イタリアの大学のランキング・費用・留学方法を紹介

英語で学べるイタリアの大学

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

今回の記事では「英語で学べるイタリアの大学のランキング・費用・留学方法」を紹介します。

「イタリア留学を考えている方」や「欧州に興味がある人」の参考になれば幸いです。

イタリア留学では様々な専攻の選択肢がありますが、特に「デザイン、ファッション、医学」の3つの学科が他の欧州と比べて豊富にあります!

それでは詳しくみていきましょう。

イタリアの大学 まとめ

ランキング

以下は、主に英語でコース提供をしているイタリアの大学のランキング、学費、入学要件、学科のまとめです。

各学科をクリックすると、詳細ウェブページに飛びます。興味がある方や、一次情報を確認したい方はご覧下さい:

世界ランキング. 学校名学費(年) 入学要件学科
No142. ミラノ工科大学3,726€・IELTS6.0
(TOEFL78)
建築デザイン土木工学
No166. ボローニャ大学2,805€ – 3,315€・IELTS5.5
(TOEFL80-89)
ビジネス経済ゲノミクス医学経済&金融観光&レジャー政治経済&社会科学国際関係&外交統計&数学
No171. ローマ・サピエンツァ大学1,000€・CEFR B2コンピューターサイエンス&AIバイオインフォマティクス建築工学看護クラシックスグローバルヒューマニティ
No242. パドヴァ大学2,529€ – 2,622€・CEFR B1 – B2情報工学中世&ルネサンス心理科学
No494. ローマ・トルヴェルガタ大学1,000€ – 2,500€問い合わせビジネスアドミニストレーション&経済コンピューターサイエンスグローバルガバナンス
No551. サクロクオーレ・
カトリック大学
8,040€ – 8,190€・IELTS6.0
(TOEFL84)
金融食物生産経済&マネジメント国際関係&グローバルアフェア心理学コミュニケーションマネジメント
No561. パヴィア大学0 – €4463
(年収により変動)
・CEFR B2
・SAT
コンピューターサイエンス&AI
No801. ヴェネツィア大学1,900€・CEFR B2ビジネスアドミニストレーションデジタルマネジメント経済&ビジネス哲学/国際関係&経済
No(NA). ヒューマニタス大学10,156€ – 20,156€
(年収により変動)
・CEFR B2
・独自テスト
(数学/論理/思考)
医学&外科
No(NA). ジョンカボット大学18,000€・IELTS6.5
(TOEFL85)
芸術史ビジネスアドミニストレーションマーケティングクラシカル経済&金融歴史英文学国際関係ポリティカルサイエンス心理科学イタリア研究
No.(NA). FIDI6,710€・IELTS6.5
(TOEFL72)
グラフィックデザイン
No.(NA). AUR21,580€・IELTS
(TOEFL)
問合せ必
芸術史ファインアートビジネスアドミニストレーション考古学&クラシックス国際関係&グローバルポリティクスコミュニケーション&デジタルメディアクリエイティブライティングフィルム
No.(NA). ADL18,950€・IELTS
(TOEFL)
問合せ必
ファッションデザインファッションスタイルコミュニケーション
No.(NA). ボッコーニ商業大学18,000€・SAT 1350以上
(ACT 29以上)
・IELTS7.0
(TOEFL100)
・推薦書
ビジネス国際経済&マネジメント国際経済&金融政治

世界ランキング300位以内の大学では、「ミラノ工科大学」「ボローニャ大学」「ローマ・サピエンツァ大学」「パドヴァ大学」の4校が学部レベルで英語コースを提供しています。

また、母体がビジネススクールで有名なボッコーニ商業大学が学部レベルでビジネスコースを開講しています。

国としても有名な「デザイン、ファッション、建築」の選択肢が豊富にありますが、留学生に人気の「コンピューターサイエンス」もトップ校で提供されています。

その他の欧州の国と比べて、入学に必要なIELTS(TOEFL)のスコア基準は標準的で、学費は大学によって大きくばらつきがあります。

学部からのイタリア留学はまだまだ知名度は低いですが、入学の敷居の低さとその文化的な魅力から今後は少しずつ増えてくるのではないかと予想しています!

費用

イタリアの大学の1年間の学費と卒業までにかかる総費用です。

学費(年)0 € – 21,580 €
卒業までの概算総費用(3年)36,000 € – 100,740 €

イタリアの大学の年間の学費は2021年8月現在のレートで年間0-280万円、生活費込みの卒業までの費用は、およそ470-1,300万円です

上記の費用は、3年の通学を元に計算した費用です。国が運営するトップ校ほど学費が安く、私立大学は欧州の中では比較的高めの学費になっています。

イタリアは、大学によっては受験生の親の年収により学費が変動します。金銭的に不利な学生は考慮してみると良いのではないでしょうか!

留学方法

イタリアの大学(学部)には基本的に、

  • 1. 高校の卒業証書
  • 2. 高校の成績
  • 3. IELTS(TOEFL)

の3点の提出で進学が可能です。成績は高ければ高いほど良いですが、低いからといって出願できないわけではないので積極的にチャレンジしてみると良いでしょう。

成績は、高校1-3年全てを提出しないといけない大学と、2-3年の成績のみを提出する学校に分かれます。

英語の資格は、IELTS(TOEFL)の提出が必須です。IELTSですと5.5-6.5と大学によって基準値が変わります。イタリアでは、IELTS の方がTOEFLよりも基準が甘くなっています

上記3点の書類が揃ったら、志望校のウェブサイトから出願をします。合格通知が届いたら、ビザの申請を済ませて渡航準備に入ります!

まとめ

イタリア留学は選択肢が多い

最後に今回の記事のポイントをまとめておきます:

  • デザイン、IT系が人気
  • 年間の学費は0-280万円
  • IELTS6.0が必要

欧州留学は、国によって選択できる学科が異なります。例えば、フィンランドでは「IT」、フランスでは「ファッション」が選択肢として多いといった具合です。

しかし、イタリアでは多くの大学が英語コースを開講しており、様々な選択肢が留学生に与えられています。

イタリア留学に行かれる方はその国の歴史と文化的な魅力から、デザインや建築系を専攻する留学生が多いです。

一方で、近年は卒業後の就職のしやすさからコンピューターサイエンスや医学系の学科も人気度が上昇しています。

学費を抑えて、文化が発達した国で大学生活を送りたい人などはイタリア留学を考えてみると良いかもしれませんね!

その他の世界の大学が気になる方は、下記にまとめていますのでご参照下さい。

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

SOLOでは、海外進学に必要なIELTSやTOEFLをオンライン上で専門的に教えています。

海外進学相談に関しても定期的に開催しており、海外へ飛び立つ皆様のお力になれるよう日々精進しています。

進学に関するお悩みがあればお気軽にご連絡ください。ご相談は無料となっております。

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?