【MBA】エモリー大学ゴイズエタの特徴と日本人の入学難易度(Goizueta)

【MBA】エモリー大学ゴイズエタの特徴と日本人の入学難易度(Goizueta)

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

今回の記事では「エモリー大学MBAゴイズエタの特徴と日本人にとっての難易度を紹介しています。

「ゴイズエタ MBAについて詳しく情報を得たい方」や「MBA取得を将来的に考えている方」の参考になれば幸いです。

ゴイズエタMBAは留学生比率が非常に高くキャリアを徹底してサポートしてくれるスクールです。卒業生の就職率や給与の伸び率に反映されています!

それでは詳しくみていきましょう。

エモリー大学 MBA(Goizueta)とは

ゴイズエタ MBAの特徴

早速、エモリー大学 MBA(Goizueta)の基本的な情報を確認していきましょう:

都市Atlanta, GA
生徒数181人
学費(12ヶ月)$ 65,835
総費用(24ヶ月)約$ 191,670
コース期間22ヶ月
受験者数1314名
合格率約38%
GMAT平均値680
出願資格(英語)TOEFL 100点・ IELTS 7.0
平均勤務年数約6年
平均年齢29歳
留学生比率47%
女性比率31%
就職率(卒業3ヶ月以内)95%
キャリアサポート20位
ウェブサイトhttps://goizueta.emory.edu/

エモリー大学 MBA(Goizueta)は「 ビジネスの世界に積極的に影響を与えるリーダーや教育者に選ばれるコミュニティであること」をビジョンとしています。金融とマーケティングに強い教授群が集まっています。

留学生比率がその他の米国MBAと比べて非常に高くなっています。多様性を重要視する受験生が多い事を考慮すると素晴らしい施策です。

合格率が標準的である事を考えると、TOEFLとIELTSのスコアメイクを早く終えGMATで足を引っ張らないようにするのが戦略としては良いですね!

ゴイズエタ MBAのロケーション

次にゴイズエタがあるロケーションを確認してみましょう:

キャンパスがあるアトランタは人口約50万人の小さな都市です。ゴイズエタはその郊外車で約15分の場所に位置しています。

東京からアトランタは直行便が出ていておよそ12時間30分で到着しますね!

Goizueta MBAの世界ランキング

次にGoizuetaのフルタイムMBAの世界ランキングの推移を確認してみます:

  • 2020年:47位
  • 2019年:38位
  • 2018年:47位
  • 平均:44位

世界ランキングは3年で38位から47位の間に位置しています。キャリアサービスが充実している学校ですので卒業生の給与の伸びに応じてランキングが上下しています。

ゴイズエタ MBAの給与平均

ゴイズエタの入学前、卒業後の給与平均を確認してみましょう:

  • 入学前:$ 58,000
  • 卒業(3ヶ月後):$ 120,861
  • 卒業(3年後):$ 149,369
  • 投資回収:3.8年

給与は卒業直後で「2.08倍」に、3年後には入学前の「2.57倍」になります。給与の伸び率は米国トップMBAスクールと同等です。

日本人の出願資格と入学難易度

先ほど特徴で紹介しましたが、もう一度出願資格を確認してみましょう:

  • GMAT(平均値):680
  • IELTS:バンドスコア7.0
  • TOEFL:100点

IELTSとTOEFLのスコアは米国MBAとしては平均的です。GMATは平均値が680ですが、640でも合格している人もいます。

合格率はさほど高くないので際立ったキャリアの実績や特出すべきアピールポイントがない人はスコアメイクをきちんとしましょう!

「TOEFL100点」と「IELTS 7.0」どちらがオススメ

私個人の見解としては、IELTSの方がオススメと考えています。理由は以下の2点です:

  • 理由1:リスニング・リーディングで間違えることのできる問題数が多い
  • 理由2:ライティングにリスニングが必要ない

TOEFLで100点を目指す場合、リーディングとリスニングは27点以上取得できることが理想的です。つまり3問程度しか間違えることが許されません。一方でIELTSは10問程度間違えても、バンドスコア7.0以上を取得することができます。

また仮にリスニングが苦手な場合、スピーキングとライティングでリスニングの作業が必要になるTOEFLよりも、それぞれのスキルだけに専念できるIELTSの方がセクションごとに対策がしやすいと考えます。

もちろん例外もあります。まずはそれぞれの模擬テストを解いてみて自分にあっているのがどちらなのかを確認してみて下さい!

まとめ

MBAを考える場合はまずIELTSとTOEFLの対策を

今回の記事のポイントを以下にまとめておきます:

  • ポイント1: 米MBAの中では留学生比率が非常に高い
  • ポイント2:キャリアサポートが非常に充実
  • ポイント3:出願資格はIELTS 7.0またはTOEFL 100点

「バンドスコア7.0」又は「TOEFL 100点」はスタートする地点によっては1-2年を要する場合もあります。継続して生活に英語学習を組み込む事が大切です。

一見難しく見えるTOEFLやIELTSであっても、課題を特定して一つずつ対処していけば確実に目標スコアに到達できます。諦めずに学習を継続していきましょう!

最後にIELTSやTOEFL対策、MBAに関するご相談などありましたらお気軽にご連絡ください!

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?