スタンフォードMBAの学費・ランキング・難易度を徹底紹介

スタンフォードMBAの学費と日本人にとっての難易度を徹底検証

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

この記事は、スタンフォードMBAの特徴と入学難易度を紹介します

スタンフォードMBAでは、マネジメントの基礎を必須として学んだ上で各自の専門分野に進む点です。

トップMBAの中では、TOEFLの出願基準は低めに設定されていますが、合格率は6.0%です。つまり、エッセイやインタビューで受験生がスタンフォードにフィットするかどうかを大切にしていることが伺えます!

それでは詳しく見ていきましょう。

スタンフォードMBA

基本情報

まずは、基本情報から確認しましょう。

都市Palo Alto, CA
生徒数419人
コース期間2年
受験者数7,797人
合格率6.0%
GMAT平均値734(GRE 330)
英語の基準TOEFL100
GPA平均3.7
平均勤務年数4.4年
平均年齢28歳
ウェブサイトhttps://gsb.stanford.edu/programs/mba

こちらの基本情報は、学校のウェブサイト、Financial Times、ForbsといったMBA情報をまとめた情報源を引用しています。

スタンフォードMBAは、「リーダーとして産業を再構築し世界を牽引する人物になる」というビジョンを掲げ運営されています。

英語における基準がTOEFL100ですので、米国トップMBAの中では比較的低めの設定です。一方で、GMATの入学者平均が734と、TOEFL100では太刀打ちできいないスコアです。

自らのキャリアと人生における新たな考え方を獲得することを大切にしたカリキュラム構成になっています!

学費

スタンフォードMBAの、2022年度の学費と奨学金を確認してみましょう :

学費(年)$74,706
卒業までの概算総費用$239,928
奨学金(年)$40,000

年間の学費は、2021年8月現在のレートで年間825万円です。生活費込みの卒業までの費用は、およそ2,647万円です。

ニードベースの奨学金が年間で$40,000まで提供されます。ニードベースの奨学金とは、学費を全額支払うのがむずかしい場合、不足分をまかなってくれる奨学金です

世界ランキング

以下は、スタンフォードMBAの世界ランキングの推移です。

20211位
20201位
20191位
平均1位

大学格付け機関QSによると、スタンフォードMBAは3年連続で世界ランキング1位です。2位には同じく米国のウォートンが位置付けています。

QSのMBAランキングは、「転職の可能性40%、起業率&卒業生の成果15%、投資収益率20%、ソートリーダーシップ15%、多様性10%」の内訳にて評価されています。

給与

次に、スタンフォードMBAの入学前、卒業後の給与平均を比べています。

入学前$86,000
卒業3か月後$142,000
卒業3年後$250,000
投資回収4.2年

給与は卒業直後で1.6倍に、3年後には入学前の2.6倍となっています。給与上昇率は他の海外トップMBA校を凌いでNo1です。

続けて、スタンフォードMBA卒業後の就職先について確認しましょう。

ほとんどのトップMBA校は金融とコンサルティングが圧倒的な比率です。一方で、スタンフォードはマーケティング&営業職が28%と他のMBA校と比べて高いです。

その他の情報

最後に、その他のスタンフォードMBAのデータとして気になる点を確認してみましょう。

留学生比率43%
女性比率47%
卒業3か月以内就職率88%
卒業生のよる推薦ランク2位
キャリアサポート31位

女性比率が他のアメリカのMBA校と比べて極めて高くなっています。また、卒業生の満足度ランキングの高さからスタンフォードMBAで得られる価値が高いことが推測できます。

TOEFLと入学難易度

スタンフォードMBAの日本人にとっての入学難易度を考えてみましょう。 入学条件は以下です :

  • TOEFL100
  • GMAT or GRE
  • 学士の成績
  • 課外活動
  • エッセイ2つ
  • 推薦状2通
  • レジュメ(職歴)
  • インタビュー

上記の入学要件は、どのトップMBA校でも必要という点では同じです。TOEFL(IELTS)の求められているスコアはランキングの割には低めですが、GMAT(GRE)の平均値の高さを考えると、英語力は高ければ高いほど良いです

スコアメイクはきちんとする事を前提に、エッセイとインタビューにて熱意と原体験の深堀りを時間をかけて準備をすることが合格の第一歩となるでしょう。

TOEFL100点のレベルは、「英検1級に余裕を持って合格」「TOEICはほとんど満点」と同等です

TOEFL100点を取得するためには、その目指すべきスコアの内訳が理由で、リスニングとリーディングセクションで3問程度しか間違えることができません。

何から手をつけるべきか分からない人は、リーディング、特にリスニングに一番時間をかけて学習を進めてください。ライティングやスピーキングでスコアを出すにも必須です!

最後に

スタンフォード MBAの概要はある程度把握できましたでしょうか。

日本人にとっては、英語の資格のハードルが低い分、応募条件自体は満たしやすいかと思います。

その分、GMAT(GRE)のスコアメイク、英語のエッセイを徹底的に磨くことが大切になります。

その他の海外MBA校や情報は下記のサイトにまとめておりますので、必要な場合はご参照下さい。

最後に、弊社は海外MBAを志す多くの方に、IELTSやTOEFLをオンラインで専門的に教えています。ご相談は無料となっておりますので、遠慮なくご連絡下さい!

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?