【英語エッセイ】パラグラフの書き方と冒頭で役立つフレーズ集

【パラグラフ冒頭で使えるフレーズ】英語のエッセイの書き方

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

今回の記事では「英語のエッセイにおける各パラグラフ冒頭で役立つフレーズ」を紹介します。

「英語のライティングをこれから学習する人」や「ライティングのパラグラフ構成について学びたい人」の参考になれば幸いです。

英語のエッセイが書けるようになると、相対的にスピーキングもクリアな主張が展開できるようになります。英語でうまく意見を伝えられない人も参考になる内容だと思います!

それでは詳しくみていきましょう。

英語エッセイにおけるパラグラフ書き方と例題

英語エッセイのパラグラフ構成

基本的に英語のエッセイは以下の3点で構成されています:

  • 導入:自分が何を伝えたいのかを明確にする
  • ボディ:自分の主張に説得力を持たせる
  • 結論:再び主張の立ち位置を明確にする

エッセイによって書くべき文字数が変わるので、それに合わせてボディの数を調整していきます。例えばTOEFLIndependent ライティング(指定文字数300字以上)の場合、以下のようなパラグラフ構成になります:

  • 段落1:導入
  • 段落2:ボディ1
  • 段落3:ボディ2
  • 段落4:ボディ3
  • 段落5:結論

各パラグラフ構成を理解しておくことは、論理的な主張を構成することに役に立ちます。これはIELTSTOEFLの量テストの採点基準に含まれるのでスコア向上にも貢献します。

また今回紹介するフレーズや英語表現を覚えておくことで、ライティングの時間を削減することが可能です。

パラグラフ構成を覚えておくと、ライティングを始める前のアウトライン作成にも役に立ちます。書いている途中で話が脱線してしまう人は、必ず覚えておきましょう!

各パラグラフ冒頭で役立つフレーズ集

今回は各パラグラフの冒頭で役に立つ以下の3種類の書き方を紹介します:

  • 書き方1. Listing
  • 書き方2. Addition
  • 書き方3. Summary

上記の3種類の書き方で、実際に使用する頻度が高いものを中心にまとめました。

ライティングに限らずスピーキングでも使用することができるフレーズなので、分からないものがあればメモをして実際に使えるように練習してみると良いでしょう。

書き方1. Listing

Listingはボディパラグラフの冒頭に使う以下のような語彙です。

  • First, / Firstly, / For one thing / In the first place,
  • Second, / Secondly, / in the second place,
  • Third, / Thirdly,
  • Lastly, / Finally,
  • First of all,
  • To begin with, / To start with, / For starters,
  • Last but not least,

Listingの役割は、トピックセンテンスを導入するにあたってパラグラフとパラグラフ間の「移行」を果たします

最後のボディパラグラフで「Last but not least,」という表現を使用することによって、初めの2つのパラグラフであげた ポイントと同じぐらい重要だと主張することが可能です。

書き方2. Addition

Additionはボディパラグラフ2の冒頭、もしくはメインアイデア以外の2つ目のポイントをパラグラフ内で列挙したい時に使用する以下のような語彙です。

  • In addition,
  • Furthermore,
  • Additionally,
  • Also,
  • Next,
  • Moreover,
  • What’s more,
  • On top of that,

その名の通り追加の情報を述べる際に使用できますね

書き方3. Summary

Summaryは最後の結論パラグラフの冒頭で使用する以下のような語句です。

  • In summary,
  • In conclusion,
  • All things considered,
  • Overall,
  • Taking everything into consideration,
  • To sum up,

たくさんあって迷ってしまうという人は、In summaryやIn conclusionで構いません。

In a nutshellと結論パラグラフで書く人がいますが、アカデミックエッセイではインフォーマル過ぎます

英語エッセイの例文とパラグラフ構成の例題

それでは上記で紹介したフレーズが、実際のパラグラフでどのように使用されているかを確認してみましょう:

英語エッセイの例題 1:

In some countries, people are no longer allowed to smoke in many public places and office buildings.

Do you think this is a good rule or a bad rule? Use specific reasons and details to support your position.

パラグラフ構成の例 1:

(ボディ1) First of all, reducing of banning smoking in public places and workplaces lower health risks to those affected by second-hand smoke. Exposure to secondhand smoke has several harmful effects. For one thing,…

(ボディ2)Secondly, young people who around smokers are more likely to pick up the addiction, whether at a young age or later on in life. They…

(ボディ3)Lastly, the smoke-free rule can lead to a rise of people breaking the habit. Being unable to…

(結論To sum up, I believe enforcing the smoke-free rule to be a good thing. Fewer children…

英語エッセイ例題 2

You have the opportunity to visit a foreign country for two weeks.

Which country would you like to visit? use specific reasons and details to explain your choice

パラグラフ構成の例 2:

(ボディ1)First and foremost, Australia is home to some of the most unique animals in the world. Some of them…

(ボディ2)Furthermore, the scenery is one-of-a-kind. Although some scenery is being destroyed to make way for new developments, Australia still has some of the most beautiful scenery in the world. It is…

(ボディ3)Last but not least, one of the greatest things about Australia is that it is full of culture and diversity. It offers food.

(結論)All Things Considered, visiting Australia would be one of the greatest opportunities and I hope that I actually get to go one day. It would be…

まとめ

実際に書いてパラグラフ構成とフレーズを覚えよう

今回の記事のポイントを以下にまとめました:

  • ポイント1:基本のパラグラフ構成は「導入」「ボディ」「結論」
  • ポイント2:文字数に応じてボディの数を調整する
  • ポイント3:「Listing」「Addition」「Summary」のフレーズ

ライティングは表現を覚えただけではまだ不十分です。実際にフレーズや英語表現を使ってみて「どのような役割があるのか」「自分がこんなことを考えてる時に使うのか」など体感で使い方を覚えていきましょう。

スピーキングも同様にアウトプットスキルは、実際にアウトプットした場数が重要です。頭の中で終わりにせず、手を動かして覚えることが重要です。

最初から完璧なライティングをしようとはせずに、たくさん間違えて間違えの中から正しい表現を覚えていくことが重要です!

各ボディパラグラフと、結論パラグラフで使用する語彙の使い分けができるようにしておきましょう。

今回覚えたフレーズを実際のテストで使えるか試したみたい場合は、以下にTOEFLとIELTSの問題をまとめたので参考までに解いてみてください:

最後にTOEFLやIELTSの対策でお悩みがあればお気軽にご連絡ください!

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?