trauma / to the inner ear / and often results in / irreversible hearing loss.

慣れてくると感覚で塊がわかります

対策4: 知らない単語は飛ばす

よく知らない単語は推測しましょうと習うと思います。

しかしIELTSのリーディングは知らない単語がとてもたくさん出てきます。

スコア7.0や8.0をとるような人でも何個も知らない単語が出てくるようなテストです。

知らない単語の数が多すぎて推測しきれません。それどころか意味を取り違えてしまうでしょう。

当然単語力はあればあるほど有利です。しかし現時点で知らない単語は飛ばした方がスコアは上がると思って下さい。

対策5: つなぎ語に着目

つなぎ語と聞くと、接続詞を思い浮かべる人が多いと思います。

しかし、つなぎ言葉はもっと広範の意味です。以下のような役割を果たします。

  • パラグラフ内での展開
  • 情報を追加する
  • 例を上げるために使用
  • 比較のために使用
  • 文と文の繋ぎの役目
  • 反対の例をあげるため

つなぎ言葉が大切な理由は、文章がダイナミックに展開したり詳細となるポイントを述べる際に使用されるためです。

IELTSリーディング問題に出やすい箇所になるのです。

以下がつなぎ言葉のまとめの表です。

Cohesive Devices

例文で確認してみましょう。

In large measure, however, this language learning objective relates to the rote of languages other than English in various fields of employment, such as interpreting and translating, international trade, diplomacy and defence.

howeverで展開がダイナミックに変化し、such as以下で詳細を上げるんだなと感じながら読むイメージです。

まとめ

IELTSリーディングを速読するための練習方法はわかりましたか。

次の記事: 【単語の増やし方と覚え方】 IELTSリーディング対策

普段のリーディング練習から時間を厳守して解くことで時間の感覚を掴むことができます。

英語の「今まで」と「これから」

最短で伸ばすならSolo

SoloはIELTSのスコアを最短で伸ばします。

自分だけで学習できる自信がない人は是非一度カウンセリングに来てみてね。

弊社のIELTSのプロ講師たちが待ってるよ。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?