トップMBA志願者必見!TOEFL105点と110点に到達するための勉強法

トップMBA志願者必見!TOEFL105点と110点に到達するための勉強法

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLのルークです。

この記事は、これからトップMBAを目指す人に向けて「TOEFL」105点もしくは110点を取得する勉強法を紹介しています。

TOEFL105点、110点は実質LRは満点を狙いにいき、SWでこぼして着地するスコアだということを覚えておいて下さい。

TOEFL110は全世界のMBAのTOEFLの入学基準を満たしますね

TOEFLとMBA

トップMBA校進学において最も苦しむのがTOEFLでしょう。特に100手前から105まで、人によっては110までが最も苦しむところです。

まずはMBAトップスクールのTOEFLとIELTSのスコアを確認してみましょう。

学校名TOEFLIELTS
Stanford Graduate School of Business100点7.0
Columbia Business School100点7.5
University of Toronto 100点6.5
London Business School100点7.5
NUS100点6.5
HKUST100点7.0
INSEAD105点7.0
Harvard Business School109点7.5
The Wharton School110点N/A
University of Cambridge110点7.5
University of Oxford110点7.5

トップ校のTOEFL最低条件は100であることが分かります。初回に受けたTOEFLが60とかで絶望している人なども多くいますね。

TOEFL100点の勉強法

TOEFL105点と110点のお話の前に、100点に到達する勉強法を復習しておきましょう。

一般的に日本で英語を頑張ってきた人のTOEFL100を目指す戦略の1つ目は(R27,L27,S21,W25)です。今80ぐらいの人からすると、「え、L27も!?」という感想ではないでしょうか。

TOEFLというそのテストの性質上SWもリスニングに左右されるため、100を目指すにあたってはどうしてもリスニング中心になります。100に到達できない人はリスニングに課題があると認識してください。

戦略の2つ目は、(R24,L27,S24,W25)という内訳です。どうしてもリーディングで点がでない人です。スピーキングでカバーをします。

100を目指すにあたっては、リスニング力です。何度言ってもたりないぐらいです。TOEFL100を目指す詳しい勉強法は下記を参照にしてください。

TOEFL105点の勉強法

TOEFL100と5点しか変わらない105。受けた人のみが分かる、なんという大きな差でしょうか。人によってはTOEFL100点から105点まで半年かかってしまう場合もあります。

TOEFL105を目指すにあたってすべきことは110を目指すというものです。110点というのは(R30 L30 S24 W26)の内訳で到達します。

練習でRLで満点をとれる人でも、本番では1,2問落とします。このマイナス分で105になるイメージです。

100まではTOEFL用の単語本だけを、リスニングもシャドーイングの精度を上げていくことで到達できましたね。しかしRLで満点となると、TOEFLから離れた多読と多聴が大切になります。

リーディングはNatureなどから読み始めてみると良いですよ。リスニングはレクチャーはNational Geographicなどが良いでしょう。会話はポッドキャストでディスカッションを聴きましょう。

TOEFLスピーキング24点を狙うにあたっては型に沿って話すことが非常に有効ですので下記の記事から型を覚えて実践で活用してみてください。

TOEFL105点を目指すにあたっては、TOEFLとTOEFL以外での英語の勉強の行き来が鍵を握ります

TOEFL 110

日本人でTOEFL110点を目指している人はだいたいHBSかWharton志望の人かと思います。

TOEFL110を狙う全体戦略は(R30, L30, S24, W28)の112を目指すものです。112を目指してそこから2点RLのどちらかで落とすといった感じです。当然満点のポテンシャルがあっても「あっ..」ということが起こります。

従ってRLWは練習では常に満点がでる状態である必要があります。105を目指す人よりもその精度を高くです。

105での多読、多聴に加えて問題を解く時に以下を意識することが大切です。

  • 万が一語彙、構文が理由で意味がとれない場合は徹底して潰す(R)
  • リスニング力とは別でメモのテクニックを上げる(L)
  • ポジションに対するサポートの一貫性に着目 (W)
  • 見直しに5-7分とれるスピードで書ける (W)

ライティングで28は30であると思ってください。そこに実力の差はありません。満点とるためには、当然普段からかなり書き込んでいないと難しいでしょう。

単純な文法や語彙は見直しではなく、書いている途中で直していく力。見直しでは全体としての一貫性に手をいれると思ってください。

まとめ

以上トップMBA校を狙う人のTOEFL105と110の全体戦略でした。自分の現状と目標までの距離を確認してみてください。

その上で必要な対策を各自日々の学習計画に落とし込んでいくことが重要です。

自分で踏ん張ってみて難しい場合は、遠慮なく相談してくださいね

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?