【TOEFL対策】リスニングで25点以上取得に必要なメモ取りのコツ

【TOEFL対策】リスニングで25点以上取得に必要なメモ取りのコツ

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLルークです。

今回は、TOEFLリスニング対策の一つとして「メモの取り方のコツ」を紹介します。

特に25点以上のスコアを目指している方や、リスニングのスコアで伸び悩んでいる方にはオススメの内容です。

メモをとるべきポイントを理解して、必要な情報だけを書きとるようにしましょう!

TOEFLリスニング対策「メモ取り」

リスニングはTOEFLで最も重要なパートです。

なぜなら、TOEFLの問題構成はリスニングができないと答えることができない問題の割合が多いからです。

具体的には「Integrated スピーキング」「Integrated ライティング」の2で、リスニング内容の要約等が求められます。

つまり効果的にTOEFL対策をする場合には、リスニング勉強を最優先でおこなうことが重要だということが分かります。

今回紹介する「メモ取り」は高度なテクニックなので、現状でスコア20点以下の場合は基礎的なリスニング勉強に時間を割くことをオススメします!

メモ取りがなぜ重要なのか

リスニングセクションで25点以上を目標にする場合、メモ取りは非常に重要なスキルになります。

というのもリスニングの音源が長く、メモを取らないと詳細部分の内容を忘れてしまいがちだからです。

特にTOEFLは約3時間半の間、パソコンの前でテストに取り組む必要があるので集中が切れがちです。

そんな時にもメモ取りが役に立ちますね。

「あ、なんだったけ…」と悔しい思いをした人も少なくないのではないでしょうか!

メモ取りのコツ – 会話形式

まずは会話形式のメモの取り方を紹介します。大学内での日常会話ということで、レクチャー形式よりも一般的な表現が使われることが特徴です。

以下がメモ取りのコツです:

  • コツ1:声のトーン
  • コツ2:メモ取りの全体像
  • コツ3:聞き逃したら潔く諦める
  • コツ4:シンボルを使う
  • コツ5:話者ごとに情報を分ける

メモ自体もレクチャー形式よりも取りやすいものとなっています。それぞれ詳しく見ていきましょう。

コツ1:声のトーン

1つ目のコツは 「声のトーン」をメモしておくことです。

トーンは話し手の感情を表すので、TOEFLの問題では声のトーンから話し手の意図をたずねる問題がよく出てきます。

直接的に表現はしていないけれど、文脈と声のトーンから「こんなことが言いたい」というの推測します。

イメージしにくい場合は、例題で確認してみましょう:

例題「声のトーン」

What implied information did you get from the student’s tone of voice, after the professor gave him a compliment?

His tone of voice implied he was __
A. sad
B. extremely happy
C. surprised
D. angry

トーンで答えがわかったはずです。答えは「C:Surprised」ですね。

レクチャー形式と比べると、会話形式はトーンの示唆問題が多く出ます!

コツ2:メモ取りの全体像

「どれくらいの情報をメモすればいいのか」ということを、理解しておくことはとても重要です。

メモに集中しすぎるあまり全体の流れを見失ったり、途中で集中力が切れてしまうことを防ぐために、本当に重要な情報だけをピックアップすることに慣れておきましょう。

練習の段階でメモを取るようにして、 一体自分がどれぐらいメモをとることで全体を理解できるかを把握しましょう。

リスニング力が上がるにつれて、書き取るべきポイントが限定的になってきます。

コツ3:聞き逃したら潔く諦める

聞き逃したら焦らず気持ちを切り替えましょう。

メモを取ろうとしていると、聞き逃してしまうことがよくありますよね。そこで焦らずいっそその部分を捨てる覚悟を持ちましょう。

「あっ…」と思っているその瞬間にも、リスニングは進みます。 絶対に避けたいことは、頭が真っ白になって全体の流れを失うことですからね。

分からない問題、聞き逃した問題は思い切り忘れて次に進みましょう!

コツ4: シンボルを使う

メモをとる時は全て言葉で書き取ろうとせずに「↑」「→」などのシンボルを使いましょう。

シンボルを使うことで、メモを取る時間を大幅に短縮できるようになります。

例えば「Decrease / fall / short / cheap / worse」などは「」の矢印。

「Increase / rise / surge」などは「」の矢印。という具合です。原因と結果を表す「>」なども便利ですね。

日常的に自分が使っているシンボルや、イメージが湧きやすいものを利用すると良いでしょう。

コツ5:話者ごとに情報を分ける

話者ごとに情報のメモを分けると見やすいです。例えば以下のようなイメージです:

メモは自分だけがわかれば大丈夫です。自分なりに情報を整理して、見ましょう。

メモ取りの練習問題 – 会話形式

それでは会話形式の練習問題で、メモをする練習をしてみましょう:

リスニング音源

Q4の音源

Q.1 Why does the student go to speak to the consultant?

a. To join The bicycle club.
b. To join the rock climbing club.
c. To get information about recreational activities.
d. To get information about hiking club and rock climbing club.

Q.2 Listen again to the part of the lecture. Then, answer the following question. What is the student attempting to express?

a. The student is excited.
b. The student is nervous.
c. The student is angry.
d. The student is sad.

Q.3 Why can’t the student join the bicycle club?

a. It isn’t currently accepting new members.
b. There is no bicycle club.
c. It is too late in the semester to join any club.
d. The bicycle club’s office is being renovated.

Q.4 What kinds of clubs are similar to the bicycle club?

a. Talent-oriented clubs, like choir or theatire.
b. Indoor sports clubs, like basketball or hockey.
c. Outdoor activities clubs, like hiking or rock climbing.
d. Interest-based clubs, like Sci-Fi or Literature.

Q.5 Which of the following is NOT a benefit of joining the rock climbing club?

a. be healthier because of participating in rock climbing.
b. have a new experience under his belt and that will encourage her to try more things in the future
c. meet new people and make friends
d. get better grades


解答
1. a
2. b
3. d
4. c
5. d

メモ取りのコツ – レクチャー形式

早速ですが、以下がレクチャー形式のコツです:

  • コツ1:コンセプトの理解
  • コツ2:要点の理解
  • コツ3:シンボルを使う

レクチャー 形式のメモは、会話形式と比べると難易度が高くなります。

なぜならレクチャーが長い上に、メインアイデアが複数あるからです。つまり聴き取るべき情報が多くなります。

またトピックがアカデミックに関する内容なので、背景知識についての理解も求められます。

コツ1:コンセプト

たとえ聞いたことないものでも、コンセプトは必ずメモしましょう。

レクチャーでは基本的に教授からコンセプトに関する説明があります。列挙するコンセプトの説明を聴き取りメモを取りましょう。

ほとんどの設問が「コンセプト」または「コンセプトに関するキーワード」から出題されます。

イメージが湧きにくいと思うので、例題で練習してみましょう:

例題「コンセプトの理解」

During the lecture, please practice your noting taking by writing down the new concept presented and any important information about it.

コンセプトはききとれましたか?

内容は「Algae Biodiesel」に関してでした。

専門用語なので初見ではコンセプトが分からないと思います。

しかし後に続く説明を聞くことで「Algae」から作られる燃料だということがわかります。

専門性の高い用語は必ず後に説明されます!焦らず説明をしっかりと理解できる準備を整えましょう!

コツ2:要点の理解

レクチャー形式はでは特に「何をメモすべきか」理解しておく必要があります。

なぜなら会話形式と比べて話が長く、また話が一方通行なので集中するべきポイントを見失いガチだからです。

メモすべきポイントは以下の5点です:

  • メインアイデア
  • 比較
  • 反論
  • 原因と結果

特に上記のポイントが説明される時は、聞き逃さないように注意をしておきましょう!

コツ3:シンボルを使う

会話形式と同様に、レクチャー 形式でもシンボルを用いてメモをとりましょう。書き取りにかかる時間と、意識を極力省エネでおこなうことが重要です。

参考までに、一般的によく使われるシンボルは以下のようなものです:

  • 「=」 :refer to, occur
  • 「∵」:Because, as a result of, due to, because, owing to
  • 「∴」:Therefore
  • 「=>」:result in, lead to, contribute to, give rise to, cause
  • 「≠」:isn’t, doesn’t, don’t, can’t
  • 「+」: many, lots of, a great deal of,
  • 「-」 :Little, few, lack ,in short of/ be in shortage of
  • 「!」 :Important, interesting

レクチャー形式は基本的に話し手が一人だけなので、コラムを分ける必要ありません!

メモ取りの練習問題 – レクチャー形式

それでは最後にレクチャー形式のメモの練習をしましょう。

リスニング音源

Q1. What is the lecture mainly about?

a. How notothenioids became the dominant type of fish in the Southern Ocean.
b. How various proteins function in notothenioids.
c. An example that contradicts theory of adaptive radiation.
d. Changes in Ocean habitats caused by continental drift.

Q2. Why did the antifreeze protein originally give no special advantage to the earliest notothenioids?

a. Many of the types of fish have the same protein.
b. The notothenioids were not living in sub-freezing temperatures.
c. The effect of the antifreeze protein was neutralized by other pertains.
d. Antifreeze protein function only in the smallest notothenioids.

Q3. What characteristic of notothenioids helps them survive in subfreezing temperatures?

a. They maintain an usually high body temperature.
b. A special tissue in the eyes enables them to see through ice.
c. Special proteins make the blood circulate too fast to freeze.
d. Ice crystals in their bodies are prevented from growing large enough to harm them.

Q4. Why does the professor mention that coral reefs support more than 4,000 species of fish?

a. To find out what students know about tropical fish.
b. The contrast two types of ocean environments.
c. To imply that there may be spaces in the Southern Ocean that have not been discovered yet.
d. To imply that there may be fossil evidence of coral reefs in the Southern Ocean.

Q5. According to the professor, which factor led to the rapid distribution of notothenioids throughout the Southern Ocean?

a. A genetic mutation occur in the DNA of the earliest notothenioids.
b. There was an increase in competition for food in temperate waters.
c. Antarctica broke off and drifted away from South American continent.
d. The waters around Antarctica temporarily warmed up.

Q6. According to the professor, what happened to notothenioids that migrated to different areas of the Southern Ocean?

a. They evolved into a wide variety of notothenioids species.
b. They developed the ability to tolerate a wide range of temperatures.
c. Some of them became extinct because of new predators.
d. Some of them developed additional antifreeze proteins.

解答

1. a
2. b
3. d
4. b
5. c
6. a

まとめ

今回はTOEFLリスニング対策の一つとしてメモ取りのコツを紹介しました。

繰り返しになりますが、25点以上の高スコアを狙う場合はリスニング力だけでなくメモをきちんと取るテクニックが必要です。

何度もメモを取る練習をする中で 「リスニングに集中すること」と「メモを取ること」の2つのバランスを探していきましょう。

何から手をつければ良いか分からない人はまずは私が書いた独学ロードマップを覗いてみてください。

TOEFL対策で悩んでいる方は、気軽に相談してください!

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?