ハーバードビジネススクール(HBS)の情報と難易度を紹介

HBS「ハーバードビジネススクール」MBAのデータと将来性を徹底解説

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

この記事は、ハーバードビジネススクール(HBS)の情報と日本人にとっての難易度を紹介します

海外MBAの頂点とも言われるハーバードビジネススクール。その学費、ランキング、入学条件、難易度をデータをもとに紹介していきます。

最高難度のTOEFL(IELTS)とGMATを達成しても、合格率が11%の世界です。日本人受験生にとっても非常に難易度の高いMBA校です!

ハーバードビジネススクールの情報

基本情報

まずはHBSの基本的な情報を確認しましょう :

都市ボストン,マサチューセッツ
生徒数930人
コース期間24か月
受験者数9,886人
合格率11%
GMAT平均値731
英語の必要資格TOEFL109 or IELTS7.5
平均勤務年数4年
平均年齢27歳
ウェブサイトhttps://www.hbs.edu/mba/

こちらの基本情報は、Financial Times、Economist、ForbsといったMBA情報をまとめた情報源から引用しています。

ハーバードビジネススクールは「世界に変革をもたらすリーダーを輩出する」というビジョンを掲げ運営されています。

一人では解決できない問題を、HBSのネットワークを活かしてチーム、会社、社会全体で解決に取り組む事を大事にしています。

出願にもTOEFL(IELTS)、GMATの最高基準のスコアが必要です。スコアを満たしても11%しか合格できいない非常に狭き門です。

また、Advanced Management Program(AMP)と呼ばれるオンラインとオフラインの融合型のプログラムもあります。

AMPは修士などの学位は付与されませんが、日本にいながら受講できますので気になる方は下記よりご確認ください。

学費

HBSの2022年度の学費と奨学金を確認してみましょう :

学費(年)$73,400
卒業までの概算総費用$223,084

ハーバードビジネススクールの年間の学費は、2021年8月現在のレートで年間810万円です。生活費込みの卒業までの費用はおよそ2,465万円です。

HBSの学費自体は米国トップMBA校としては平均的ですが、学費は年間5%の割合で高くなり続けています

世界ランキング

以下は、HBSの世界ランキングの推移です。

20214位
20205位
20192位
平均3位

2021-22年度のハーバードビジネススクールの世界ランキングは4位です。HBSの上位校には、スタンフォード、ウォートン、MIT Sloanが位置しています。

QSのMBAランキングは、「転職の可能性40%、起業率&卒業生の成果15%、投資収益率20%、ソートリーダーシップ15%、多様性10%」の内訳にて評価されています。

給与

次にHBSの入学前、卒業後の給与平均を比べています :

入学前$88,000
卒業3か月後$148,750
卒業3年後$230,000
投資回収4.1年

ハーバードビジネススクールを卒業後に入学前の1.56倍、その3年後には2.6倍と上昇しています。入学前の給与が高いにもかかわらず大きな伸び率となっています。

卒業生の全体の60%以上は、コンサルティングか金融セクターのいずれかで働いています。いずれのトップMBA校でも同様の進路ですが、それでも60%というのは非常に高いです。

その他の情報

最後にHBSのその他のデータとして気になる点を確認してみましょう :

留学生比率37%
女性比率43%
卒業3か月以内就職率89%
卒業生のよる推薦ランク1位
キャリアサポート18位

欧州のMBAと比べると留学生比率と女性比率が低く感じますが、その他のアメリカのMBA校と比較すると平均的な数値です。

「卒業生のよる推薦ランク」が1位と突出しています。プログラムの満足度、卒業後の進路において大きく満足していることが伺えます。

日本人にとっての難易度

ハーバードビジネススクールの日本人にとっての入学難易度を考えてみましょう。 入学条件は以下です :

  • TOEFL109点 or IELTS7.5
  • GMAT (GRE)
  • 学士の成績
  • エッセイ
  • 推薦状2通
  • レジュメ(職歴)
  • 願書
  • インタビュー

どのトップMBA校に出願するにしても、上記の必要事項はほとんど同じです。

最初の準備が英語の資格になります。TOEFL109点またはIELTS7.5のいずれかが必要ですが、この値は全世界のMBAスクールの中でも最難関です。

当然人によっては変わりますが、大学受験から英語に手をつけていない方は、この基準を満たすだけで2年は見ておいた方が良いでしょう。

英語の基準が満たせた方から、GMAT(GRE)、エッセイ+インタビュー対策へと進んでいきます。

TOEFL109 vs IELTS7.5

ハーバードビジネススクールの出願に必要なTOEFL109点もしくはIELTS7.5はどちらで対策すべきかという相談をよく受けます。

結論から言うとIELTS7.5を目指すことをオススメします。理由は、

  • 1. IELTSはRLは誤答の許容数が広い
  • 2. TOEFL Sで24以上を出すのが困難
  • 3. IELTS Wのセクション制約がない

だからです。

TOEFL109を狙うためにはRLは満点近くが必要ですが、IELTS 7.5ではRLは6-7問間違いでもでます。

TOEFLはスピーキングでも24点以上を出す事が非常に困難なテストですので、それだけで6点を落としてしまいます。

IELTSはライティングで7.0を取得するのは困難ですが、HBSではセクションごとのスコアの制約がないため、RLのスコアでカバーをすることができます

まとめ

ハーバードビジネススクールへは英語から

ハーバードビジネススクール(HBS )の情報と日本人にとっての難易度については詳しく把握できたでしょうか。

HBSを狙うに当たってはまずは英語のスコアメイクです。きちんとした英語力をつけることが、その後のGMAT(GRE)においても効いてきます。

その他の海外MBA校や情報は下記のサイトにまとめておりますので、必要な場合はご参照下さい。

最後に、弊社は海外MBAを志す多くの方に、IELTSやTOEFLをオンラインで専門的に教えています。ご相談は無料となっておりますので、遠慮なくご連絡下さい!

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials