IELTSのライティングって満点スコア9.0とれるの?サンプル解答つき

IELTSのライティングって満点スコア9.0とれるの?サンプル解答つき

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLのルークです。

今日はライティングで満点9.0を取得する方法です。いやそもそも取れるのか?といった内容に近いですが…

スコア9.0vsネイティブ

ネイティブならIELTSのライティング満点いけますか?

おおよそネイティブが対策なしで受けると7.0-8.0の間に落ち着きます。

え、 ネイティブでも満点取れない試験って意味あるの?という声が聞こえてきそうです。

欠点がないライディングの試験を作る事って難しいんです。自分の母語でもきちんとした文章を書くことって難しいですよね。

ちなみにスピーキングとリスニングは簡単に満点が取れます。

英検1級取得者のスコア

英検1級を合格している人がIELTSのライティングに挑戦すると初回は大体6か6.5です。

きちんと概要を理解して、IELTSのプロから何度か添削をしてもらって7.0といったところです。

日本育ちの日本人に限定をした話ですが、IELTSのライティングで私が見た最高点は7.5点です。

なぜ取れない9.0

IELTS対策をどんなにやこんでも取れないのがこのライティングでの満点です。 理由は2つあります。

  • テストの形式に慣れていない
  • 英語力が足りない

ネイティブが満点を取れない理由がテストの形式に慣れていないことです。 非ネイティブの場合は単純に英語力が足りないからです。

厳しい条件

さらに ライティングを難しくしている理由 が2つあります。

  1. 手書き
  2. 時間制限

また2019年今現在は手書きでのライティングのため、 一度書き始めたら細かな 修正はできますがパラグラフごと変更をすることができません。

英語力がかなり高い人でも、40分という時間制限の中でエラーなくエッセイを書くことは かなりの難易度です。

8.0と9.0の評価基準

8.0と9.0はどう違うのでしょうか?まずは評価基準を確認してみましょう。

以下が日本語に訳したものです :

満点9.0ではTAとCCは「完璧」である必要があることがわかります。一方でLRとGRでは9.0でも「うっかり」ミスの場合は許されるようです。

一方8.0ではTAとCCは「十分」である必要があることがわかります。一方LRやGRはまだ不正確さが伴っていることがあるようです。

スコア9.0を取る方法

前提として極めて高い英語力、 具体的には英検1級の過去問で9割以上の正答率、IELTSの他のセクションは9.0に近いレベルであることは必須です。

他のセクションで満点が取れないのにライティングで 9.0が取れることはありません。

ライティングというのはリーディングやリスニングの上位のスキルあるからです。

その上で以下のように学習をしていくと良いでしょう :

  • 問に完璧に答える
  • 書く前に計画を立てる
  • 書き直す時間を残す

問に完璧に答える

8.0と9.0のTA差を見てください。十分に問いに答えているのか完璧に問いに答えているのかの差があります。

必然的に文字の量は多くなります。

満点 9.0の解答は多くの場合、タスク1が200字前後、タスク2が300-350字前後であることが多いです。

書く前に計画を立てる

8.0と9.0のTAの差を再び見てください。この「十分に」というのはアイデアに関しても含まれます。

9.0だと思ったのに8.0 だったという人は、1つのアイデアに固執してパラグラフを2つ使って展開したりしています。

必ずアイデアは2つもしくは3つ出しましょう。 パラグラフをアイデアの数に合わせて展開しましょう。

書き始める前に、3分-5分の間にライティングのストラクチャを作ります。

具体的には以下について考えて言語化します:

  • アイデアをだす
  • アイデアをサポートする論を考える
  • 例を考える

書き直す時間を残す

できれば10分から15分書き直す時間を残すことが理想です。

エッセイは高度な英語使用者でも最初に書いたものは間違いだらけです。LRとGRで点をおとさないためにも十分に時間を残すことが大切です。

だからこそ書き始める前のストラクチャーを徹底的に詰めることは満点9.0の鍵になるのです。

最後に満点のサンプル解答をみておきましょう。今回はタスク2のエッセイを紹介しますね。

満点9.0サンプル解答

Some people today believe that the world’s increase in population is unsustainable and will eventually lead to a global crisis. Other people believe that world population increase is necessary and beneficial as it creates the growth of the world’s economy and society.

Discuss both these views and give your opinion.Give reasons for your answer and include any relevant examples from your knowledge or experience.

You should write at least 250 words.

9.0満点解答

The population of the world is ever growing. Some people believe that this increase has created an unsustainable situation and that it will lead to a global crisis. Other people believe that only through an increasing population can the world’s economy and society develop.

This population increase is not constant around the world; population is undergoing significant growth especially in less developed countries, and the continent of Africa is predicted to undergo the highest increase. Many people living in these less developed countries frequently face shortages, such as water, food, heating, cooking fuel and medicines, and people have to live in substandard living conditions by western standards. With more inhabitants, these difficulties will become exacerbated and helping these countries might also create strain on the resources and economies of other countries.

On the other hand, many countries are unable to reach their economic potential due to a lack of skilled work forces. For these countries a growing population can mean a stronger economy and, due to that, a better standard of living. Growing populations can also lead to growing demand for goods, allowing economies to expand. The problem is, however, that countries that are in need of labour forces and increasing demand are already the more developed countries and they meet some of these needs by immigration and exporting goods.

In conclusion, while certain areas of the world are in need of larger work forces to develop their economies, the continuously increasing population could potentially lead to crisis within countries that already struggle to provide for their inhabitants.

まとめ

どうでしょうかライティング 満点9.0が取れる気がしてきましたか?

さすがにしませんよね…

IELTS のライティングに固執をして病んだ人も知っています。

人生はIELTSだけじゃありませんよ。

英語の「今まで」と「これから」

最短で伸ばすならSolo

SoloはIELTSのスコアを最短で伸ばします。

自分だけで学習できる自信がない人は是非一度カウンセリングに来てみてね。

弊社のIELTSのプロ講師たちが待ってるよ。

Solo IELTS TOEFLサポートページ:

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?