ハーバードビジネススクール(HBS MBA)の特徴と日本人の難易度を徹底解説

HBS「ハーバードビジネススクール」MBAのデータと将来性を徹底解説

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLルークです。

この記事は、ハーバードビジネススクール(HBS MBS)の特徴と日本人にとっての難易度を徹底解説しています。

海外MBAの頂点とも言うべきハーバードビジネススクールの入学条件、ランキング、卒業後の就職先などの特徴をデータを元に紹介しています。

最高何度のTOEFL or IELTSとGMATをくぐりぬけても合格率が11%とという世界です。日本人にとっては非常に難易度の高いビジネススクールです。

日本語での情報が少ないHBSをあらゆる面から数値で確認してみましょう

ハーバードビジネススクール(HBS MBA)

ハーバードビジネススクール(HBS MBA)は世界に変革をもたらすリーダーを輩出するというビジョンのもと運営されています。

ハーバードビジネススクールはフルタイムの2年間のプログラムで寮つきです。まずは基本的な情報を確認しましょう。

都市ボストン,マサチューセッツ
生徒数930人
学費(24か月)$146,880
総費用(2年間)$222,204
コース期間24か月
受験者数9,886人
合格率11%
GMAT平均値730
英語の必要資格TOEFL109 or IELTS7.5
平均勤務年数4年
平均年齢27歳
ウェブサイトhttps://www.hbs.edu/mba/

学費自体はトップMBA校としては平均的ですが、総費用となると日本円にして約2500万円と最高値です。

入学条件もTOEFLやIELTS、GMATともに最高基準のスコアが必要かつ、スコアを満たした中から11%しか合格できいない非常に狭き門となっております。

ハーバードビジネススクールの特徴

次に、ハーバードビジネススクール(HBS MBA)の世界ランキング、給与と将来のキャリアを順にみていきましょう。Financial Times(FT)のデータを参照にしています。

まずはハーバードビジネススクールの世界ランキングの推移です。

世界ランキング

20201位
20192位
20185位
平均3位

ハーバードビジネススクールの世界ランキングは、2018年から上がり続けており、2020年には世界ランキング1位となりました。

FTの世界ランキングは給与伸び率を筆頭に、費用対効果、卒業後の進路、カリキュラム、多様性、満足度調査など20の分野から調査を行い公表しています。

給与

次にハーバードビジネススクールの入学前、卒業後の給与平均を比べています。

入学前$88,000
卒業3か月後$137,293
卒業3年後$230,000
投資回収4.1年

ハーバードビジネススクールの給与は卒業後すぐに1.56倍、3年後には2.6倍と上昇しています。入学前の給与が高いにもかかわらず大きな伸び率となっています。

HBSの卒業生

ハーバードビジネススクール(HBS MBA)生が卒業後どういった職種についているのか確認してみましょう。

コンサルティング、金融セクターのいずれかで働く卒業生が全体の60%を占めています。通常のトップMBA校ならではのデータそのものですが、それでも60%というのは異常値とも言えます。

その他の情報

最後にハーバードビジネススクール(HBS MBA)のその他のデータとして気になる点を確認してみましょう。

留学生比率37%
女性比率f41%
卒業3か月以内就職率89%
卒業生のよる推薦ランク1位
キャリアサポート18位

ハーバードビジネススクールの留学生比率と女性比率が低く感じますが、他のアメリカのMBA校と比較すると高い数値であります。

卒業生による満足度の高さも世界1位と文句なしのオススメのMBA校ですね。

他のMBAとの違い

ハーバードビジネススクール(HBS MBA)がその他のトップMBA校とどう違うのか確認してみましょう。

  • 世界の知となり、複雑な問題解決を達成する
  • 実践的であり、困難な状況で決断を下し前進する力を育む
  • 起業家精神とイノベーションに特化
  • 起業家たちとつながりを持つ (Harvard i-Lab)
  • 寮内でのコミュニティの仕掛け
  • 卒業生とのネットワークによるビジネスチャンス
  • メディア業界に強い繋がり (Harvard Business Review)

自分たちこそが世の中の未解決問題を解決するんだという強い意志が感じられます。一人では解決できない問題をそのネットワークを活かして取り組むようになっています。

日本人にとっての難易度

ハーバードビジネススクール(HBS MBA)の日本人にとっての難易度を考えてみましょう。 結論から言うと日本人にとっての入学の難易度は非常に高いです。

ハーバードビジネススクールの入学条件をウェブサイトから確認してみると以下であることが分かります :

  • TOEFL109 or IELTS7.5
  • GMAT or GRE
  • 学士の成績
  • エッセイ
  • 推薦状2通
  • レジュメ(職歴)
  • 願書
  • インタビュー

上記はどのトップMBAでも必要という点では同じです。しかし、英語の資格とGMATのスコアメイクができなければ出願すらできない事を考えると非常に難易度が高い事が分かります。

TOEFL or IELTS、GMATともに最高難度のスコアが求められます

TOEFL109 vs IELTS7.5

ハーバードビジネススクール(HBS MBA)応募に必須のTOEFL109もしくはIELTS7.5はどちらで対策すべきかという相談をよく受けます。

結論から言うとIELTS7.5を目指すことをオススメします。IELTS7.5はTOEFL109と比べると若干楽であります。

MBA生向けにTOEFLとIELTSを比較した記事は以下を参照にしてください。

メッセージ

ハーバードビジネススクール(HBS)については詳しく把握できたでしょうか。

他にも海外MBAトップ15校に関する情報に興味がある人は下記の記事を参照にしてください。

弊社はIELTSとTOEFLに特化しています。既に進学の準備を始めているけど英語で苦労しているという人は遠慮なく私に相談してくださいね、きっとお力になれます

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?