IELTS スピーキングで理想の回答時間は?【IELTS Speaking対策】

理想の回答時間の長さは?【IELTSスピーキング対策】

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

今回の記事では「IELTSのスピーキングで理想の回答時間について」紹介していきます。

「IELTSのスピーキング対策をこれから始める方」や「スピーキングで伸び悩んでいる方」などの参考になれば幸いです。

回答中に「あと何分で…」という風に考えるのは大変なので、1センテンス話すのにかかる時間を確認しておき、質問に対していくつセンテンスを話すかをカウントすると効果的です!

それでは詳しくみていきましょう。

IELTS スピーキングの回答時間について

IELTSスピーキングの概要

まずはIELTSスピーキングの概要を確認していきましょう:

パート時間質問数課題内容
パート14 – 5分6 – 12問日常的なトピックに関する質問に回答する
パート21 – 2分1問決められたトピックに関してスピーチを行う
パート34 – 5分3 – 6問パート2に関連した抽象度の高い質問に回答する

パート1とパート3の質問数は回答の長さや面接官によって変動します。スピーキングセクションの試験時間が約15分で、時間がそれ以上長くなることは基本的にはありません。

パート2はトピックの書かれているカードを渡され、1分間でスピーチの準備をします。パート3では、パート2のトピックに関連した内容を中心とした質問に回答してきます。

スピーキング「パート1」の回答時間

まずはスピーキング「パート1」の理想の回答時間をみていきましょう:

  • 回答時間:約20 – 30秒
  • センテンス:1 – 2センテンス

パート1は質問に対してシンプルな回答を、1〜2センテンスで回答するようにしましょう。また回答する時は単文ではなく、「複文」で回答することが望ましいです。

複文というのは「主節 + 従属節」で成る文章です。複文を使用することが望ましい理由は、採点基準の “Grammatical Range and Accuracy” の観点でバンドスコア「6.0以上」に求められているからです。

実際に複文の例をみてイメージをより具体的にしていきましょう:

複文の例

  • 例1:Knock the door when you get to my room.
  • 例2:I like playing basketball because that’s what most of my firends are into.
  • 例3:If I have a chance, I would like to visit Sydney.

上記の例で赤字で示した部分が、いわゆる「従属節」です。シンプルに回答することばかりに意識が向くと、どうしても単調な回答になってしまいますが、しっかりと文章をつなげていくことがIELTSスピーキング対策では重要になります。

複文で回答するという観点は、IELTSのみならず実際の英会話でも非常に重要な観点です。というのも聞き手に提供する情報量が多くなり、会話のキャッチボールが続きやすくなるからです!

スピーキング「パート2」の回答時間

スピーキング「パート2」では、最初に以下のトピックカードが配布されます:

IELTSスピーキングセクション「パート2」トピックカードのサンプル

トピックカードが配られてから1分間でストーリーを考えて、1分 – 2分間トピックに関するスピーチを行います。

また “You should say…” に続く各観点ですが、必ずしも全ての観点についてスピーチでは触れる必要ありません。それよりもストーリーを繋げることに意識をむいて回答すると良いでしょう。

そして、以下が理想の回答時間とセンテンス数です:

  • 回答時間:約1分30秒 – 2分
  • センテンス:約10センテンス

約1分30秒は、言葉を詰まらせずにスピーチができることが理想です。10センテンスはあくまで目安ですが、以下の回答の型に沿って、各観点で1 – 2センテンスの回答ができると良いでしょう:

  • 観点1:導入
  • 観点2:過去
  • 観点3:描写
  • 観点4:意見
  • 観点5:未来

まずはトピックカードの内容は一度置いておき、上記の流れで回答することになれていくと良いでしょう。一度回答の型が身につくと、どんなトピックがきてもある程度柔軟に回答することができるようになります。

パート2の回答の型を覚えると、パート1の回答も容易になります。練習としてまずはライティングから始めるのも効果的なので、とにかくアウトプット量を増やして身体で覚えていきましょう!

スピーキング「パート3」の回答時間

最後にスピーキング「パート3」の理想の回答時間をみていきましょう:

  • 回答時間:約40秒
  • センテンス:約3 – 4センテンス

パート3は抽象度の高い質問に対して、論理的に回答を展開していく必要があるので、1つの質問に対して 3 – 4 センテンスで回答することが理想です。

質問に関して回答をしてから「理由」「具体例」の順に話を展開していくとちょうど良い長さになります。

スピーキング「パート3」の回答例

参考までに以下の質問に対して、適切な回答を確認してみましょう:

Question:
What kinds of possessions give status to people in your country?

Answer:
I’d say it depends on where you are and who you are with.

If you are out in public, it’s things like the car you are driving. If you have the latest Mercedes Benz model, then in my country that is a sign of status, as most people can’t even afford a car at all, whatever the make.

The property, or the house you own, and the possessions you have in it are also a sign of status. If you have a nice house in a nice area, then this shows you have money and are someone important.

参考:IELTS Speaking Part 3 Samples | IELTS Buddy

上記の例では理由を述べる代わりに具体例を2点述べることで、自分の主張に説得力を持たせています。もし具体例を出すことが難しい場合は、過去の体験談などと絡めると回答がしやすくなります。

中立的な意見が好まれる日本とは違い、海外では自分の主張を明確に述べて説得力を持たせることが求められます。単に主張を述べるだけでなく、理由や具体例と絡めて説得力を高めましょう!

まとめ

アウトプットを繰り返して身体で英語を覚えよう

今回の記事の内容を以下にまとめます:

  • ポイント1:時間は回答のセンテンス数を目安にする
  • ポイント2:回答する時は「複文」を使用する
  • ポイント3:「理由」と「具体例」で説得力を伸ばす

スピーキングのスキルが上達するプロセスは、運動を学習するプロセスと似ていいます。頭で正しいフォームを分かっていても、実際に身体を動かすとイメージ通りには動かないことが多いです。

イメージ通りに動かすためには、とにかくアウトプット量を増やして、アウトプットした内容を正しく振り返ることが必要になります。うまく回答できなくても、英語を録音してスムーズに回答できるように練習していくことが重要です。

コミュニケーションは一瞬の反射です。頭で考えるより先にフレーズが出てくるレベルに成るまで、アウトプットを繰り返していきましょう!

最後にIELTS対策に関する悩みや相談などあればいつでもご連絡ください!

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?